体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成27年(2015年)学会発表

学会発表

平成27年(2015年)学会発表

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


国際学会・研究会等

日時学会名 / 演題名 / 発表者
2015.12.3-4 21st Annual International Conference, The Egyptian Fertility and Sterility Society (Marriott Hotel, Cairo, Egypt)
  • PLENARY SESSION 4
    Establishment of a novel blastocyst grading system on mild stimulation and natural cycle IVF

    Akiko Yabuuchi, Keiichi Kato
  • Session 11
    Restoring damaged ovarian function via transplantation of adipose derived mesenchymal stem cells

    Akiko Yabuuchi, Keiichi Kato
2015.10.18 Hands-on workshop on Vitrification with Cryotop Method (Sheraton Inner Harbor Hotel, Baltimore, MD, USA)
  • Workshop
    Introduction of HPC supplemented media for Cryotop vitrification method

    Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi, Anna Wakisaka, Mayo Takanashi and Keiichi Kato
2015.10.15-16 ART World Congress Symposium on Safe and Efficient IVF (Le Parker Meridien NY, USA)
  • Invited lecture
    Natural cycle IVF: follow up on live birth for 10 years of mini IVF and FET

    Keiichi Kato
  • Current practices in IVF laboratory – at Kato Ladies Clinic
    Tadashi Okimura
2015.9.27-30 18th International Society for In Vitro Fertilization (Tivoli Hotel & Congress Center, Copenhagen, Denmark)
  • Oral communications
    Human chorionic gonadotropin trigger for oocyte maturation impairs uterine receptivity by altering ovarian hormone levels and downstream signaling

    Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Nana Murata, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Effect of the duration of ovarian insufficiency on improvement of ovarian function after transplantation of adipose derived mesenchymal stem cells into ovaries
    Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Nana Murata, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Clinical efficacy of vaginal progesterone tablets for luteal phase support in natural or mild stimulation cycle IVF: a restrospective analysis of 2301 cycles
    Hisao Osada, Rie Yamadera, Kazumi Kawashima, Satoshi Tsuchiyama, Takashi Abe and Keiichi Kato
2015.6.14-17 The 31st Annual meeting of ESHRE (FIL-International Lisbon Fair, Lisbon, Portugal)
  • Poster session
    Efficiency of two culture techniques (group culture and individually culture) on embryo development derived from same background patients

    Tadashi Okimura, Kazuo Uchiyama, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Effect of storage duration of cryopreserved blastocysts on pregnancy and neonatal outcome: A retrospective single-center cohort study of 6,117 blastocysts vitrified by open vitrification system
    Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2015.5.9-10 The 11th A-PART world congress “Update on natural cycle and minimal stimulation IVF” (Hotel Irvine, CA, USA)
  • Guest lectures
    Clinical results and key points on minimal stimulation IVF

    Keiichi Kato
  • Effect of hCG injection on the subsequent cycle: possibility of iatrogenic infertility
    Junichiro Fukuda
2015.4.26-29 IFFS/JSRM International Meeting 2015 (神奈川県横浜市 パシフィコ横浜)
  • IFFS Topics Session 9
    Natural cycle and mild ovarian stimulation IVF/the key points of protocol to improve clinical results

    Keiichi Kato
  • IFFS Oral Session
    Evaluation of embryo development in CCM-iBIS: A dry incubator with real-time embryo monitoring system

    Tadashi Okimura, Chiemi Mori, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi and Keiichi Kato
  • Developmental potential of zona pellucida–free oocytes obtained following mild in vitro fertilization
    Satoshi Ueno, Daniel Bodri, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Evaluation of developmental competence of mouse oocytes following vitrification/warming in Hydroxypropylcellulose (HPC) supplemented media
    Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Chiemi Mori, Nana Murata, Yuko Takayama, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • The restorative effect of adipose derived mesenchymal stem cells on damaged ovaries: Examination of the duration of ovarian failure on restorative effect after transplantation
    Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Nana Murata, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

▲このページのトップへ


国内学会・研究会等

日時学会名 / 演題名 / 発表者
2015.12.18-19 第1回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 (長崎県長崎市 長崎ブリックホール)
  • 一般口演
    当院における均衡型染色体構造異常保因者夫婦に対する着床前診断の検討

    黒田知子, 川崎奈美, 林博子, 加藤恵一
2015.11.26-27 第33回日本受精着床学会 (東京都江東区 TFTホール)
  • ワークショップ
    Mild Stimulation の実際 -治療成績向上のためのポイント-
    加藤恵一
  • 一般口演
    ヒト胚におけるグループ培養が胚の発生促進に及ぼす効果の検討
    沖村匡史, 内山一男, 薮内晶子, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 体外成熟培地へのcAMP調節因子添加が凍結融解したウシ未成熟卵子の発生能に及ぼす影響の解析
    江副賢二, 薮内晶子, 三木哲也, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • HPC添加凍結保存液の臨床的有用性に関する検討
    森智絵美, 和田恵子, 内山一男, 沖村匡史, 江副賢二, 高山優子, 薮内晶子, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • Single Step Mediumの有用性の検討
    森田博文, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 小林保, 奥野隆, 加藤恵一
  • 精子運動解析システム(SMAS)による原精液検査段階でのc-IVF受精能予測因子の検討
    内山一男, 上野智, 沖村匡史, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一
  • ポスター発表
    自然周期の胚盤胞移植における新規プロゲステロン腟錠の臨床成績に関する検討

