MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2001年~2010年 学会発表

国際学会・研究会等

1) 招待講演・シンポジスト発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.01 Application of Blastocyst culture and Blastocyst transfer in Human IVF treatment Hand-on (Naijing China 1月)
  • Workshop [vitrify human oocyte, cleavage embryos and blastocyst] Practice of Blastocyst Culture and Frozen-Thawed Blastocyst Transfer in Kato Ladies Clinic
    Okimura T.
2010.04 SAFE, PATIENT FRIENDLY AND LOW COST IVF - A ROAD OF FUTURE (Antalya, Turkey 4月)
  • Safe, patient friendly and low cost IVF - a road of future
    Kato O., Takehara Y.
  • An attempt to obtain higher implantation rate in Frozen-thawed Single Blastocyst Transfer
    Okimura T.
2010.06 World Association of Reproductive Medicine international Workshop on male ingertility-IMSI : new advances (Roma, Italy 6月)
  • Assisted induced activation of ROSI oosytes using donor sperm.
    Aono F., Kato O.
  • Determination of azoospermia by the observation of sperm cell.
    Aono F.
2010.06 Serono Symposia (Roma, Italy 6月)
  • Serono Symposium: Vitrificaton of Human Oocyte
    Kagawa N., Kuwayama M.
2010.07 The 3rd World Congress on Mild Approaches in Assisted Reproduction (Kanagawa, Japan 7月)
  • Impact of 19,467 cases/year based on natural-cycle IVF
    Takehara Y.
  • Case Report: Efficacy of Mild stimulation and single vitrified blastocyst transfer of PreimplantationGenetic Diagnosis(PGD) -Why do we need so many oocytes?-
    Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.
2010.10 International Ovarian Conference 2010 (Kyoto, Japan 10月)
  • Recent Advances in Ovarian Stimulation and IVF-ET
    Kato O.
2010.12 The International Consensus Meeting on Embryo Transfer and the Pre-Congress Workshop on IntrauterineInsemination (Lavasa, India 12月)
  • 15 years' history of minimal stimulation IVF protocol in KLC
    Kawachiya S., Kato O.
  • Construction and biomedical advances in ET catheters
    Aono F.
  • Determination of maturation arrest by the observation of male germ cells
    Aono F.
2) 一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.05 The 10th World Congress of A-PART (Las Vegas, United States 5月)
  • A simple and efficient method of blastomere fixation for Preimplantation Genetic Diagnosis (PGD) for Interphase FISH
    Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.
  • A new approach to Preimplantation Genetic Diagnosis (PGD) with mild stimulation and single vitrified blastocyst transfer: Case Report
    Takehara Y., Aoyama N., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O
2010.06 26th Annual Meeting of the European Socienty of Human Reproduction and Embryology (Roma, Italy 6月)
  • Clinical results and managements for natural cycle IVF
    Kato K., Segawa T., Kawachiya S., Okuno T., Kobayashi T., Takehara Y., Kato O.
  • Application of mild stimulation and single blastocyst transfer with vitrification in Preimplantation Genetic Diagnosis (PGD) cycles: Case Report
    Aoyama N., Takehara Y., Kawachiya S., Kuroda T., Kawasaki N., Yamadera R., Suzuki T., Kato K., Kato O.
  • Comparison of Morphological Survival of Human Oocytes after Multiple Cycles of Cryopreservation by Vitrification or by Conventional Freezing
    Kuwayama M., Takayama Y., Mori C., Kagawa N., Akakubo N., Takehara Y., Kato K., Leibo SP., Kato O.
  • Cryopreservation and in vitro development ability of IVM oocytes from Gender Identity Disorder and Cancer patients
    Kagawa N., Silber S., Kuwayama M., Yamaguchi S., Nagumo Y., Takai Y., Ishihara S., Takehara Y., Kato O.
2010.07 The 3rd World Congress on Mild Approaches in Assisted Reproduction (Kanagawa, Japan 7月)
  • Relations between the timing of transfer, expansion size implantation rates in frozen thawed single blastocyst transfer
    Okimura T., Segawa T., Morita H., Sakamoto M., Uchiyama K., Takehara Y., Kato K., Kato O.
2010.09 20th IFFS World Congress on Fertility and Sterility (Munich, Germany 9月)
  • Frozen-thawed single blastocyst transfer achieve high pregnancy rates concurrently low multiple gestations
    Kato K., Kawachiya S., Okuno T., Kobayashi T., Osada H., Takehara Y., Kato O.
2010.10 The 5th International Congress of World Associtation of Reproductive Medicine (Moscow, Russia 10月)
  • Advances in natural and mild stimulation cycle IVF - progress over the last 15 years
    Takehara Y.
  • Safe, patient friendly and low cost IVF - a road to the future
    Takehara Y., Kato O.
  • Mild stimulation Video Session
    Takehara Y.
  • A novel operative treatment of severe adenomyosis prior to embryo transfer
    Osada, H.
  • The efficacy and safety of managing ectopic pregnancies with transvaginal ultrasound-guided local injections of absolute ethanol
    Osada, H.
  • Vitrification of ovarian tissue
    Kagawa, N.
2010.10 American Society for Reproductive Medicine 65th Annual Meeting (Denver, United States 10月)
  • Cytogenetic study in early spontaneous abortion after IVF and ICSI
    Kawachiya S., Takehara Y., Kato K., Osada H., Aoyama N., Kato O.
  • Day 7 β-hCG level after frozen-thawed blastocyst transfer can be predictor pregnancy outcomes?
    Kato K., Segawa T., Osada H., Kobayashi T., Takehara Y., Kato O.
  • Cryopreservation and in vitro development ability of IVM oocytes from Gender Identity Disorder and Cancer patients
    Kagawa N., Silber S., Kuwayama M., Mori C., Yamaguchi S., Nagumo Y., Takai Y., Ishihara S., Takehara Y., Kato O.
  • WATER EVAPORATION AND OSMOLARITY CHANGE OF HUMAN EMBRYO CULTURE MEDIA IN HUMID OR IN DRY CULTURE SYSTEMS
    Mori C., Kuwayama M., Silber S., Kagawa N., Takehara Y., Kato O.
  • Oocyte retrieval and cryopreservation for unmarried female cancer patients
    Clinical research group of A-PART Japan, Teramoto S., Kamiya H., Ochi M., Fujino Y., Yano K., Utsunomiya T.
2010.11 International Symposium on Epigenome Network, Development and Reprogramming of Germ Cells(文部科学省特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」国際シンポジウム) (Fukuoka, Japan 11月)
  • Molecular dissection of the role of retinoic acid on meiosis-related events using differentiating mouse embryonic stem cells
    Suzuki T., Takehara Y., Yamadera R., Lin ZY-C., Imamura M., Okada Y., Akamatsu W., Imai T., Aoyama N., Kato O., Okano H.
  • In vitro expansion of presumptive germ cells marked by Mvh-Venus deriverd from mouse induced pluripotent stem cells
    Imamura M., Yamadera R., Lin ZY-C., Suzuki T., Mise N., Abe K., Noce T., Okano H.
2010.12 The International Consensus Meeting on Embryo Transfer and the Pre-Congress Workshop on The 7th conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) And The 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit) (Fukuoka, Japan 12月)
  • Whole ooplasmic transfer by direct injection method using Piezo drive system for prevention of mutated mitochondrial DNA transmission: Assisted Reproductive Technology for Mitochondrial Disease Patients
    Yabuuchi A., Kagawa N., Ezoe K., Mori C., Takayama Y., Kuwayama M., Aono F., Kato K., Takehara Y., Kato O.
  • Assisted Reproductive Technology (ART) for Mitochondrial disease patients-II. -Safe and Successful Cryopreservation of GV oocyte before Whole Ooplasmic Transfer (WOT) in mitochondrial disease patients-
    Kagawa N., Yabuuchi A., Ezoe K., Mori C., Takayama Y., Kuwayama M., Aono F., Kato K., Takehara Y., Kato O.

