体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成19年(2007年)学会発表

学会発表

平成19年(2007年)学会発表

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部員らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


論文発表(英文)

  • Highly efficient vitrification for cryopreservation of human oocytesand embryos: The CryoTop method. Theriogenology. 2007 67;1: 73-80./Kuwayama M.
  • Oocytes Cryopreservation J. Mamm. Ova Res. 2007 24;1: 2-7./Kuwayama M.
  • Comparison of concomitant outcome achieved with fresh and cryopreserved donor oocytes vitrified by the Cryotop method. Fertility and Sterility. 2008 89;6: 1657-1664./Cobo A., Kuwayama M
  • Piglets born from vitrified cloned blastocysts produced with a simplified method of delipation and nuclear transfer. Cloning and Stem cells. 2007 9;4: 469-476./Yutao Du., Kuwayama M
  • Minimal ovarian stimulation with clomiphene citrate: a large-scale retrospective study. Reprod Biomed Online. 2007 15;2: 134-48./Teramoto S., Kato O
  • Production of the first offspring from oocytes derived from fresh and cryopreserved pre-antral follicles of adult mice. Reprod Biomed Online. 2007 14;6 :693-9./Kagawa N., Kuwayama M., Nakata K., Vajta G., Silber SJ., Manabe N., Kato O
  • Bone marrow derived cells are involved in the pathogenesis of cardiac hypertrophy in response to pressure overload. Circulation. 2007 116;10 :1176-84./Endo J., Sano M.*, Fujita J.*, Hayashida K.*, Yuasa S.*, Aoyama N., Takehara Y., Kato O., Makino S.*, Ogawa S.*, Fukuda K.*.*(Keio University School of Medicine)

▲このページのトップへ

論文発表(和文)

  • Clomiphene citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH surge抑制効果の検討. 日本受精着床学会雑誌. 2007 24;1:59-61./河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 体外受精胚移植での胚移植数と多胎妊娠の頻度についての検討. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2006 55;4:493-496. /河内谷敏, 瀬川智也, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前診断の進歩と日本の現状.日本遺伝カウンセリング学会誌. Jap J Genet Counsel. 2007 28:13-19./青山直樹 黒田知子 竹原祐志 加藤修
  • 体外受精-胚移植において血清クラミジア抗体価が胚盤胞移植法選択の指標となりうるか 日本性感染症学会誌. 2007 18; 1: 84-88. /山下直樹, 藤野祐司, 井上正樹
  • 経膣超音波検査と血清oestradiol測定による卵胞評価が自然周期人工授精の妊娠率を改善するかどうかの検討. J. Mamm. Ova Res. 2007 24: 57-60./ 山下直樹, 藤野祐司

▲このページのトップへ

学術書籍

  • Clomiphene citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH surge抑制効果の検討. 日本受精着床学会雑誌. 2007 24;1:59-61./河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 体外受精胚移植での胚移植数と多胎妊娠の頻度についての検討. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2006 55;4:493-496. /河内谷敏, 瀬川智也, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前診断の進歩と日本の現状.日本遺伝カウンセリング学会誌. Jap J Genet Counsel. 2007 28:13-19./青山直樹 黒田知子 竹原祐志 加藤修
  • 体外受精-胚移植において血清クラミジア抗体価が胚盤胞移植法選択の指標となりうるか 日本性感染症学会誌. 2007 18; 1: 84-88. /山下直樹, 藤野祐司, 井上正樹
  • 経膣超音波検査と血清oestradiol測定による卵胞評価が自然周期人工授精の妊娠率を改善するかどうかの検討. J. Mamm. Ova Res. 2007 24: 57-60./ 山下直樹, 藤野祐司

▲このページのトップへ

商業雑誌

  • 「胚の凍結保存法」桑山正成  臨床婦人科産科
  • エストロゲンとその代謝酵素の関連疾患、多嚢胞卵巣症候群患者に対するアロマターゼ阻害剤の臨床応用, 瀬川智也, 加藤修. 産婦人科の実際, 56;8:1193-1198.

▲このページのトップへ

学会発表(海外)

The International 0varian Conference (Yokohama)
・Normal live birth from cryopreserved ovarian tissues of adult mice by vitrification. (the Best Poster Awards受賞) /香川則子

13th International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy(Kyoto)
Effectiveness of prenatal chromosomal analysis for cases with increased nuchal translucency thickness/竹原祐志

European Society of Human Reproduction Embryology (Praha)
・Intra-Fallopian Tube Embryo Recurrence: F.E.R Evidences in Mouse Model and Clinical Application/加藤修
・Cryopreserving timing of supernumerary embryos in eSET /寺元章吉
・Highly efficient vitrification method for clinical cryopreservation of human oocytes/桑山正成
・Production of offspring from cryopreserved preantral follicles of adult mice./香川則子

American Society Reproductive Medicine (New Orleans)
・A comparison between recombinant FSH and urinary hMG with regard to their efficacy in the clomiphene cycle / 寺元 章吉
・The effectiveness of clomiphene citrate in suppressing the LH surge in the minimal stimulation IVF protocol/河内谷敏
・Results of natural cycle IVF and SET in 1301 patients/瀬川智也
・A simple and efficient method of blastomere fixation for preimplantation genetic diagnosis of aneuploidy with Interphase FISH/青山直樹
・Vitrification may be a promising approach for cryopreservation of human ovarian tissue for auto-and xenotransplantation. / 香川則子
・The International Symposium on Cancer & Reproduction (Valencia)
・Ovarian Tissue Vitrification. / 香川則子

▲このページのトップへ

学会発表(国内)

第58回日本産科婦人科学会学術講演会
・当院における多胎妊娠およびSingle embryo transfer(SET)に関する臨床検討/加藤恵一

第51回日本生殖医学会大会
・Clomiphene周期におけるrecombinantFSH製剤(Follistim)投与開始日の検討/寺元章吉
・PCOSに対するレトロゾールの排卵誘発効果の検討・河内谷敏
・子宮内膜増殖症合併不妊患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績/加藤恵一
・クライオトップ法による超急速ガラス化保存のコツ:生存率99%の方法/桑山正成
・単一割球に対するFISH解析のための有効的な固定法の検討/青山直樹
・卵巣組織のガラス化保存と自家移植に関する研究/香川則子
・卵胞穿刺時の卵胞径と採取卵子の成熟および胚発生能の関係/内山一男
・紡錘体の位置と胚発生能の関係/菊池理仁
・胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討/嶋田奈央子
・体外受精不受精卵子に対する顕微授精による再媒精の有用性/坂本恵美

第24回日本受精着床学会
・Clomiphene Citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH抑制効果の検討/河内谷敏
・自然周期採卵・胚移植(SF-SET)1301症例の検討/瀬川智也
・卵管留水腫合併不妊症患者に対する腹腔鏡下卵管保存手術後の治療効果検討/加藤恵一
・採卵時未成熟卵子の体外受精後における媒精方法の検討/内山一男
・ガラス化保存前の拡張胚盤胞における非侵襲的胞胚腔収縮処理の有用性/林輝明

第33回日本低温生物医学会
・卵巣組織のガラス化保存に関する研究 / 香川則子

第11回日本臨床エンブリオロジスト学会
・染色体転座保因者における胚染色体異常率の推定によるIVFカウンセリングの有用性/青山直樹
・高齢不妊患者(40歳以上)にICSIは有効なのか/内山一男
・ヒト卵子における超急速冷却ガラス化保存法の有用性の評価/家田祥子


▲このページのトップへ