体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成21年(2009年)学会発表

学会発表

平成21年(2009年)学会発表

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部員らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


学会発表(海外)

国際学会、国際シンポジウム
1) 招待講演、シンポジスト講演
15th ISIVF / A-PART (Geneva, Switzerland 4月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC.”/O. Kato

7th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility (Taipei, Taiwan 8月)
  • “Successful Vitrification of Human oocytes.”/M. Kuwayama, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato

The 3rd Asia Pacific Congress on Controversies in Obstetrics, Gynecology & Infertility (COGI) (Beijing, China 11月)
  • “Can we rejuvenate defective aged-oocytes by ooplasm replacement using germinal vesicle transfer?”/K. Kawano, M. Kuwayama

LASER TOKYO 2009 (Tokyo, Japan 11月)
  • “Experience of Laser Assisted Hatching, 11626 cases in Kato Ladies Clinic.”/Y. Takehara

2) 一般発表
15th ISIVF / A-PART (Geneva, Switzerland 4月)
  • “Outcome of the recent IVF Program Transferring Single Blastocyst Retrieved on Minimal Stimulation Cycle and Frozen by Vitrification Method.”/K. Kato
  • “DEVELOPMENT OF THE SAFETY CYTOPLASMIC EXCHANGE METHOD IN PRONUCLEAR STAGE OOCYTE; PREVENTION OF MITOCHONDRIA COEXISTENCE IN CYTOPLASMIC THAT USED THE PRONUCLAEAR MICROINJECTION.”/F. Aono, K. Kawano, M. Kuwayama, Y. Takehara, O. Kato

25th Annual Meeting European of Human Reproduction Embryology (ESHRE) (Amsterdam, Netherlands 6月)
  • “Clinical results of single blastocyst transfer combined with mild stimulation and vitrification. ”/K. Kato
  • “RECOVERY OFREPRODUCTIVE FUNCTION AND EXTENSION OF LIFE EXPECTANCY IN OLD INFERTILE MICE BY OVARIAN TRANSPLANTATION.”/N. Kagawa

46th Annual Meeting of the Society for Cryobiology (CRYO2009) (Sapporo, Japan 7月)
  • “Successful ultra-rapid cooling vitrification of human and cattle ovarian tissues for auto- and xenotransplantation.”/N. Kagawa
  • “Role of cryoprotective effect of SSS on bovine oocytes during vitrification.”/C. Mori, M. Kuwayama
  • “Successful Vitrification of Human Oocyte: The Cryotop Method.”/C. Mori, M. Kuwayama

American Society for Reproductive Medicine 65th Annual Meeting 2009 (ASRM) (Atlanta, United States 10月)
  • “The application of GnRH antagonist in the natural cycle IVF.”/K. Kato, S. Kawachiya, T. Kobayashi, O. Kato
  • “Natural Cycle IVF Is an Excellent Treatment Option for Women with Advanced Age.”/T. Segawa, F. Yelian, K. Kato, T. Kobayashi, Y. Takehara, O. Kato
  • “IN VITRO AND IN VIVO DEVELOPMENTAL ABILITY OF THE EMBRYO DERIVED FROM PRONUCLEAR MICROINJECTION USING PIEZO-MICROMANIPULATOR IN CATTLE.”/F. Aono, K. Kawano, M. Kuwayama, K. Kato, Y. Takehara, O. Kato
  • “FUNCTION OF VITRIFIED HUMAN OVARIAN GRAFTS AFTER XENO-TRANSPLANTATION.”/N. Kagawa1, M. Kuwayama1, S. J. Silber2, Y. Ikeda3, H. Nagashima3, O. Kato1
    1) Kato Ladies Clinic, 2) St. Luke Hospital, 3) Meiji University
  • “Relations between the timing of transfer, expansion size and implantation rates in frozen thawed single blastocyst transfer.”/T. Okimura, M. Kuwayama, T. Segawa, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato

The International Ovarian Conference (Tokyo, Japan 12月)
  • “Efficiency of aromatase inhibitor letrozole in ovulation induction for infertile PCOS patient.”/S. Kawachiya, H. Osada, K. Kato, Y. Takehara, O. Kato

海外 国内学会・研究会・プライベート集会
1)招待講演
FSROC (Taipei, Taiwan 3月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC. ”/O. Kato
  • “Vitrification of Human Oocytes and Embryos The Cryotop Method.”/T. Okimura, M. Kuwayama, T. Segawa, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato

