体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成27年(2015年)原著論文・著書

学会発表

平成27年(2015年)原著論文・著書

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者

Administering human chorionic gonadotropin injections for triggering follicle maturation could impact fertility during the subsequent menstrual cycle

International Journal of Gynecology & Obstetrics, 132(3): 309-313, 2016
Junichiro Fukuda, Takashi Abe, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

Developmental competence of vitrified-warmed bovine oocytes at the germinal-vesicle stage is improved by cyclic adenosine monophosphate modulators during in vitro maturation

PLoS One, 10(5); e0126801, 2015
Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Tetsuya Tani, Chiemi Mori, Tetsuya Miki, Yuko Takayama, Zeki Beyhan, Yoko Kato, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

Hydroxypropyl cellulose as an option for supplementation of cryoprotectant solutions for embryo vitrification in human assisted reproductive technologies

Reproductive BioMedicine Online, 30(6): 613-621, 2015
C. Mori, A. Yabuuchi, K. Ezoe, N. Murata, Y. Takayama, T. Okimura, K. Uchiyama, K. Takakura, H. Abe , K. Wada, T. Okuno, T. Kobayashi and K. Kato


▲このページのトップへ