    田中慧, 藤田裕, 湯暁暉, 倪暁文, 福田淳一郎, 和田恵子, 山崎裕行, 篠原朝一, 矢田部典之, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 高齢患者に対する胚移植用培養液 Embryo Glue の有用性の検討
    伊藤基樹, 沖村匡史, 内山一男, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 凍結時および融解時に添加する高分子化合物の違いがヒト胚盤胞の生存率およびその後の臨床成績に及ぼす影響
    島崎精恵, 上野智, 薮内晶子, 内山一男, 小林保, 加藤恵一
2015.11.13 第6回金沢大学学際科学実験センターシンポジウム「女性生殖組織の機能と疾患」
(石川県金沢市 金沢大学付属医学図書館 十全記念スタジオ)

  • 内因性のホルモン分泌を活用した自然周期排卵・胚移植
    加藤恵一
2015.10.14-17 日本人類遺伝学会 第60回大会 (東京都新宿区 京王プラザホテル)
  • 招待講演
    胚生検の手技

    青山直樹
2015.9.20 第14回東北ART研究会 (宮城県仙台市 江陽グランドホテル)
  • 培養セッション
    当院におけるICSIへの取り組み~難ICSI症例に対する取り組みと受精率維持の為の成績管理について~

    上野智
2015.9.12 A-PART Summer Workshop (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI講義・デモンストレーション
    内山一男
  • Cryotop法を用いたガラス化凍結保存講義・実習
    上野智, 小川尚子, 森田博文, 金子繁, 上野剛, 高山優子, 江副賢二, 三木哲也, 薮内晶子
  • 院内見学・培養室業務講義
    沖村匡史
2015.7.25 日本臨床エンブリオロジスト学会 Summer Workshop 2015
(東京都新宿区 オリンパステクノラボ)

  • ICSI
    内山一男
  • Vitrification
    沖村匡史, 上野智
2015.6.25 第26回平成不妊研究会 (東京都港区 六本木アカデミーヒルズ)
  • 招待講演
    日本における着床前診断の現状と問題点

    青山直樹
2015.5.30-31 第56回日本卵子学会(栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター)
  • 胚培養士セッション
    胚形態と染色体正常性の関係―胚の形態学的評価の重要性と今後の課題

    青山直樹
  • 一般口演
    Easily decapitated sperm syndrome; EDSSによる男性因子不妊患者からの妊娠および出産例

    上野智, 内山一男, 江副賢二, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 初回 IVF における媒精方法(cIVF vs ICSI)が新鮮分割期胚移植後の臨床成績に及ぼす影響
    伊藤秀行, 沖村匡史, 内山一男, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 体外成熟培地への cAMP 調節因子添加がガラス化保存したウシ未成熟卵子内の cAMP 濃度および MPF 活性に 及ぼす影響の解析
    江副賢二, 薮内晶子, 高山優子, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • ヒドロキシプロピルセルロース添加凍結保存液がウシ胚盤胞の凍結融解後の生存性に及ぼす影響
    三木哲也, 江副賢二, 森智絵美, 薮内晶子, 奥野隆, 小林保, 加藤 恵一
2015.4.27 第60回日本生殖医学会学術講演会(神奈川県横浜市 パシフィコ横浜)
  • JSRM symposium 7
    がん患者卵子保存の現状

    加藤恵一
2015.3.21 日本A-PART Workshop 2015 (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI講義・デモンストレーション
    内山一男
  • Cryotop法を用いたガラス化凍結保存講義・実習
    上野智, 伊藤秀行, 成澤美果, 井上陽子, 土屋龍馬, 高山優子, 江副賢二, 薮内晶子
  • 当院における培養室業務
    沖村匡史
2015.3.7 第11回ART実技研修コース(東京都千代田区 ベルサール九段)
  • ICSIコース
    当院におけるICSI法

    内山一男
2015.1.10-11 第20回記念 日本臨床エンブリオロジスト学会(東京都墨田区 すみだリバーサイドホール)
  • ワークショップ
    当院におけるICSI法

    伊藤秀行、内山一男
    ヒト胚および卵子のガラス化保存
    上野智、沖村匡史、加藤恵一
  • 学術大会
    Liveシンポジウム -ICSI-

    内山一男、武田信好、青野展也
    簡易無染色標本を用いた簡易的な精子形態判別の試み
    中村武寛、内山一男、沖村匡史、奥野隆、小林保、加藤恵一
    単一凍結胚盤胞移植時の移植胚選択に関する検討
    柿本菜月、上野智、内山一男、沖村匡史、奥野隆、小林保、加藤恵一
    顕微鏡内蔵非加湿式インキュベーター(CCM-iBIS)の有用性の検討 *フェリングファーマ賞受賞
    東翔子、沖村匡史、薮内晶子、森智絵美、江副賢二、内山一男、加藤恵一

▲このページのトップへ