体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成14年(2002年)学会発表

学会発表

平成14年(2002年)学会発表

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部員らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


World Congress of Human Reproduction
・Assisted activation for oocytes by donor sperm/青野 文仁

European Society of human Reproduction and Embryology
・Assisted activation for oocytes by donor sperm/青野 文仁

American Society for Reproductive Medicine
・Production of a healthy calf after transfer of the embryo originated from rejuvenated defective  oocytes from age-related infertile cattle by germinal vesicle transfer/桑山 正成
・In vitro development and differentiation of spermatogenic cells from testicular tissue of  patients with azoospermia in a three dimensional (3D) culture syste/Yinzhong Bing

PRSF
・When should the cryopreserved pronuclear stage embryos be transferred in ovulated cycle?/小林 保

A PART(Vienna)
・Rejuvenescent of deffective oocytes from age-related infertile women by GV-transfer/加藤 修
・Improved implantation rate by drainage of hydrosalpinx in blastocyst transfer/貝嶋 弘恒

日本不妊学会
・凍結融解胚盤胞移植におけるAssisted hatching(Zona free)/森田 大
・ガラス化保存過程におけるマウスMⅡ卵子の障害とその形態学的所見/畑 景子
・子宮外妊娠における無水エタノール局注の有効性/貝嶋 弘恒
・高齢者不妊治療におけるクロミフェン・HMG-GnRHa周期採卵の有効性/寺元 章吉
・排卵周期凍結融解胚移植はいつが最適か?/小林 保
・結合型エストロゲン製剤(プレマリン)による月経周期調節後の卵子の質に関する検討/寺元 章吉
・ICSIニードルによる卵子紡錘体損傷と異常受精との相関/内山 一男
・除核ドナー卵子へのGV移植によるヒト老化卵子の発生能改善効果/桑山 正成
・マウス卵核胞期卵子への凍結および核移植処理がその後の体外成熟に及ぼす影響/青野 文仁

大阪IVF研究会
・日本発―採卵法を変えよう 自然(クロミフェン)周期採卵のこつと利点/加藤 修


▲このページのトップへ