PAGE TOP

国際学会・研究会等

1) 招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.03 第5回 日本レーザーリプロダクション学会 (ヒルトン大阪, 大阪3月)
  • 加藤レディスクリニックにけおるレーザーアシステッドハッチング11626例
    竹原祐志
2010.02 日本受精着床学会 第6回ART生涯研修コース (ベルサール九段, 東京2月)
  • Metabolomics(培養液分析)による胚の選別
    森田 大
2010.07 第28回 日本受精着床学会総会・学術講演会 (パシフィコ横浜, 神奈川7月)
  • iPS細胞から生殖細胞への分化・誘導
    竹原祐志
  • 染色体転座による習慣流産に対する着床前診断(PGD)の実際
    青山直樹
  • ピエゾドライブを用いた核注入技術への不妊治療への応用:GVIによるミトコンドリア病と高齢不育卵子の治療
    薮内晶子
2010.09 第13回 日本IVF学会 (大阪国際会議場, 大阪9月)
  • 自然周期の排卵誘発と自然周期採卵
    竹原祐志
2010.11 第55回 日本生殖医学会総会・学術講演会(あわぎんホール/ホテルクレメント徳島, 徳島11月)
  • 凍結胚移植における経口エストロゲン製剤の臨床的意義
    河内谷敏
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.01 第15回 日本臨床エンブリオロジスト学会 (すみだリバーサイドホール, 東京 1月)
  • 当院における胚盤胞発生速度と出生児性別比率の検討
    川島あゆみ, 福原美佐紀, 磯村尚子, 河島一三, 森田 大, 加藤恵一, 河内谷敏, 小林保, 竹原祐志, 加藤 修
  • ヒト胚の培養に加湿は必要か?
    森智絵美, 桑山正成, 沖村匡史, 森田 大, 竹原祐志, 加藤 修
  • ピエゾドライブを用いた核注入法によるウシ卵子細胞質置換技術の開発
    河野康二郎, 桑山正成, 香川則子, 薮内晶子, 竹原祐志, 加藤 修
  • ヒト卵子/胚は何回繰り返し凍結保存・融解が可能か?
    高山優子, 桑山正成, 沖村匡史, 森田 大, 竹原祐志, 加藤 修
  • 胚の発育速度によるd2ETの妊娠率の検討
    大井和美, 須鎌千知, 伊藤基樹, 河島一三, 森田 大, 加藤恵一, 河内谷敏, 小林 保, 竹原祐志, 加藤 修
2010.02 第32回 日本造血細胞移植学会 (アクトシティ浜松/オークラアクトシティホテル浜松, 静岡2月)
  • 複数施設における悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究-第三報-
    寺元章吉, 加藤 修, 藤野祐司, 神谷博文, 道倉康仁, 越知正憲, 吉田仁秋, 矢野浩司, 見尾保幸, 京野廣一, 田中 温, 竹内一浩, 宇都宮隆史
2010.04 第62回 日本産科婦人科学会 (東京国際フォーラム, 東京4月)
  • ヒト卵巣組織のガラス化凍結保存とマウスへの異種移植-臨床応用に向けて
    高井 泰, 林 直樹, 関 博之, 大久保貴司, 竹田 省, 竹原祐志, 加藤 修, 石原 理
2010.05 第51回 日本哺乳動物卵子学会 (朱鷺メッセ/新潟コンベンションセンター, 新潟5月)
  • ピエゾドライブを用いた直接核注入法によるウシ卵核胞(GV)期卵子ならびに前核(PN)期胚の全細胞質置換法の比較検討 Establishment of whole ooplasm exchange method of bovine germinal vesicle stage oocyte and pronuclear stage embryos by direct nuclear injection using piezo drive system
    薮内晶子, 河野康二郎, 桑山正成, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤 修
  • ヒト胚の培養にインキュベーター内加湿は必要ではない Humidigication of air in an incubator is not essential for human embryo culture.
    森智絵美, 桑山正成, 沖村匡史, 森田 大, 竹原祐志, 加藤 修
2010.07 第28回 日本受精着床学会総会・学術講演会 (パシフィコ横浜, 神奈川7月)
  • ガラス化保存ヒト卵巣組織移植により卵巣機能が回復した1症例
    香川則子, 桑山正成, Silber S., 森智絵美, 生水真紀夫, 木原真紀, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • マウスES細胞から生殖細胞への試験管内分化誘導
    鈴木智子, 竹原祐志, 岡田洋平, 赤松和土, 今井隆雄, 山寺里枝, 青山直樹, 松崎有未, 鈴木禎史, 岡野栄之, 加藤 修
  • NSAIDs使用下に自然周期採取した卵の受精率、妊娠率の検討
    河内谷敏, 松本恒和, 和田恵子, 谷田部典之, 長田尚夫, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • ピエゾドライブ核注入法を用いたウシ卵核胞(GV)期卵子全細胞質置換法の確立
    薮内晶子, 桑山正成, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤 修
  • 精巣精子回収術(TESE)施行後の精巣内の生殖細胞の鑑別
    青野文仁, 桑山正成, 河島一三, 森田 大, 瀬川智也, 河内谷敏, 長田尚夫, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤 修
  • 可視紡錘体の位置を指標としたICSIの有効性について
    内山一男, 上野 智, 島崎精恵, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 霊長類多能性幹細胞の生殖系細胞への分化誘導系の構築
    山寺里枝, 竹原祐志, 今井隆雄, 河瀬 聡, 赤松和土, 岡田洋平, 鈴木智子, 青山直樹, 今井公紀, 佐々木えりか, 岡野栄之, 加藤 修
  • 体外受精・胚移植により妊娠・出産した母児の追跡調査の試み
    阿子島晴美, 坂元みどり, 青山直樹, 谷田部典之, 河内谷敏, 小林 保, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 自然周期採卵でのNSAIDsによる排卵コントロール
    松本恒和, 河内谷敏, 和田恵子, 谷田部典之, 長田尚夫, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • IMSI施行時の対物レンズの違いが発生能に及ぼす影響
    齋藤祥子, 内山一男, 髙山 修, 神谷奈々, 城石裕子, 髙橋彩香, 嶋村 純, 貝嶋弘恒
2010.09 第13回 日本IVF学会 (大阪国際会議場, 大阪9月)
  • 非加湿インキュベーターの有用性と発生成績
    森智絵美, 桑山正成, 沖村匡史, 森田 大, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤 修
  • PIEZO-ICSIに用いる水銀およびFluorienertがヒト精子の生存性に及ぼす影響
    森田 大, 桑山正成, 河野康二郎, 沖村匡史, 内山一男, 加藤恵一, 竹原祐志, 保地眞一, 加藤 修
  • ピエゾドライブ直接核注入法を用いたウシならびにヒト卵核胞(GV)期卵子全細胞質置換法の確立
    薮内晶子, 香川則子, 桑山正成, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤 修
2010.10 日本人類遺伝学会 第55回大会 (大宮ソニックシティホール, 埼玉10月)
  • イソ染色体の性腺モザイクが疑われる習慣流産夫婦に対する生殖医療の選択はどこまで可能か?
    山寺里枝, 末岡 浩, 佐藤 卓, 髙橋香織, 大澤淑子, 中林 章, 稲葉育代, 櫻井友義, 渡邊広是, 橋場剛士, 鈴木智子, 吉村泰典, 竹原祐志, 加藤 修
  • 筋強直性ジストロフィーの表現促進現象がもたらす児の重篤性から着床前診断の適応を考える
    鈴木智子, 末岡 浩, 稲葉育代, 佐藤 卓, 髙橋香織, 大澤淑子, 中林 章, 櫻井友義, 渡邊広是, 橋場剛士, 山寺里枝, 吉村泰典, 竹原祐志, 加藤 修
  • 習慣流産に対する着床前診断(PGD)において陽性と診断された廃棄胚のFISHを用いた再解析(症例報告
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 山寺里枝, 鈴木智子, 河内谷敏, 加藤恵一, 加藤 修
2010.11 第55回 日本生殖医学会総会・学術講演会 (あわぎんホール/ホテルクレメント徳島, 徳島11月)
  • ヒト胚の培養にインキュベーター内加湿は必要ではない
    森智絵美, 桑山正成, 沖村匡史, 森田 大, 竹原祐志, 加藤 修
  • 紡錘体位置が第1極体近傍から変位する要因について
    内山一男, 近藤雅恵, 上野 智, 島崎精恵, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • IX-ROBOpolarを使用した体外成熟卵子に対するICSIタイミングについて
    近藤雅恵, 内山一男, 池田沙耶佳, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 当院におけるヒアルロン酸結合精子を用いたICSIの成績
    上野 智, 内山一男, 森田 大, 沖村匡史, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 体外受精後の流産組織の絨毛染色体検査による染色体異常発生頻度についての検討
    河内谷敏, 竹原祐志, 青山直樹, 黒田知子, 加藤恵一, 長田尚夫, 加藤 修
  • 習慣流産を対象とした着床前診断症例へのFISHプローブの検討
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 加藤恵一, 加藤 修
  • 自然周期採卵・胚移植の成績に関する検討
    谷田部典之, 加藤恵一, 山崎裕行, 会田拓也, 和田恵子, 篠原一朝, 宮内 修, 奥野 隆, 小林 保, 河内谷敏, 長田尚夫, 竹原祐志, 加藤 修
  • 霊長類生殖細胞の分化動態を可視化する非侵襲的in vitroシステムの構築
    山寺里枝, 竹原祐志, 今井貴雄, 河瀬 聡, 鈴木智子, 青山直樹, Zack L., 今村公紀, 佐々木えりか, 岡野栄之, 加藤 修
  • ピエゾドライブ直接核注入法を用いたヒト卵核胞(GV)期卵全細胞質置換法の検討
    薮内晶子, 香川則子, 桑山正成, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤 修
  • PIEZO-ICSIに用いる水銀およびFluorinertがヒト精子の生存性に及ぼす影響
    森田 大, 桑山正成, 河野康二郎, 沖村匡史, 内山一男, 加藤恵一, 竹原祐志, 保地眞一, 加藤 修
  • 性同一性障害(Gender Identity Disorder :GID)患者の摘出廃棄卵巣由来未成熟卵子の体外成熟、受精、発生能の検討
    香川則子, 桑山正成, 森智絵美, 薮内晶子, 高山優子, 山口 悟, 南雲吉則, 竹原祐志, 加藤 修

PAGE TOP

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等

1)招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.06 法政大学講義 (法政大学市ヶ谷キャンパス, 東京6月)
  • 着床前診断(PGD)の技術とART
    竹原祐志
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2010.06 第142回 日本生殖医学会関東地方部会 (自治医科大学, 栃木6月)
  • ピエゾドライブ核注入法を用いたウシ卵核胞(GV)期卵全細胞質置換法の確立
    薮内晶子, 竹原祐志, 江副賢二, 桑山正成, 加藤恵一, 加藤 修
  • 子宮がん患者の妊孕性再建 ~実験大動物(ブタ・カニクイザル)を用いた子宮移植研究~
    三原 誠, 中川毅史, 野口修平, 林 陽平, 森口尚史, 木須伊織, 香川則子, 桑山正成, 森智絵美, 竹原祐志, 加藤 修
2010.086 第8回 産婦人科臨床懇話会セミナー -不妊治療2010 Overview- 8月)
  • がん患者のための配偶子・胚・性腺組織の凍結
    青野文仁

2010.12 第1回 遺伝カウンセリングアドバンストセミナー (日本医科大学教育棟, 東京12月)
  • 均衡型染色体構造異常に起因する習慣流産に対する着床前診断の実際
    黒田知子

PAGE TOP

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Duration of fertility after fresh and frozen ovary transplantation. Fertil Steril. 94 (6): 2191-6. 2010
    Silber S., Kagawa N., Kuwayama M., Gosden R.
  • Production of fertile zebrafish (Danio rerio) possessing germ cells (gametes) originated from primordial germ cells recovered from vitrified embryos. Reproduction. 139 (4): 733-40. 2010
    Higaki S., Eto Y., Kawakami Y., Yamaha E., Kagawa N., Kuwayama M., Nagano M., Katagiri S., Takahashi Y.

