体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成26年(2014年)原著論文・著書

学会発表

平成26年(2014年)原著論文・著書

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
異なる媒精方法(cIVFおよびICSI)が胚発生率に及ぼす影響:同一患者由来卵子における後方視的解析
日本臨床エンブリオロジスト学会誌Vol.16 No.1,22-25, 2014
伊藤秀行、沖村匡史、内山一男、奥野隆、小林保、加藤恵一
選択的単一分割胚移植における簡易的な移植胚選択法の確立
日本臨床エンブリオロジスト学会誌Vol.16 No.1,9-12, 2014
井上陽子、上野智、内山一男、沖村匡史、奥野隆、小林保、加藤恵一
不妊治療のための薬剤投与が次周期に与える影響~医原性不妊症の可能性を考える~
産婦人科の実際. 63: 473-476, 2014
福田淳一郎, 加藤恵一
Developmental potential of zona pellucida–free oocytes obtained following mild in vitro fertilization
Fertility and Sterility, 102(6): 1602-7, 2014
Satoshi Ueno, Daniel Bodri, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
Women’s age and embryo developmental speed accurately predict clinical pregnancy after single vitrified-warmed blastocyst transfer.
Reproductive BioMedicine Online, 29(4): 411-416, 2014
Keiichi Kato, Satoshi Ueno, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi, Tomoya Segawa and Shokichi Teramoto.
Maternal age and initial β-hCG levels predict pregnancy outcome after single vitrified-warmed blastocyst transfer.
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 31(9): 1175-1181, 2014
Satoshi Ueno, Kenji Ezoe, Takashi Abe, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato.
Ovarian stimulation using human chorionic gonadotrophin impairs blastocyst implantation and decidualization by altering ovarian hormone levels and downstream signaling in mice.
Molecular Human Reproduction, 20(11): 1101-1116, 2014
Kenji Ezoe, Takiko Daikoku, Akiko Yabuuchi, Nana Murata, Hiroomi Kawano, Takashi Abe, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato.
Long-term adverse effects of cyclophosphamide on follicular growth and angiogenesis in mouse ovaries.
Reproductive Biology, 14(3): 238-242, 2014
Kenji Ezoe, Nana Murata, Akiko Yabuuchi, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi, Osamu Kato and Keiichi Kato.

▲このページのトップへ