補助生殖技術と臨床ならびに生殖医学看護研究セミナー(武漢、中国8月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC.” /O. Kato
  • “Vitrification of Human Oocytes and Embryos The Cryotop Method”/M. Ito, M. Kuwayama

▲このページのトップへ

学会発表(国内)

国内学会
1)招待講演
第27回日本受精着床学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 8月)
  • シンポジウム2「良好胚の選別法」 3) Metabolomicsによる胚の選別/森田大

第12回日本IVF学会(紅陽グランドホテル, 宮城 9月)
  • シンポジウム2 Top Qualityの卵子を得るために 「Metabolomic profileによる胚評価」/森田大

日本人類遺伝学会第54回大会(グランドプリンスホテル高輪, 東京 9月)
  • ワークショップ3「遺伝性疾患に対する着床前診断 現状と展望」着床前診断における染色体診断の現状と問題点/青山直樹

第54回日本生殖医学会総会・学術講演会(石川県立音楽堂・ANAクラウンプラザホテル金沢, 石川 11月)
  • 最先端不妊治療の現状と将来(会長要望講演)/加藤修
  • 「ARTのここが知りたい~ICSIの原点に返って~」ICSIの実際・IMSIの知見/内山一男
  • 「卵子の凍結保存の技術的進歩」/沖村匡史

第36回日本低温医学会総会(東京大学, 東京 11月)
  • “Improvement of clinical efficiency of single blastcyst transfer by cryopreservation using vitrification.”/香川則子

2)一般発表
第14回日本臨床エンブリオロジスト学会(札幌医科大学, 北海道 3月)
  • クロミフェン周期により得られた胚盤胞の染色体解析 -余剰胚盤胞を用いた症例報告-/青山直樹, 川崎奈美, 山寺里枝, 黒田知子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 凍結融解単一胚盤胞移植における移植日と胚盤胞サイズの検討/沖村匡史, 岩本佳子, 菊池理仁, 森田大, 加藤龍太郎, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
  • 均衡型相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠出産例の報告(症例報告)/川崎奈美, 青山直樹, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 胚盤胞発生率によるVeeck分類法の評価/上野智, 沖村匡史, 森田大, 青野文仁, 桑山正成, 和田恵子, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修

第61回日本産科婦人科学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 4月)
  • 卵巣低刺激周期とガラス化保存を用いた単一胚盤胞移植プログラムの多症例臨床成績/加藤恵一
  • GnRHアンタゴニスト単回投与法による新しい自然周期採卵法の開発/瀬川智也1, 福田淳一郎1, 和田恵子1, 宮内修1, 松本恒和1, 篠原一朝1, 河内谷敏1, 加藤恵一1, 竹原祐志1, 加藤修1, 阿部崇2, 長田尚夫3
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 日本医科大学 産婦人科、3) 日本大学 医学部 産婦人科
  • クロミフェン周期IVF-ETのBMI別成績~やせ傾向の女性は妊娠しにくい~ The effect of BMI on the result of IVF -ET (stimulated cycle with clomiphene citrate) in women with normal ovulatory cycles./ 福田淳一郎, 瀬川智也, 藤田真紀, 藤田欣子, 谷田部典之, 勝股克成, 山下直樹, 奥野隆, 渡邊芳明, 小林保, 竹原祐志, 加藤修

第27回日本受精着床学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 8月)
  • 当院における多胎妊娠防止への取り組み/谷田部典之, 瀬川智也, 藤田欣子, 福田淳一郎, 宮内修, 奥野隆, 河内谷敏, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ピエゾドライブを用いた前核の直接注入がウシ前核期卵の発生に及ぼす影響/青野文仁, 桑山正成, 河野康二郎, 竹原祐志, 加藤修
  • Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
  • 若齢時に凍結保存した卵巣の自家移植による老齢不妊マウスからの正常産子の作出/香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • Intracytoplasmic Morophologically Selected Sperm Injectionの有用性について/内山一男1, 家田祥子2, 藤城栄美2, 貝嶋弘恒2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) みなとみらい夢クリニック
  • 精液の液量、濃度および運動率における受精率の比較検討/伊藤秀行, 伊藤基樹, 森田大, 沖村匡史, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修

第102回日本繁殖生物学会大会(近畿大学, 奈良 9月)
  • 若齢時凍結保存卵巣の自家移植による老齢不妊マウスの繁殖能力の回復および寿命の延長/香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • ピエゾドライブを用いたウシ前核置換由来胚の体外および体内発生能の検討/河野康二郎1, 青野文仁1, 桑山正成1, 平田統一2, 竹原祐志1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 岩手大学 農学部