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • ガラス化凍結法による胚盤胞凍結における至適凍結時期の検討-. 日本受精着床学会雑誌. 27 (1): 178-181. 2010
    加藤恵一, 竹原祐志, 河内谷敏, 岩本佳子, 沖村匡史, 谷田部典之, 和田恵子, 宮 内 修, 篠原一朝, 奥野 隆, 瀬川智也, 小林 保, 長田尚夫, 加藤 修
  • ガラス化凍結保存胚盤胞を1胚移植した際の妊娠率および多胎率に関する臨床検討. 日本受精着床 学会雑誌. 27 (1): 278-280. 2010
    大久保毅, 寺元章吉, 加藤恵一, 桑山正成, 加藤 修

学術書籍(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • もっと自然に!不妊治療 KLCメソッドでママになる本. 2010
    加藤 修, 竹原祐志 (主婦の友社)

PAGE TOP

国際学会・研究会等

1) 招待講演、シンポジスト講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.04 15th ISIVF / A-PART (Geneva, Switzerland 4月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC.”
    O. Kato
2009.08 7th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility (Taipei, Taiwan 8月)
  • “Successful Vitrification of Human oocytes.”
    M. Kuwayama, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato
2009.11 1The 3rd Asia Pacific Congress on Controversies in Obstetrics, Gynecology & Infertility (COGI) (Beijing, China 11月)
  • “Can we rejuvenate defective aged-oocytes by ooplasm replacement using germinal vesicle transfer?”/
    K. Kawano, M. Kuwayama
2009.11 LASER TOKYO 2009 (Tokyo, Japan 11月)
  • “Experience of Laser Assisted Hatching, 11626 cases in Kato Ladies Clinic.”
    Y. Takehara
2) 一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.04 15th ISIVF / A-PART (Geneva, Switzerland 4月)
  • “Outcome of the recent IVF Program Transferring Single Blastocyst Retrieved on Minimal Stimulation Cycle and Frozen by Vitrification Method.”/
    K. Kato
  • “DEVELOPMENT OF THE SAFETY CYTOPLASMIC EXCHANGE METHOD IN PRONUCLEAR STAGE OOCYTE; PREVENTION OF MITOCHONDRIA COEXISTENCE IN CYTOPLASMIC THAT USED THE PRONUCLAEAR MICROINJECTION.”
    F. Aono, K. Kawano, M. Kuwayama, Y. Takehara, O. Kato
2009.06 25th Annual Meeting European of Human Reproduction Embryology (ESHRE) (Amsterdam, Netherlands 6月)
  • “Clinical results of single blastocyst transfer combined with mild stimulation and vitrification. ”
    K. Kato
  • “RECOVERY OFREPRODUCTIVE FUNCTION AND EXTENSION OF LIFE EXPECTANCY IN OLD INFERTILE MICE BY OVARIAN TRANSPLANTATION.”
    N. Kagawa
2009.07 46th Annual Meeting of the Society for Cryobiology (CRYO2009) (Sapporo, Japan 7月)
  • “Successful ultra-rapid cooling vitrification of human and cattle ovarian tissues for auto- and xenotransplantation.”
    N. Kagawa
  • “Role of cryoprotective effect of SSS on bovine oocytes during vitrification.”
    C. Mori, M. Kuwayama
  • “Successful Vitrification of Human Oocyte: The Cryotop Method.”
    C. Mori, M. Kuwayama
2009.10 American Society for Reproductive Medicine 65th Annual Meeting 2009 (ASRM) (Atlanta, United States 10月)
  • “The application of GnRH antagonist in the natural cycle IVF.”
    K. Kato, S. Kawachiya, T. Kobayashi, O. Kato
  • “Natural Cycle IVF Is an Excellent Treatment Option for Women with Advanced Age.”
    T. Segawa, F. Yelian, K. Kato, T. Kobayashi, Y. Takehara, O. Kato
  • “IN VITRO AND IN VIVO DEVELOPMENTAL ABILITY OF THE EMBRYO DERIVED FROM PRONUCLEAR MICROINJECTION USING PIEZO-MICROMANIPULATOR IN CATTLE.”
    F. Aono, K. Kawano, M. Kuwayama, K. Kato, Y. Takehara, O. Kato
  • “FUNCTION OF VITRIFIED HUMAN OVARIAN GRAFTS AFTER XENO-TRANSPLANTATION.”
    N. Kagawa1, M. Kuwayama1, S. J. Silber2, Y. Ikeda3, H. Nagashima3, O. Kato1
    1) Kato Ladies Clinic, 2) St. Luke Hospital, 3) Meiji University
  • “Relations between the timing of transfer, expansion size and implantation rates in frozen thawed single blastocyst transfer.”
    T. Okimura, M. Kuwayama, T. Segawa, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato
2009.12 The International Ovarian Conference (Tokyo, Japan 12月)
  • “Efficiency of aromatase inhibitor letrozole in ovulation induction for infertile PCOS patient.”
    S. Kawachiya, H. Osada, K. Kato, Y. Takehara, O. Kato

PAGE TOP

海外 国内学会・研究会・プライベート集会

1) 招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.03 FSROC (Taipei, Taiwan 3月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC. ”
    O. Kato
  • “Vitrification of Human Oocytes and Embryos The Cryotop Method.”
    T. Okimura, M. Kuwayama, T. Segawa, Y. Takehara, K. Kato, O. Kato
2009.08 補助生殖技術と臨床ならびに生殖医学看護研究セミナー(武漢、中国8月)
  • “15 years history of minimal stimulation IVF protocol in KLC.”
    O. Kato
  • “Vitrification of Human Oocytes and Embryos The Cryotop Method”
    M. Ito, M. Kuwayama

PAGE TOP

学会発表(国内)

1)招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.08 第27回日本受精着床学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 8月)
  • シンポジウム2「良好胚の選別法」 3) Metabolomicsによる胚の選別
    森田大
2009.09 第12回日本IVF学会(紅陽グランドホテル, 宮城 9月)
  • ンポジウム2 Top Qualityの卵子を得るために 「Metabolomic profileによる胚評価」
    森田大
2009.09 日本人類遺伝学会第54回大会(グランドプリンスホテル高輪, 東京 9月)
  • ワークショップ3「遺伝性疾患に対する着床前診断 現状と展望」着床前診断における染色体診断の現状と問題点
    青山直樹
2009.11 第54回日本生殖医学会総会・学術講演会(石川県立音楽堂・ANAクラウンプラザホテル金沢, 石川 11月)
  • 最先端不妊治療の現状と将来(会長要望講演)
    加藤修
  • 「ARTのここが知りたい~ICSIの原点に返って~」ICSIの実際・IMSIの知見
    内山一男
  • 「卵子の凍結保存の技術的進歩」
    沖村匡史
2009.11 第36回日本低温医学会総会(東京大学, 東京 11月
  • “Improvement of clinical efficiency of single blastcyst transfer by cryopreservation using vitrification.”
    香川則子
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.03 第14回日本臨床エンブリオロジスト学会(札幌医科大学, 北海道 3月)
  • クロミフェン周期により得られた胚盤胞の染色体解析 -余剰胚盤胞を用いた症例報告-
    青山直樹, 川崎奈美, 山寺里枝, 黒田知子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 凍結融解単一胚盤胞移植における移植日と胚盤胞サイズの検討
    沖村匡史, 岩本佳子, 菊池理仁, 森田大, 加藤龍太郎, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
  • 均衡型相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠出産例の報告(症例報告)
    川崎奈美, 青山直樹, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 胚盤胞発生率によるVeeck分類法の評価
    上野智, 沖村匡史, 森田大, 青野文仁, 桑山正成, 和田恵子, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
2009.04 第61回日本産科婦人科学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 4月)
  • 卵巣低刺激周期とガラス化保存を用いた単一胚盤胞移植プログラムの多症例臨床成績
    加藤恵一
  • GnRHアンタゴニスト単回投与法による新しい自然周期採卵法の開発
    瀬川智也1, 福田淳一郎1, 和田恵子1, 宮内修1, 松本恒和1, 篠原一朝1, 河内谷敏1, 加藤恵一1, 竹原祐志1, 加藤修1, 阿部崇2, 長田尚夫3
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 日本医科大学 産婦人科、3) 日本大学 医学部 産婦人科
  • クロミフェン周期IVF-ETのBMI別成績~やせ傾向の女性は妊娠しにくい~ The effect of BMI on the result of IVF -ET (stimulated cycle with clomiphene citrate) in women with normal ovulatory cycles.
    福田淳一郎, 瀬川智也, 藤田真紀, 藤田欣子, 谷田部典之, 勝股克成, 山下直樹, 奥野隆, 渡邊芳明, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
2009.08 第27回日本受精着床学会総会・学術講演会(国立京都国際会館, 京都 8月)
  • 当院における多胎妊娠防止への取り組み
    谷田部典之, 瀬川智也, 藤田欣子, 福田淳一郎, 宮内修, 奥野隆, 河内谷敏, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • ピエゾドライブを用いた前核の直接注入がウシ前核期卵の発生に及ぼす影響
    青野文仁, 桑山正成, 河野康二郎, 竹原祐志, 加藤修
  • Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
  • 若齢時に凍結保存した卵巣の自家移植による老齢不妊マウスからの正常産子の作出
    香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • Intracytoplasmic Morophologically Selected Sperm Injectionの有用性について
    内山一男1, 家田祥子2, 藤城栄美2, 貝嶋弘恒2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) みなとみらい夢クリニック
  • 精液の液量、濃度および運動率における受精率の比較検討
    伊藤秀行, 伊藤基樹, 森田大, 沖村匡史, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
2009.09 第102回日本繁殖生物学会大会(近畿大学, 奈良 9月)
  • 若齢時凍結保存卵巣の自家移植による老齢不妊マウスの繁殖能力の回復および寿命の延長
    香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • ピエゾドライブを用いたウシ前核置換由来胚の体外および体内発生能の検討
    河野康二郎1, 青野文仁1, 桑山正成1, 平田統一2, 竹原祐志1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 岩手大学 農学部
2009.0 第12回日本IVF学会(紅陽グランドホテル, 宮城 9月)
  • 凍結胚盤胞移植におけるLAH(LASER ASSISTED HATCHING)の有用性
    福原美佐記, 森田大, 伊藤基樹, 川島あゆみ, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修
2009.09 日本人類遺伝学会第54回大会(グランドプリンスホテル高輪, 東京 9月)
  • 着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告
    黒田知子, 青山直樹, 竹原祐志, 川崎奈美, 山寺里枝, 鈴木智子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
2009.11 第54回日本生殖医学会総会・学術講演会(石川県立音楽堂・ANAクラウンプラザホテル金沢, 石川 11月)
  • 加齢による子宮内膜厚の変化とIVF成績への影響に関する検討
    瀬川智也, 加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 宮内欣子, 河内谷敏, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 長田尚夫, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 自然周期採卵のマネージメントとその治療成績
    加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之, 宮内修, 河内谷敏, 勝股克成, 瀬川智也, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 体外受精におけるクラミジア感染の影響について
    谷田部典之, 加藤恵一, 和田恵子, 宮内修, 篠原一朝, 瀬川智也, 河内谷敏, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • Mild stimulationを用いた着床前診断による相互転座保因者夫婦の妊娠出産例の報告
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 加藤修
  • 妊孕性保存およびQOL向上を目的とした卵巣ガラス化保存・移植技術の有効性
    香川則子1, 桑山正成1, 池田有希2, 落合恵子2, 長嶋比呂志2, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 明治大学 農学部
  • ピエゾドライブを用いた直接前核注法により全細胞置換して得られたウシ胚移植後の妊娠成立
    河野康二郎, 青野文仁, 桑山正成, 竹原祐志, 加藤修
  • 当院におけるIVM-ICSIの臨床成績に関する有用性の検討
    坂本恵美, 森田大, 加藤恵一, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修
  • Recombinant FSH製剤の在宅自己投与の有用性の検討-フォリスチムペン使用患者に対するアンケート分析-
    中村尚美, 木村心子, 根本真由, 坂元みどり, 竹原祐志, 加藤修
  • ヒト3前核胚におけるFISHを用いた倍数性の評価-ICSIによる3PN胚発生機序について-
    丸山沙織1, 青山直樹2, 石川博1, 道倉康仁3, 堀田美穂3, 加藤恵一2, 竹原祐志2, 加藤修2, 生水真紀夫1
    1) 千葉大学大学院 医学研究院 生殖機能病態学教室、 2) 加藤レディスクリニック、3) 永遠幸レディスクリニック

