MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2018年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2018.4.12-15 The 8th congress of the Asia pacific initiative on reproduction (Taipei International Convention Center, TAIPEI, TAIWAN)
Oral presentation
  • Effect of oocyte maturation triggers on uterine receptivity during the implantation period: comparison between human chorionic gonadotropin and buserelin acetate
    Kenji Ezoe, Nana Murata, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Effect of essential and non-essential amino acids in in vitro maturation medium on the maturation and embryo development of bovine follicular oocytes
    *Young Investigator Award受賞

    Hidetaka Tasaki, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Clinical outcomes of day 4 and 5 blastocysts after a single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Hitomi Terasawa, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2018.3.24-25 日本A-PART学術講演会 2018 (東京都新宿区 ハイアットリージェンシー東京)
    ワークショップ
  • 「精子選別方法とIMSI」-適切な精⼦の選別⽅法とは?TESE実践例の紹介と共に
    内山一男
  • 「Cryotop法を⽤いた卵⼦ガラス化凍結保存」-卵⼦凍結融解のトラブルシューティング-
    上野智、恩田知幸、伊藤秀⾏、伊藤基樹、⾦⼦繁、赤池ひかり、寺澤瞳、薮内晶子、高山優子、江副 賢二、田崎秀尚
  • 加藤レディスクリニック培養室業務
    沖村匡史

  • シンポジウム2「卵⼦・胚のQualityについて再考する」
  • 自然周期にて得られた卵⼦のポテンシャル
    加藤恵一

  • ポスター発表
  • Zona-free卵子における4細胞期胚時の割球形態の違いによる胚発生能の比較
    *ポスター発表奨励賞受賞

    二ノ宮麻耶、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一
2018.3.11 第13回日本レーザーリプロダクション学会 (香川県高松市 JRホテルクレメント高松)
    講演3
  • 胚盤胞生検における技術的な問題点:生検による影響を最小限にするために
    ⻘⼭直樹
2018.3.10 第14回ART生涯研修コース (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • 受精卵・卵子凍結保存
    上野智、薮内晶子、加藤恵一
2018.2.11 第8回日本がん・⽣殖医療学会 学術集会 (東京都千代田区 御茶ノ⽔ソラシティ・カンファレンスセンター)
    ポスター発表
  • 当院におけるがん患者に対する精子凍結保存の現状
    ⼩林萌恵、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、⼩林保、加藤恵一
  • 妊孕性温存治療を⾏う乳がん患者における原疾患治療開始までの採卵施⾏猶予期間に関する調査
    薮内晶子、渡辺優子、江副賢二、内山一男、山崎裕⾏、篠原一朝、⼩林保、加藤恵一
2018.1.6-7 第23回日本臨床エンブリオロジスト学会 (東京都墨田区 すみだリバーサイドホール)
  • Vitrificationコース
    上野智、薮内晶子
  • PGD/PGS Biopsyコース
    青山直樹

    セミナーコース
  • 当院におけるオーダーメイド培養管理システムの開発と運用について
    沖村匡史

    ランチョンセミナー
  • 当院における“体外受精の見える化”への取り組み
    加藤恵一

    一般口演
  • Zona-free卵子における4細胞期胚時の割球形態の違いによる胚発生能の比較
    *フェリングファーマ賞受賞

    二ノ宮麻耶、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一
  • 卵細胞膜脆弱症例に対するPiezo-ICSIの有用性
    銭昱、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Infertility treatment strategy involving combined freeze-all embryos and single vitrified-warmed embryo transfer during hormonal replacement cycle for in vitro fertilization of women with hypogonadotropic hypogonadism
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2018 Feb 13. doi: 10.1111/jog.13597.
    Kuroda K, Ezoe K, Kato K, Yabuuchi A, Segawa T, Kobayashi T, Ochiai A, Kato N and Takeda S.
  • Cryostorage duration does not affect pregnancy and neonatal outcomes: a retrospective single-centre cohort study of vitrified-warmed blastocysts.
    Reproductive BioMedicine Online. 2018 Mar 14. pii: S1472-6483(18)30104-4.
    Ueno S, Uchiyama K, Kuroda T, Yabuuchi A, Ezoe K, Okimura T, Okuno T, Kobayashi T and Kato K.
  • Comparison of pregnancy outcomes following fresh and electively frozen single blastocyst transfer in natural cycle and clomiphene-stimulated IVF cycles.
    Human reproduction Open, Accepted.
    Kato K, Ezoe K, Yabuuchi A, Fukuda J, Kuroda T, Ueno S, Fujita H and Kobayashi T.
  • 卵子、胚および卵巣組織の凍結保存
    産科と婦人科 特集:生殖医療-知っておきたい最新トピックス 診断と治療社
    江副賢二、薮内晶子、加藤恵一
  • Q&A 38 精子や卵子を凍結保存して害はないのでしょうか?
    Q&A 39 初期胚移植と胚盤胞移植の違いを教えてください

    新不妊ケアABC 医歯薬出版
    加藤恵一

PAGE TOP