第12回日本IVF学会(紅陽グランドホテル, 宮城 9月)
  • 凍結胚盤胞移植におけるLAH(LASER ASSISTED HATCHING)の有用性/福原美佐記, 森田大, 伊藤基樹, 川島あゆみ, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修

日本人類遺伝学会第54回大会(グランドプリンスホテル高輪, 東京 9月)
  • 着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/黒田知子, 青山直樹, 竹原祐志, 川崎奈美, 山寺里枝, 鈴木智子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修

第54回日本生殖医学会総会・学術講演会(石川県立音楽堂・ANAクラウンプラザホテル金沢, 石川 11月)
  • 加齢による子宮内膜厚の変化とIVF成績への影響に関する検討/瀬川智也, 加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 宮内欣子, 河内谷敏, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 長田尚夫, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 自然周期採卵のマネージメントとその治療成績/加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 河内谷敏, 勝股克成, 瀬川智也, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 体外受精におけるクラミジア感染の影響について/谷田部典之, 加藤恵一, 和田恵子, 宮内修, 篠原一朝, 瀬川智也, 河内谷敏, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告/青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
  • 妊孕性保存およびQOL向上を目的とした卵巣ガラス化保存・移植技術の有効性/香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • ピエゾドライブを用いた直接前核注法により全細胞置換して得られたウシ胚移植後の妊娠成立/河野康二郎, 青野文仁, 桑山正成, 竹原祐志, 加藤修
  • 当院におけるIVM-ICSIの臨床成績に関する有用性の検討/坂本恵美, 森田大, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修
  • Recombinant FSH製剤の在宅自己投与の有用性の検討-フォリスチムペン使用患者に対するアンケート分析-/中村尚美, 木村心子, 根本真由, 坂元みどり, 竹原祐志, 加藤修
  • ヒト3前核胚におけるFISHを用いた倍数性の評価-ICSIによる3PN胚発生機序について-/丸山沙織1, 青山直樹2, 石川博1, 道倉康仁3, 堀田美穂3, 加藤恵一2, 竹原祐志2, 加藤修2, 生水真紀夫1
    1) 千葉大学大学院 医学研究院 生殖機能病態学教室、 2) 加藤レディスクリニック、3) 永遠幸レディスクリニック

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等
1)招待講演
平成20年度不妊専門相談センター事業研修会
  • 加藤レディスクリニックにおける自然周期採卵/竹原祐志

第11回ME学術講演会(石川 5月)
  • 一般不妊治療における問題点と最先端不妊治療の現状/加藤修

第6回A-PART日本支部・第3回Minimal Stimulation研究会 合同学術講演会(シェーンバッハサボー, 東京 5月)
  • 完全自然周期IVFの考え方/加藤修
  • rec.FSH自己注射によるMild Stimulation./竹原祐志
  • 複数施設による悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究に対する取組みと現況/青野文仁
  • 日本における着床前診断の問題点/青山直樹
  • ヒト卵巣組織凍結保存の現状/香川則子
  • Mild Stimulationにおける胚盤胞培養の実際/沖村匡史

日本中医薬研究会(TKP日本橋ビジネスセンター, 東京 8月)
  • 加藤レディスクリニックにおける自然周期採卵/竹原祐志

Fine祭り2009(日経ホール,東京11月)
  • 体外受精を繰り返すが妊娠・出産に至らないケースの治療法 ”辛さからの脱出のために”/加藤修

第140回染色体研究会(信州大学, 長野 12月)
  • 妻が逆位並びに均衡型相互転座を保因する反復流産患者に対するPGDのStrategy 46,XX,t(10;21)(q22.1;q22.3),inv(18)(p11.2q22.1)/青山直樹1, 竹原祐志1, 黒田知子1, 川崎奈美1, 東梅久子2, 山寺里枝1, 鈴木智子1, 河内谷敏1, 瀬川智也1, 加藤恵一1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 虎ノ門病院

2)一般発表
第139回日本生殖医学会関東地方部会(杏林大学, 東京 2月)
  • 自然周期IVFにおけるBMI別成績の比較検討/福田淳一郎, 瀬川智也, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 当院の不妊治療による多胎妊娠減少への取り組みについて/瀬川智也, 福田淳一郎, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修

第140回日本生殖医学会関東地方部会(千葉大学, 千葉 6月)
  • 自然周期採卵でのGnRHアンタゴニスト投与による自然排卵抑制効果の検討/加藤恵一

▲このページのトップへ