PAGE TOP

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等

1)招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.00 平成20年度不妊専門相談センター事業研修会
  • 加藤レディスクリニックにおける自然周期採卵
    竹原祐志
2009.05 第11回ME学術講演会(石川 5月)
  • 一般不妊治療における問題点と最先端不妊治療の現状
    加藤修
2009.05 第6回A-PART日本支部・第3回Minimal Stimulation研究会 合同学術講演会(シェーンバッハサボー, 東京 5月)
  • 完全自然周期IVFの考え方
    加藤修
  • rec.FSH自己注射によるMild Stimulation.
    竹原祐志
  • 複数施設による悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究に対する取組みと現況
    青野文仁
  • 日本における着床前診断の問題点
    青山直樹
  • ヒト卵巣組織凍結保存の現状
    香川則子
  • Mild Stimulationにおける胚盤胞培養の実際
    沖村匡史
2009.08 日本中医薬研究会(TKP日本橋ビジネスセンター, 東京 8月)
  • 加藤レディスクリニックにおける自然周期採卵
    竹原祐志
2009.11 Fine祭り2009(日経ホール,東京11月)
  • 体外受精を繰り返すが妊娠・出産に至らないケースの治療法 ”辛さからの脱出のために”
    加藤修
2009.12 第140回染色体研究会(信州大学, 長野 12月)
  • 妻が逆位並びに均衡型相互転座を保因する反復流産患者に対するPGDのStrategy 46,XX,t(10;21)(q22.1;q22.3),inv(18)(p11.2q22.1)
    青山直樹1, 竹原祐志1, 黒田知子1, 川崎奈美1, 東梅久子2, 山寺里枝1, 鈴木智子1, 河内谷敏1, 瀬川智也1, 加藤恵一1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 虎ノ門病院
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2009.02 第139回日本生殖医学会関東地方部会(杏林大学, 東京 2月)
  • 自然周期IVFにおけるBMI別成績の比較検討
    福田淳一郎, 瀬川智也, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 当院の不妊治療による多胎妊娠減少への取り組みについて
    瀬川智也, 福田淳一郎, 和田恵子, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 山下直樹, 勝股克成, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
2009.06 第140回日本生殖医学会関東地方部会(千葉大学, 千葉 6月)
  • 自然周期採卵でのGnRHアンタゴニスト投与による自然排卵抑制効果の検討
    加藤恵一

PAGE TOP

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 反復自然流産患者に対する体外受精成績の臨床検討-主席卵胞と非主席卵胞の比較-. 日本受精着床学会雑誌. 26(1): 98-101. 2009
    宮内修, 竹原祐志, 奥野隆, 河内谷敏, 瀬川智也, 篠原一朝, 福田淳一郎, 和田恵子, 谷田部典之, 宮内欣子, 勝股克成, 渡邊芳明, 山下直樹, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • ヒト胚における揺動培養の効果について. 日本受精着床学会雑誌. 26(1): 177-181. 2009
    内山一男1, 長田尚夫2, 家田祥子1, 沖村匡史1, 瀬川智也1, 竹原祐志1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) 日本大学 医学部 産婦人科

学術書籍(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 「卵子学」 XVⅡ章 卵子の胚発生支持能 81 卵子若返り法: 印刷中
    青野文仁, 桑山正成
    (京都大学学術出版会)

商業雑誌(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 特集 着床前診断の実践と問題点 割球生検-胚盤胞生検まで-. 産婦人科の実際 58(2): 155-162. 2009
    青山直樹, 黒田知子, 加藤修
  • ART分野におけるPGDの意義. In Vitro Production NEWS 62-63. 2009
    青山直樹 (高度生殖医療技術研究所)
  • Ⅳ ART 2-1 排卵誘発-自然派. 産婦人科の実際 58(11): 1793-1802, 2009
    竹原祐志
  • ガラス化保存ヒト卵巣組織移植による卵巣機能の回復. 産婦人科の実際 58(12): 2009
    香川則子1, 桑山正成1, S.J.Silber2, 森智絵美1, 生水真紀夫3, 木原真紀3, 竹原祐志1, 加藤修1
    1) 加藤レディスクリニック、 2) St. Luke Hospital 、 3) 千葉大学産婦人科

PAGE TOP

国際学会・研究会等

1) 招待講演、シンポジスト講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.09 4th World Congress of the World Association of Reproductive Medicine(WARM)(Guadalajara, Mexico 9月)
  • Endometriosis-endometrioma:severe cases of adenomyosis surgically treated by the triple-flap method for reconstruction of the uterine wall
    Osada H., Kato O.
  • “Successful vitrification of human oocytes and embryos: the Cryotop method”/
    Okimura T., Kuwayama M.
2008.11 The 11th World Congress on Controversies in Obstetrics, Gynecology & Infertility (COGI) (Paris, France 11月)
  • “Can we rejuvenate defective aged-oocytes by ooplasm replacement using germinal vesicle transfer?”
    Kuwayama M.
2) 一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.07 European Society of Human Reproduction and Embryology (Barcelona, Spain 7月)
  • “Incidence of monozygotic twinning after single embryo transfers.”
    Kawachiya S., Shimada N., Miyauchi O., Kato K., Segawa T., Okuno T., Takehara Y., Kato O.
  • “Large scale IVF laboratory results using mild stimulation: outcome from 19,000 cycles per year in one center”
    Okimura T., Kuwayama M., Kikuchi M., Segawa T., Takehara Y., Kato K., Kato O.
  • “Successful vitrification method for ovarian tissue: Minimizing the loss of oocytes resulting from ovarian cortical transplantation”
    Kagawa N., Silber S.J., Kuwayama M., Kato O.
  • “Letrozole with gonadotropin is more effective treatment for single ovulation and pregnancy in polycystic ovary syndrome patients.”
    Segawa T., Miyauchi O., Shinohara K., Kato K., Kawachiya S., Takehara Y., Kato O.
2008.11 American Society for Reproductive Medicine (San Francisco, USA 11月)
  • “Efficiency of the Cryotop method to cryopreserve human oocytes; Analysis of in vitro and in vitro results at eleven IVF clinics”
    Kuwayama M.
  • “Incidence of dichorionic diamniotic twins after single blastocyst transfer.”
    Kawachiya S., Shimada N., Kato K., Segawa T., Takehara Y., Kato O.
  • “Osada procedure for massive adenomyosis”
    Osada H., Silber S.J., Kakinuma T., Kato K., DeRosa M., Kato O.
  • “Development of the safety cytoplasmic exchange method in pronuclear stage oocyte; prevention of mitochondria coexistence in cytoplasmic that used the pronuclear microinjection”
    Aono F., Kuwayama M., Takehara Y., Kato O.
  • “Successful vitrification method for ovarian tissue: minimizing the loss of oocytes resulting from ovarian cortical transplantation”
    Kagawa N., Silber S.J., Kuwayama M., Kato O.

PAGE TOP

海外研究会、プライベート集会

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.03 Serono symposium
Cryo preservation of human oocytes ovarian tissues and In Vitro maturation (Buenos Aires, Argentina 3月)
  • “Successful cryopreservation of human oocytes by vitrification: The Cryotop method”
    Kuwayama M.
  • “Current status and future aspects of human ovarian tissue vitrification”
    Kagawa N.
2008.03 SCTRA (Santiago, Chile 3月)
  • “Vitrification: Revolutionary technology in cryobiology - Recent outcome in human assisted reproduction”
    Kuwayama M.
  • “Ovarian tissue cryopreservation”
    Kagawa N.
2008.11 Service de Medecine et Biologie de la Reproduction. Assistance Medicale a la Procreation.
Mise en place des nouvelles pratiques en AMP
La vitrification des ovocytes (France 11月)
  • “Oocyte Vitrification 2008: an overview”
    Kuwayama M.
2008.09 3rd SCIENTIFIC SYMPOSIUM ON ASSISTED REPRODUCTION, (Greece 9月)
  • Kato K.
  • Cryopreservation of human oocytes by vitrification
    Kuwayama M.
  • Cryopreservation of human ovarian tissue by vitrification
    Kagawa N. and Kuwayama M.

