体外受精・不妊治療専門 加藤レディスクリニック  / 東京 新宿


トップページ > 平成28年(2016年)原著論文・著書

学会発表

平成28年(2016年)原著論文・著書

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行なっております。


原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者

Reproductive outcomes following preimplantation genetic diagnosis using fluorescence in situ hybridization for 52 translocation carrier couples with a history of recurrent pregnancy loss

Journal of Human Genetics, 61(8):687-92, 2016
Keiichi Kato, Naoki Aoyama, Nami Kawasaki, Hiroko Hayashi, Tang Xiaohui, Takashi Abe and Tomoko Kuroda

Vitrification of embryos and oocytes for fertility preservation in cancer patients

Reproductive Medicine and Biology, DOI 10.1007/s12522-016-0239-7
Keiichi Kato

Complete zona pellucida removal from vitrified-warmed human blastocysts facilitates earlier in-vitro attachment and outgrowth

Reproductive BioMedicine Online, 33(2):140-8, 2016
Satoshi Ueno, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato


▲このページのトップへ