体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成22年(2010年)原著論文・著書

学会発表

平成22年(2010年)原著論文・著書

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部員らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


論文発表(英文)

  • Duration of fertility after fresh and frozen ovary transplantation. Fertil Steril. 94 (6): 2191-6. 2010 Silber S., Kagawa N., Kuwayama M., Gosden R.
  • Production of fertile zebrafish (Danio rerio) possessing germ cells (gametes) originated from primordial germ cells recovered from vitrified embryos. Reproduction. 139 (4): 733-40. 2010 / Higaki S., Eto Y., Kawakami Y., Yamaha E., Kagawa N., Kuwayama M., Nagano M., Katagiri S., Takahashi Y.

▲このページのトップへ

論文発表(和文)

  • ガラス化凍結法による胚盤胞凍結における至適凍結時期の検討-. 日本受精着床学会雑誌. 27 (1): 178-181. 2010 / 加藤恵一, 竹原祐志, 河内谷敏, 岩本佳子, 沖村匡史, 谷田部典之, 和田恵子, 宮 内 修, 篠原一朝, 奥野 隆, 瀬川智也, 小林 保, 長田尚夫, 加藤 修
  • ガラス化凍結保存胚盤胞を1胚移植した際の妊娠率および多胎率に関する臨床検討. 日本受精着床 学会雑誌. 27 (1): 278-280. 2010 / 大久保毅, 寺元章吉, 加藤恵一, 桑山正成, 加藤 修

▲このページのトップへ

学術書籍(和文)

もっと自然に!不妊治療 KLCメソッドでママになる本. 2010 / 加藤 修, 竹原祐志 (主婦の友社)

▲このページのトップへ