PAGE TOP

学会発表(国内)

1)招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.02 日本受精着床学会ART生涯研修コース (2月)
  • 未受精卵子と卵巣の凍結の現在
    桑山正成
2008.05 第49回日本哺乳動物卵子学会 シンポジウム (5月)
  • ヒト未受精卵の凍結保存の現在と未来:超急速ガラス化法の展開
    桑山正成
  • ヒト未受精卵の凍結保存の臨床応用:適応と課題
    寺元章吉
2008.06 第36回日本産婦人科学会北陸連合地方部会学術集会 (6月)
  • 教育講演
    卵子と卵巣組織の凍結保存 ―超急速ガラス化保存法による新展開―/香川則子

2008.08 第26回日本受精着床学会2008 (8月)
  • クロミフェン周期ならびに完全自然周期における瀬戸路態度の使用経験
    加藤修
  • 習慣流産のための着床前診断における問題点
    青山直樹
  • Development of the safety cytoplasmic exchange method in pronuclear stage embryos; Prevention of mitochondria coexistence in cytoplasmic by the pronucleus injection
    Aono F.
2008.11 第10回REG部会記念講演会 (11月)
  • 教育講演 1
    卵子と卵巣組織の凍結保存 ―超急速ガラス化保存法による新展開―

    香川則子
  • 習慣流産のための着床前診断における問題点
    青山直樹
2008.11 日本低温医学会 (11月)
  • Symposium 3 Kato Ladies’ Clinic Symposium:
    Oocyte cryopreservation for fertility preservation in unmarried women with malignancies

    Taniguchi S. (Department of Hematology Toranomon Hospital)
  • Current status of human oocytes cryopreservation
    Kuwayama M.
  • Workshop 2 BioPhama sponsored Workshop: Cryopreservation of ovarian tissue:
    Cryopreservation of human ovarian tissue by vitrificatoin

    Kagawa N.
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.01 第13回日本臨床エンブリオロジスト学会 (1月)
  • 単一卵子周期における体外受精成績
    伊藤基樹, 家田祥子, 内山一男, 瀬川智也, 加藤 修
  • ガラス化液容量の違いがヒト胚の生存に及ぼす影響
    家田祥子, 加藤龍太郎, 内山一男, 桑山正成, 加藤 修
2008.02 日本造血細胞移植学会 (2月)
  • 複数施設における悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存臨床研究-第一報
    寺元章吉, 藤野祐司, 加藤修, 道倉康仁, 神谷博文, 吉田仁秋, 越知正憲, 矢野浩史, 見尾保幸, 宇津宮隆史
2008.03 第145回日本獣医学会 (3月)
  • ガラス化保存ネコ卵子からの初の産子作出(ベストプレゼンテーション賞受賞)
    香川則子、桑山正成, Gomez M.C., Pope C.E., Leibo S.P., 近田昌也, Dresser B.L., 加藤修
2008.04 第60回日本産科婦人科学会学術講演会 (4月)
  • 相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠例の報告
    竹原祐志, 奥野隆, 河内谷敏, 瀬川智也, 宮内修, 篠原一朝, 加藤恵一, 加藤修
  • 複数施設における悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究(第一報)
    寺元章吉, 宇津宮隆史, 神谷博文, 吉田仁秋, 加藤修, 道倉康仁, 越知正憲, 藤野祐司, 矢野浩史,見尾保幸, A-PART日本支部臨床研究グループ
  • アルコール固定により保存的加療が可能であった頸管妊娠の3例
    柿沼敏行(日本大学医学部附属駿河台病院)、長田尚夫, 曽根君恵, 山本範子, 永石匡司, 松浦眞彦,山本樹生, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修, 辰巳賢一
  • 経腟超音波断層所見と血中β-hCGレベルよりみた子宮外妊娠の診断とアルコール固定による治療評価
    松浦眞彦(日本大学), 長田尚夫, 曽根君恵, 市川剛, 清水八尋, 柿沼敏行, 古屋潮, 永石匡司, 山本樹生, 貝嶋弘恒, 加藤修
2008.05 第49回日本哺乳動物卵子学会 (5月)
  • 低刺激周期による大型IVFラボの体外受精成績:年間19,000症例の分析結果
    沖村匡史, 菊池理仁, 桑山正成, 瀬川智也, 竹原裕志, 加藤修
  • 細胞膜透過性凍結保護材による浸透圧変化がもたらす精子の運動性および生存率変化
    大久保毅, 桑山正成, 加藤修, 寺本章吉
  • ヒト卵子および胚ガラス化保存における冷却用液体窒素の濾過滅菌法の検討
    森智絵美, 桑山正成, 中田久美子, 香川則子, 高山優子, 加藤修
  • 市販の液体窒素のウイルス的清浄性:性感染症ウイルス存在の有無について
    河野康二郎, 中田久美子, 桑山正成, 加藤修
  • ガラス化保存された成体マウスwhole卵巣の他家移植後の正常産子の作出
    池田有希, 香川則子, 桑山正成, 中田久美子, 加藤修, 長嶋比呂志
  • 老齢不妊マウスへの卵巣移植による繁殖能力の回復
    香川則子, 桑山正成, 池田有希, 中田久美子, 長嶋比呂志, 加藤修
2008.11 第26回日本受精着床学会総会 (8月)
  • 完全自然周期による採卵、胚移植の成績
    河内谷敏, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修ほか
  • Preimplantation Genetic Screening における問題点
    青山直樹
  • 不育症に対する新しい見解-主席卵胞捕獲障害-
    宮内修, 竹原祐志, 奥野隆, 瀬川智也, 河内谷敏, 篠原一朝, 加藤恵一, 加藤修
  • ヒト卵子のガラス化保存における高生存率のための平衡法(ビデオセッション
    沖村匡史
  • 超急速ガラス化保存法(Cryotissue法)によるヒト卵巣組織の凍結保存(ビデオセッション)
    香川則子
  • 複数施設における悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究)
    寺元章吉, 宇津宮隆史, 神谷博文, 吉田仁秋, 加藤修, 道倉康仁, 越知正憲, 藤野祐司, 矢野浩史, 見尾保幸,A-PART日本支部臨床研究グループ
  • 超急速ガラス化保存法(Cryotissue法)によるヒト卵巣組織の凍結保存
    香川則子, 桑山正成, 森智絵美, 加藤修, Silber Sherman, 平田統一, 生水真紀夫
  • ネコ卵子の凍結保存におけるCryotop法の有効性
    香川則子, 森智絵美, 桑山正成, 加藤修, Gomez M.C., Pope C.E., Leibo S.P., Dresser B.L., 近田昌也
  • 胚盤胞における最適ガラス化保存時期の検討
    岩本佳子, 沖村匡史, 伊藤基樹, 加藤龍太郎, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • 高齢不妊患者卵子の発生能に関する研究(高齢患者のIVF治療の可能性)
    沖村匡史, 伊藤基樹, 岩本佳子, 加藤龍太郎, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • 回収卵子個数別症例における卵子の発育脳について
    伊藤基樹, 岩本佳子, 加藤龍太郎, 沖村匡史, 菊池理仁, 桑山正成, 加藤恵一, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
2008.10 第53回日本生殖医学会総会 (10月)
  • 単一胚盤胞移植後の二絨毛膜性双胎の発生頻度
    河内谷敏, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修ほか
  • 均衡型相互転座保因者に対する着床前診断による妊娠出産例の報告
    青山直樹, 黒田知子, 山寺里枝, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 前核顕微注入法を用いた細胞質内ミトコンドリア混在の回避
    青野文仁, 桑山正成, 河野康二郎, 竹原祐志, 加藤修
  • 胚発生におけるintracytoplasmic morphologically selected sperm injectionの有効性について
    内山一男(みなとみらい夢クリニック), 家田祥子, 藤城栄美, 貝嶋弘恒, 加藤修
  • 当院における子宮外妊娠の経腟的アルコール局注療法の成績
    柿沼敏行(日本大学 医学部産婦人科), 長田尚夫, 山本範子, 永石匡司, 菅野光, 山本樹生, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前の血中エストラジオールおよび血中プロゲステロンの最適値について 凍結胚盤胞移植周期による検討
    山下直樹, 小林保, 奥野隆, 勝股克成, 渡邊芳明, 藤田欣子, 谷田部典之, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 低刺激採卵周期における回収卵子個数別卵子発生能についての検討
    伊藤基樹, 沖村匡史, 菊池理仁, 森田大, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • 分割胚移植における発育速度評価の有用性に関する検討
    和田恵子, 瀬川智也, 福田淳一郎, 宮内修, 坂本恵美, 菊池理仁, 森田大, 内山一男, 山下直樹, 渡邊芳明, 勝股克成, 小林保, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修
  • 近赤外線法(NIR)を用いた培養液中代謝物の解析による胚評価の試み
    森田大, 伊藤秀行, 島崎精恵, 小川尚子, 山下直樹, 竹原祐志, 加藤修
  • ガラス化保存ヒト卵巣組織の姉妹間移植による卵巣機能の回復
    香川則子, 桑山正成, Silber Sherman, 森智絵美, 生水真紀夫, 木原真紀, 加藤恵一, 加藤修
  • 当院6年間における凍結胚盤胞移植の成績と安全性に関する検討
    瀬川智也, 福田淳一郎, 和田恵子, 菊池理仁, 森田大, 桑山正成, 加藤恵一, 篠原一朝, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 奥野隆, 竹原祐志, 加藤修
  • ヒト卵子凍結保存におけるCryotop法の臨床効果 11施設の成績の分析修
    桑山正成, 加藤
  • Cryotop法を用いたマウス4細胞期胚および胚盤胞の再凍結保存後の生存性
    池田有希(明治大学 農学部生命科学科), 松成ひとみ, 落合恵子, 香川則子, 桑山正成, 加藤修, 長嶋比呂志
  • 妊娠率向上のための胚盤胞単一胚移植方法の検討
    沖村匡史, 菊池理仁, 森田大, 加藤龍太郎, 青野文仁, 桑山正成, 河内谷敏, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤恵一, 加藤修
  • ガラス化保存ネコ卵子からの初の産子作出
    香川則子, 桑山正成, Gomez Martha C., Pope Earle C., Leibo Stanley P., 近田昌也, Dresser Besty L., 加藤修

