MENU

当院の理念

当院の理念

「できるだけからだに負担が少なく、回り道をすることなく赤ちゃんが欲しい」
不妊治療を考えるとき、きっとそう思われるはずです。
加藤レディスクリニックでは、できるだけ排卵誘発剤を使わない『自然周期』での体外受精を中心に、
からだにやさしい不妊治療を行っています。

もっとやさしく、もっと自然に

当院が行う体外受精は、患者様自身がもともと持っている「妊娠する力」を手助けするものです。
本来、体内に存在しない排卵誘発剤によって多数の卵子を育てるのではなく、その方ごとのリズムで起こる排卵を重視し、自然と同じ妊娠しやすい良好な“毎月1個の卵”を大切に扱い、最小限の医療サポートでの妊娠を目指します。
「必要以上に外部から手を加えない」。
これが加藤レディスクリニックの治療方針です。

また、土曜、日曜、祝日や年末年始を含む365日、年中無休で診療を行うことにより、いつ訪れるかわからない自然な排卵に対応しております。

画像01

大切な心とからだのために

加藤レディスクリニックの“自然周期治療”は、可能な限り薬を減らして自然に近い状態で排卵を促すことにより、患者様の心とからだへの負担をできるだけ軽減します。

不妊治療を続けるうちにつらいお気持ちになることもあることでしょう。 治療による精神的・肉体的なつらさ、治療とともに年齢が重ねられていく不安など、不妊治療には様々な困難が伴います。 当院では必要のない検査や治療を排除し、投薬による副作用や通院回数をできるだけ軽減することにより、早期に本来の目的である妊娠を目指します。

画像02

原因不明不妊には体外受精

結婚して1年以上夫婦生活があるにもかかわらず妊娠しないカップルは“不妊症”といわれ、現在、日本では6組に1組が該当すると推定されています。
不妊症には様々な原因がありますが、その半数以上が原因の確定できない“原因不明不妊”です。 不妊原因の究明のために多くの検査や治療が行われますが、時間とお金を費やすだけで、最終目的である妊娠にたどりつけない患者様も少なくありません。
卵子と精子が出会えていない原因不明不妊には“ 卵子と精子の出会い”をサポートする体外受精が、最初に行うべき有効な治療方法であると私たちは考えます。

画像03

PAGE TOP