PAGE TOP

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等

1)招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.03 第4回東海ARTカンファレンス (3月)
  • ヒト卵子凍結保存の現状と未来
    桑山正成
2008.07 A-PART日本支部学術講演会(7月)
  • 造血疾患患者からの卵子凍結保存の問題点
    寺元 章吉(新橋夢クリニック)
  • ヒト卵子凍結保存の現状
    桑山 正成
2008.07 Minimal Stimulation 研究会学術講演会(7月)
  • 採卵における排卵誘起処理時期の検討
    松本 恒和(新橋夢クリニック)
  • Nasal hMGスプレーによるIVF
    竹原 祐志
  • 自然周期採卵・胚移植(SF-SET)の検討
    宮内 修
  • 単一卵子周期における体外受精、胚移植成
    沖村 匡史
2008.12 第136回染色体研究会 (12月)
  • 生殖補助医療と胚培養士の役割:現状と課題
    青山直樹
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.02 日本生殖医学会関東地方会 (2月)
  • アルコール固定により保存的加療が可能であった頸管妊娠の4例
    柿沼敏行, 長田尚夫, 田村正明, 山本範子, 永石匡司, 松浦眞彦, 山本樹生, 小林保, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修, 辰巳賢一
  • 再凍結胚融解移植の有効性についての検証
    菊池沙耶佳, 内山一男, 菊池理仁, 沖村匡史, 勝股克成, 瀬川智也, 竹原祐志, 加藤修
2008.06 日本生殖医学会北陸支部学術総会 (6月)
  • 当院における凍結胚盤胞移植の成績について
    瀬川智也, 篠原一朝, 宮内修, 宮内欣子, 谷田部典之, 河内谷敏, 竹原祐志, 加藤修, 加藤恵一
2008.06 第138回日本生殖医学会関東地方部会 (6月)
  • 習慣流産に対する間期核FISHを用いた着床前診断での出産例の報告
    山寺里枝, 青山直樹, 黒田知子, 川崎奈美, 鈴木智子, 河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修

PAGE TOP

学会発表(国内)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2008.00 第58回日本産科婦人科学会学術講演会
  • ・当院における多胎妊娠およびSingle embryo transfer(SET)に関する臨床検討
    加藤恵一
2008.00 第51回日本生殖医学会大会
  • Clomiphene周期におけるrecombinantFSH製剤(Follistim)投与開始日の検討
    寺元章吉
  • PCOSに対するレトロゾールの排卵誘発効果の検討
    河内谷敏
  • 子宮内膜増殖症合併不妊患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績
    加藤恵一
  • クライオトップ法による超急速ガラス化保存のコツ:生存率99%の方法
    桑山正成
  • 単一割球に対するFISH解析のための有効的な固定法の検討
    青山直樹
  • 卵巣組織のガラス化保存と自家移植に関する研究
    香川則子
  • 卵胞穿刺時の卵胞径と採取卵子の成熟および胚発生能の関係
    内山一男
  • 紡錘体の位置と胚発生能の関係
    菊池理仁
  • 胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討
    嶋田奈央子
  • 体外受精不受精卵子に対する顕微授精による再媒精の有用性
    坂本恵美
2008.00 第24回日本受精着床学会
  • Clomiphene Citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH抑制効果の検討
    河内谷敏
  • 自然周期採卵・胚移植(SF-SET)1301症例の検討
    瀬川智也
  • 卵管留水腫合併不妊症患者に対する腹腔鏡下卵管保存手術後の治療効果検討
    加藤恵一
  • 採卵時未成熟卵子の体外受精後における媒精方法の検討
    内山一男
  • ガラス化保存前の拡張胚盤胞における非侵襲的胞胚腔収縮処理の有用性
    林輝明
2008.00 第33回日本低温生物医学会
  • 卵巣組織のガラス化保存に関する研究
    香川則子
2008.00 第11回日本臨床エンブリオロジスト学会
  • 染色体転座保因者における胚染色体異常率の推定によるIVFカウンセリングの有用性
    青山直樹
  • 高齢不妊患者(40歳以上)にICSIは有効なのか
    内山一男
  • ヒト卵子における超急速冷却ガラス化保存法の有用性の評価
    家田祥子

PAGE TOP

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Natural IVF cycles may be desirable for women with repeated failures by stimulated IVF cycles. J Assist Reprod Genet. 2008 25;4: 163-7.
    Matsuura T., Takehara Y., Kaijima H., Teramoto S., Kato O.
  • Adenomyosis in a patient with mosaic Turner syndrome: case report. Arch Med Sci 2008 4;1: 1-4.
    Kojima R., Nakagawa K., Ohgi S., Horikawa T., Kawachiya S., Saito H.
  • Successful vitrification method for cattle and human ovarian tissue. Reprod Bio Med Online. 2008 (in press)
    Noriko Kagawa, Sherman Silber, Masashige Kuwayama

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 単一胚移植の年齢別成績とその有効性について. 日本受精着床学会雑誌. 2008 25;1: 149-152
    河内谷敏, 藤田真紀, 仲條俊恵, 加藤恵一, 篠原一朝, 谷田部典之, 藤田欣子, 宮内修, 黒田知子, 渡邊芳明, 勝股克成, 瀬川智也, 奥野隆, 山下直樹, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 加藤修
  • 単一胚移植Single Embryo Transferと多胎妊娠に関する臨床検討. 日本受精着床学会雑誌. 2008 25;1: 136-140
    宮内修, 瀬川智也, 加藤恵一, 谷田部典之, 藤田欣子, 河内谷敏, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 山下直樹, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前診断をどう考えるか 着床前診断の進歩と日本の現状. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2008 28;2: 17-22
    青山直樹, 黒田知子, 竹原祐志, 加藤修
  • ヒト未受精卵子凍結保存の現況. Journal of Clinical Embryologist 2007 9: 16-20
    桑山正成

学術書籍(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 「卵子学」 XVⅡ章 卵子の胚発生支持能 81卵子若返り法
    青野文仁 桑山正成(京都大学学術出版会)
  • 「卵子学」 XVⅢ章 卵子・卵巣組織の低温医学 84 卵子凍結と卵子バンク
    香川則子 桑山正成(京都大学学術出版会)

商業雑誌(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討. 産婦人科の実際. 2008 57;5: 853-858
    嶋田奈央子, 河内谷敏, 寺元章吉, 加藤修

  • 子宮内膜増殖症合併不妊症患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績 症例対照研究. 産婦人科の実際. 2008 57;3: 591-596
    加藤恵一(金沢大学 医学部産科婦人科学教室), 瀬川智也, 河内谷敏, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修, 野村一人, 井上正樹
  • 体外受精不受精卵子に対する顕微授精による再媒精の有用性. 産婦人科の実際. 57;2: 283-287
    坂本恵美, 寺元章吉, 加藤修
  • 【卵子をめぐる最近の進歩】 白血病患者の卵子保存. 産婦人科治療. 2008 96;1: 60-71
    寺元章吉(新橋夢クリニック), 加藤修
  • 【エキスパートに学ぶ 体外受精実践講座】 胚の凍結保存法. 臨床婦人科産科. 2008 62;7: 973-977
    桑山正成
  • 【産婦人科領域における細胞・組織の凍結保存】 生殖細胞 卵子保存 産婦人科の実際. 2008 57;10:1537-1542
    香川則子, 桑山正成, 森智恵美, 高山優子

PAGE TOP

学会発表(海外)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2007.00 The International 0varian Conference (Yokohama)
  • Normal live birth from cryopreserved ovarian tissues of adult mice by vitrification. (the Best Poster Awards受賞)
    香川則子
2007.00 13th International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy(Kyoto)
  • Effectiveness of prenatal chromosomal analysis for cases with increased nuchal translucency thickness
    竹原祐志
2007.00 European Society of Human Reproduction Embryology (Praha)
  • Intra-Fallopian Tube Embryo Recurrence: F.E.R Evidences in Mouse Model and Clinical Application
    加藤修
  • Cryopreserving timing of supernumerary embryos in eSET
    寺元章吉
  • Highly efficient vitrification method for clinical cryopreservation of human oocytes
    桑山正成
  • Production of offspring from cryopreserved preantral follicles of adult mice.
    香川則子
2007.00 American Society Reproductive Medicine (New Orleans)
  • A comparison between recombinant FSH and urinary hMG with regard to their efficacy in the clomiphene cycle
    寺元 章吉
  • The effectiveness of clomiphene citrate in suppressing the LH surge in the minimal stimulation IVF protocol
    河内谷敏
  • Results of natural cycle IVF and SET in 1301 patients
    瀬川智也
  • A simple and efficient method of blastomere fixation for preimplantation genetic diagnosis of aneuploidy with Interphase FISH
    青山直樹
  • Vitrification may be a promising approach for cryopreservation of human ovarian tissue for auto-and xenotransplantation.
    香川則子
  • The International Symposium on Cancer & Reproduction (Valencia)
  • Ovarian Tissue Vitrification.
    香川則子

PAGE TOP

学会発表(国内)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2007.00 第58回日本産科婦人科学会学術講演会
  • 当院における多胎妊娠およびSingle embryo transfer(SET)に関する臨床検討
    加藤恵一
2007.00 第51回日本生殖医学会大会
  • Clomiphene周期におけるrecombinantFSH製剤(Follistim)投与開始日の検討
    寺元章吉
  • PCOSに対するレトロゾールの排卵誘発効果の検討
    河内谷敏
  • 子宮内膜増殖症合併不妊患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績
    加藤恵一
  • クライオトップ法による超急速ガラス化保存のコツ:生存率99%の方法
    桑山正成
  • 単一割球に対するFISH解析のための有効的な固定法の検討
    青山直樹
  • 卵巣組織のガラス化保存と自家移植に関する研究
    香川則子
  • 卵胞穿刺時の卵胞径と採取卵子の成熟および胚発生能の関係
    内山一男
  • 紡錘体の位置と胚発生能の関係
    菊池理仁
  • 胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討
    嶋田奈央子
  • 体外受精不受精卵子に対する顕微授精による再媒精の有用性
    坂本恵美
2007.00 第24回日本受精着床学会
  • Clomiphene Citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH抑制効果の検討/河内谷敏
  • 自然周期採卵・胚移植(SF-SET)1301症例の検討/瀬川智也
  • 卵管留水腫合併不妊症患者に対する腹腔鏡下卵管保存手術後の治療効果検討/加藤恵一
  • 採卵時未成熟卵子の体外受精後における媒精方法の検討/内山一男
  • ガラス化保存前の拡張胚盤胞における非侵襲的胞胚腔収縮処理の有用性/林輝明
2007.00 第33回日本低温生物医学会
  • 卵巣組織のガラス化保存に関する研究 / 香川則子
2007.00 第11回日本臨床エンブリオロジスト学会
  • 染色体転座保因者における胚染色体異常率の推定によるIVFカウンセリングの有用性/青山直樹
  • 高齢不妊患者(40歳以上)にICSIは有効なのか/内山一男
  • ヒト卵子における超急速冷却ガラス化保存法の有用性の評価/家田祥子

PAGE TOP

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Natural IVF cycles may be desirable for women with repeated failures by stimulated IVF cycles. J Assist Reprod Genet. 2007 25;4: 163-7.
    Matsuura T., Takehara Y., Kaijima H., Teramoto S., Kato O.
  • Adenomyosis in a patient with mosaic Turner syndrome: case report. Arch Med Sci 2007 4;1: 1-4.
    Kojima R., Nakagawa K., Ohgi S., Horikawa T., Kawachiya S., Saito H.
  • Successful vitrification method for cattle and human ovarian tissue. Reprod Bio Med Online. 2007 (in press)
    Noriko Kagawa, Sherman Silber, Masashige Kuwayama

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Highly efficient vitrification for cryopreservation of human oocytesand embryos: The CryoTop method. Theriogenology. 2007 67;1: 73-80.
    Kuwayama M.
  • Oocytes Cryopreservation J. Mamm. Ova Res. 2007 24;1: 2-7.
    Kuwayama M.
  • Comparison of concomitant outcome achieved with fresh and cryopreserved donor oocytes vitrified by the Cryotop method. Fertility and Sterility. 2008 89;6: 1657-1664.
    Cobo A., Kuwayama M
  • Piglets born from vitrified cloned blastocysts produced with a simplified method of delipation and nuclear transfer. Cloning and Stem cells. 2007 9;4: 469-476.
    Yutao Du., Kuwayama M
  • Minimal ovarian stimulation with clomiphene citrate: a large-scale retrospective study. Reprod Biomed Online. 2007 15;2: 134-48.
    Teramoto S., Kato O
  • Production of the first offspring from oocytes derived from fresh and cryopreserved pre-antral follicles of adult mice. Reprod Biomed Online. 2007 14;6 :693-9.
    Kagawa N., Kuwayama M., Nakata K., Vajta G., Silber SJ., Manabe N., Kato O
  • Bone marrow derived cells are involved in the pathogenesis of cardiac hypertrophy in response to pressure overload. Circulation. 2007 116;10 :1176-84.
    Endo J., Sano M.*, Fujita J.*, Hayashida K.*, Yuasa S.*, Aoyama N., Takehara Y., Kato O., Makino S.*, Ogawa S.*, Fukuda K.*.*(Keio University School of Medicine)

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Clomiphene citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH surge抑制効果の検討. 日本受精着床学会雑誌. 2007 24;1:59-61.
    河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 体外受精胚移植での胚移植数と多胎妊娠の頻度についての検討. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2006 55;4:493-496.
    河内谷敏, 瀬川智也, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前診断の進歩と日本の現状.日本遺伝カウンセリング学会誌. Jap J Genet Counsel. 2007 28:13-19.
    青山直樹 黒田知子 竹原祐志 加藤修
  • 体外受精-胚移植において血清クラミジア抗体価が胚盤胞移植法選択の指標となりうるか 日本性感染症学会誌. 2007 18; 1: 84-88.
    山下直樹, 藤野祐司, 井上正樹
  • 経膣超音波検査と血清oestradiol測定による卵胞評価が自然周期人工授精の妊娠率を改善するかどうかの検討. J. Mamm. Ova Res. 2007 24: 57-60.
    山下直樹, 藤野祐司

学術書籍

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Clomiphene citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH surge抑制効果の検討. 日本受精着床学会雑誌. 2007 24;1:59-61.
    河内谷敏, 瀬川智也, 加藤恵一, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 体外受精胚移植での胚移植数と多胎妊娠の頻度についての検討. 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2006 55;4:493-496.
    河内谷敏, 瀬川智也, 藤田欣子, 宮内修, 内田律子, 勝股克成, 末吉智博, 渡邊芳明, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 貝嶋弘恒, 寺元章吉, 加藤修
  • 着床前診断の進歩と日本の現状.日本遺伝カウンセリング学会誌. Jap J Genet Counsel. 2007 28:13-19
    青山直樹 黒田知子 竹原祐志 加藤修
  • 体外受精-胚移植において血清クラミジア抗体価が胚盤胞移植法選択の指標となりうるか 日本性感染症学会誌. 2007 18; 1: 84-88.
    山下直樹, 藤野祐司, 井上正樹
  • 経膣超音波検査と血清oestradiol測定による卵胞評価が自然周期人工授精の妊娠率を改善するかどうかの検討. J. Mamm. Ova Res. 2007 24: 57-60.
    山下直樹, 藤野祐司

商業雑誌

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 「胚の凍結保存法」臨床婦人科産科
    桑山正成
  • エストロゲンとその代謝酵素の関連疾患、多嚢胞卵巣症候群患者に対するアロマターゼ阻害剤の臨床応用, 産婦人科の実際, 56;8:1193-1198.
    瀬川智也, 加藤修

PAGE TOP

学会発表(海外)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2006.00 The International 0varian Conference (Yokohama)
  • Normal live birth from cryopreserved ovarian tissues of adult mice by vitrification. (the Best Poster Awards受賞)
    香川則子
2006.00 13th International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy(Kyoto)
  • Effectiveness of prenatal chromosomal analysis for cases with increased nuchal translucency thickness
    竹原祐志
2006.00 European Society of Human Reproduction Embryology (Praha)
  • Intra-Fallopian Tube Embryo Recurrence: F.E.R Evidences in Mouse Model and Clinical Application
    加藤修
  • Cryopreserving timing of supernumerary embryos in eSET
    寺元章吉
  • Highly efficient vitrification method for clinical cryopreservation of human oocytes
    桑山正成
  • Production of offspring from cryopreserved preantral follicles of adult mice.
    香川則子
2006.00 American Society Reproductive Medicine (New Orleans)
  • A comparison between recombinant FSH and urinary hMG with regard to their efficacy in the clomiphene cycle
    寺元 章吉
  • The effectiveness of clomiphene citrate in suppressing the LH surge in the minimal stimulation IVF protocol
    河内谷敏
  • Results of natural cycle IVF and SET in 1301 patients
    瀬川智也
  • A simple and efficient method of blastomere fixation for preimplantation genetic diagnosis of aneuploidy with Interphase FISH
    青山直樹
  • Vitrification may be a promising approach for cryopreservation of human ovarian tissue for auto-and xenotransplantation.
    香川則子
  • The International Symposium on Cancer & Reproduction (Valencia)
  • Ovarian Tissue Vitrification.
    香川則子

PAGE TOP

学会発表(国内)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2006.00 第58回日本産科婦人科学会学術講演会
  • 当院における多胎妊娠およびSingle embryo transfer(SET)に関する臨床検討
    加藤恵一
2006.00 第51回日本生殖医学会大会
  • Clomiphene周期におけるrecombinantFSH製剤(Follistim)投与開始日の検討
    寺元章吉
  • PCOSに対するレトロゾールの排卵誘発効果の検討
    河内谷敏
  • 子宮内膜増殖症合併不妊患者に対する内膜病変治療後の妊娠成績
    加藤恵一
  • クライオトップ法による超急速ガラス化保存のコツ:生存率99%の方法
    桑山正成
  • 単一割球に対するFISH解析のための有効的な固定法の検討
    青山直樹
  • 卵巣組織のガラス化保存と自家移植に関する研究
    香川則子
  • 卵胞穿刺時の卵胞径と採取卵子の成熟および胚発生能の関係
    内山一男
  • 紡錘体の位置と胚発生能の関係
    菊池理仁
  • 胚盤胞移植における一卵性多胎発生率に関する検討
    嶋田奈央子
  • 体外受精不受精卵子に対する顕微授精による再媒精の有用性
    坂本恵美
2006.00 第24回日本受精着床学会
  • Clomiphene Citrateを用いたMinimal stimulation IVF protocolにおけるLH抑制効果の検討
    河内谷敏
  • 自然周期採卵・胚移植(SF-SET)1301症例の検討
    瀬川智也
  • 卵管留水腫合併不妊症患者に対する腹腔鏡下卵管保存手術後の治療効果検討
    加藤恵一
  • 採卵時未成熟卵子の体外受精後における媒精方法の検討
    内山一男
  • ガラス化保存前の拡張胚盤胞における非侵襲的胞胚腔収縮処理の有用性
    林輝明
2006.00 第33回日本低温生物医学会
  • 卵巣組織のガラス化保存に関する研究
    香川則子
2006.00 第11回日本臨床エンブリオロジスト学会
  • 染色体転座保因者における胚染色体異常率の推定によるIVFカウンセリングの有用性
    青山直樹
  • 高齢不妊患者(40歳以上)にICSIは有効なのか
    内山一男
  • ヒト卵子における超急速冷却ガラス化保存法の有用性の評価
    家田祥子

PAGE TOP

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • The efficacy and safety of managing ectopic pregnancies with transvaginal ultrasound-guided local injections of absolute ethanol. JARG
    貝嶋弘恒
  • Highly efficient vitrification for cryopreservation of human oocytes and embryos: The CryoTop method. Theriogenology
    桑山正成
  • Improving cryopreservation systems. Theriogenology.
    桑山正成
  • Production of the first offspring from growing oocytes of fresh andcryopreserved preantral follicles of adult mice. Reproductive BioMedicine Online.
    香川則子

PAGE TOP

学会発表(海外)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2005.00 12th World Congress on Human Reproduction (Italy)
  • Intra-uterine transferred embryos on day 2 move back into and develop in the fallopian tube.
    加藤 修
  • Vitrification of Human Oocytes and Embryos The CryoTip method :Sterile Version of Vitrification.
    桑山 正成
2005.00 13th World Congress on In Vitro Fertilization(Turky)
  • Movement of the Embryos into Fallopian Tubes from Uterus after Transfer.
    加藤 修
  • Clomiphene Natural Cycl.
    寺元 章吉
  • New Approach for PCO treatment.
    竹原 祐志
  • The CryoTip method:Sterile vitrification of human oocytes and embryos.
    桑山 正成
2005.00 European Society of Human Reproduction and Embryology (Denmark)
  • CryoTip: aseptic vitrification of oocytes and embryos.
    桑山正成
2005.00 American Society for Reproductive Medicine2005(Canada)
  • Effects of aromatase inhibitor letrozole in PCO infertile patients for moderate ovulation.
    瀬川 智也
  • The CryoTip Method: Aseptic Vitrification of Oocytes and Embryos.
    桑山 正成
  • Update on Clinical Efficiency of the Vitrification Method for Human Oocytes in an In Vitro Fertilization Program.
    沖村 匡史

PAGE TOP

学会発表(国内)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2005.00 第50回日本不妊学会大会
  • 胚移植における卵管回帰説
    加藤 修
  • ARTの成果を判断する新指標
    寺元 章吉
  • 内外同時妊娠における外妊部位無水エタノール局?注の有効性と安全性
    貝嶋 弘恒
  • PCO患者におけるletrozoleの使用に関する検討
    瀬川 智也
  • Cryotopを用いたガラス化保存MII卵子における紡錘体および染色体の解析-ウシモデルを用いた安全性評価試験-
    青山 直樹
  • 閉鎖系超急速冷却ガラス化保存 CryoTip法の有用性の検討
    家田 祥子
  • ガラス化保存されたマウス卵巣組織内発育途上卵母細胞からの正常産子の作出
    香川 則子
  • 媒精前の透明帯の厚さ測定は媒精方法の判断基準となりうるか
    内山 一男
  • 凍結胚盤胞移植におけるAssisted hatching (AH)の有効性
    菊池 理仁
2005.00 第23回日本受精着床学会
  • 胚移植における卵管回帰説(Theory of Intra-Fallopian Tube Embryo Recurrence: F. E. R.)2-臨床への応用-
    加藤 修
  • 不育卵子の細胞質置換による発生能改善
    桑山 正成
  • 閉鎖系超急速冷却ガラス化保存法 CryoTipの臨床成績
    家田 祥子
  • 胚移植における卵管回帰説(Theory of Intra-Fallopian Tube Embryo Recurrence: F. E. R.)1-マウスモデルにおける実証試験-
    中田 久美子
  • ガラス化保存されたマウス卵巣組織内発育途上卵母細胞からの産仔
    香川 則子
  • 透明帯脱出卵子のRescue-IVF(Zona-free-culture)の試み
    内山 一男
  • 孵化胚盤胞のガラス化保存前収縮処理による生存率改善の試み
    林 輝明
2005.00 第105回日本畜産学会
  • 超急速冷却法を用いたウシ体外成熟卵子および胚盤胞のガラス化保存
    家田 祥子
2005.00 第98回日本繁殖生物学会
  • ガラス化保存された成体マウス卵巣組織の前胞状卵胞内卵母細胞からの正常産子作出
    香川 則子
2005.00 第32回日本低温医学会
  • ガラス化保存法により凍結保存されたマウス卵巣組織からの正常産子の作出
    香川 則子

PAGE TOP

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Vitrification demonstrates significant improvement versus slow freezing of human blastocysts. Reproductive BioMedicine Online.
    桑山 正成
  • Evidence-based embryo Cryopreservation. J.Mamm.Ova Res.
    桑山 正成
  • Highly efficient vitrification method for cryopreservation of human oocytes. Reproductive BioMedicine Online.
    桑山 正成
  • Comparison of open and closed methods for vitrification of human embryos and the elimination of potential contamination. Reproductive BioMedicine Online.
    桑山 正成
  • Growth and Maturation of Follicles and Oocytes Following Xenotransplantation of Porcine Ovarian Tissues and In Vitro Maturation. J Reprod Dev.
    香川 則子

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • エビデンスに基づいた胚凍結保存. J.Mamm.Ova Res.
    桑山 正成
  • マウス未受精卵のVitrification.J.Mamm.Ova Res.
    桑山 正成、家田 祥子

PAGE TOP

学会発表(海外)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2004.00 American Society for Reproductive Medicine2004(USA)
  • The efficacy of selected single embryo transfer (SET) with vitrification.
    寺元 章吉
  • Pregnancies resulting from transfer of human blastocysts vitrified by the minimum-volume-cooling methods.
    桑山 正成
  • Effect of germinal vesicle transfer on in vitro development of defective oocyte from old mouse.
    中田 久美子
2004.00 European Society of Human Reproduction and Embryology2004 (Germany)
  • The efficacy of single embryo transfer with vitrification.
    寺元 章吉
  • Clinical efficiency of vitrification for cryopreservation of human embryos.
    桑山 正成
2004.00 The 5th World Congress on Controversies in Obsterics, Gynecology and Infertility(USA)
  • New Approach for PCOS Treatment “NEP”
    加藤 修
2004.00 Society for the Study of Reproduction2004(Canada)
  • In vitro development of human secondary spermatocytes and round spermatids of maturation arrest patients by the calcium aliginate encapsulation three demention culture method (CA3-DCM)
    青野 文仁
2004.00 Egyptian Afro-Asian Assisted Fertilization and Conception Association(Egypt)
  • Back to the Nature on ART: Successful Pregnancy after Intrauterine Transfer of Oocytes [OUT] into Women after Intercourse.
    加藤 修
  • Human Embryo Vitrification as an Alternative to Cryobanking.
    桑山 正成
2004.00 4th  Pacific Rim. Conf. Fertility & Sterility
  • Back to the Nature on ART: Successful Pregnancy after Intrauterine Transfer of Oocytes [OUT] into Women after Intercourse.
    加藤 修
2004.00 International Symposium of ART and Cryopreservation(Mexico)
  • Successful vitrification of human oocytes and embryos.
    桑山 正成
2004.00 International symposium for human ART(Colombia)
  • Successful vitrification of human oocytes and embryos.
    桑山 正成
2004.00 ESDOR(Poland)
  • Vitrification of human oocytes and embryos.
    桑山 正成

PAGE TOP

学会発表(国内)

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2004.00 第49回日本不妊学会/第22回日本受精着床学会
  • ARTのQuality assurance 当院におけるART成功率向上のための総合的戦略
    加藤 修
  • 余剰胚凍結にガラス化保存を用いた反復選択的1胚移植(SET)の有用性
    寺元 章吉
  • 胚盤胞1胚移植に対するガラス化保存の有用性
    桑山 正成
  • 超高速遠心分離法によるGV卵子内ミトコンドリアの極在化
    青木 麻紀子
  • ヒト卵子におけるガラス化保存法の有用性の評価
    家田 祥子
  • 老齢の繁殖障害マウス由来卵子のGV置換による体外発生能の改善
    中田 久美子
  • 凍結保存されたアダルトマウス卵巣組織からの正常産仔の作出
    香川 則子
  • 凍結融解胚盤胞移植におけるZonafree laser assisted hatching(LAH) の有用性
    内山 一男
  • Day2移植後余剰胚:どのステージで凍結すべきか?
    菊池 理仁
  • 凍結時透明帯内径と融解移植後着床率より検討した胚盤胞至適凍結時間
    嶋田 奈央子

PAGE TOP

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Cryopreservation of porcine embryos derived from in vitri- matured oocytes. Biology of Reproduction.
    桑山 正成
  • Improved Survival of Vitrified in vivo-derived porcine embryos. J. Reprod. Develop.
    桑山 正成
  • Effect of cryodevice type and donor’s sexal maturity on vitrification of minke whale oocytes at germinal vesicle stage. Zygote.
    桑山 正成
  • High survival rate of bovine oocytes matured in vitro following vitrification. J Reprod Dev.
    桑山 正成

PAGE TOP

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2003.00 International embryo transfer society
  • Birth of a normal calf after transfer of the defective oocyte from old infertile cattle after germinal vesicle transfer
    桑山 正成
2003.00 臨床エンブリオロジストの会
  • Cryotopを用いたガラス化保存/畑 景子
2003.00 低温生物工学会
  • ヒト前核期胚および胚盤胞におけるガラス化保存法の臨床的有用性
    畑 景子
2003.00 第3回エンブリオロジストのためのARMTフォーラム
  • 未成熟卵、未受精卵のVitrificationの現況
    桑山 正成
2003.00 第6回急性期医療研究会
  • 不妊治療最前線-クローン技術のもたらす臨床的課
    桑山 正成
2003.00 European society of human reproduction and embryology
  • Production of normal mouse young after transfer of reconstructed oocyte
    青野 文仁
2003.00 日本繁殖生物学会
  • HVJエンベロープにより細胞融合を行ったウシ卵核胞期再構築卵子の体外発生能の検討
    青野 文仁
2003.00 日本不妊学会
  • 連続反復不成功例における胚盤胞移植の有用性
    寺元 章吉
  • 胚盤胞培養における抗酸化剤添加の効果について
    内山 一男
  • 新鮮および凍結融解胚盤胞移植についての検討/小林 保 ・ヒト前核期胚および胚盤胞における新しい密封型ガラス化保存法(Vitritip法)の有用性
    畑 景子
  • 間期核FISH染色体検査における効率的な前処理方法の検討
    青山 直樹
2003.00 American society for reproductive medicine
  • Successful sterile vitrification of human zygotes and blastocysts.
    畑 景子
2003.00 APART(Tokyo)
  • Successful vitrification of human oocytes and embryos
    桑山 正成
  • Rejuvenescent of defective oocytes from age-related infertile females by ooplasm replacement using  germinal vesicle transfer
    青野 文仁
  • Clomiphene cycle
    寺元 章吉
  • Back to the nature on ART: Successful pregnancy after intrauterine transfer of oocytes (OUT) into women  after intercourse
    加藤 修
  • A successful method for two sequential FISH for PGD-Efficient pretreatment for interphase FISH  with RNase and pepsin-
    青山 直樹
  • In vitro and in vivo assessment of mouse MⅡ oocytes survivability after sterile-vitrification using vitritip
    畑 景子
  • Polarization of the mitochondria in GV stage oocytes by the high-speed centrifugal separation method
    加藤 恵一
  • Successful assisted hatching (zona free) method for cryo-blastocyst transfer
    森田 大
  • Effect of antioxidant additives on human blastocyst culture
    内山 一男
  • Relationship of spindle damages and multiple pronuclei formation in ICSI oocytes
    内山 一男
2003.00 大阪IVF研究会
  • Low responderにおけるクロミフェン周期採卵の有用性
    寺元 章吉

PAGE TOP

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2002.00 World Congress of Human Reproduction
  • Assisted activation for oocytes by donor sperm
    青野 文仁
2002.00 European Society of human Reproduction and Embryology
  • Assisted activation for oocytes by donor sperm
    青野 文仁
2002.00 American Society for Reproductive Medicine
  • Production of a healthy calf after transfer of the embryo originated from rejuvenated defective oocytes from age-related infertile cattle by germinal vesicle transfer
    桑山 正成
  • In vitro development and differentiation of spermatogenic cells from testicular tissue of patients with azoospermia in a three dimensional (3D) culture syste
    Yinzhong Bing
2002.00 PRSF
  • When should the cryopreserved pronuclear stage embryos be transferred in ovulated cycle?
    小林 保
2002.00 A PART(Vienna)
  • Rejuvenescent of deffective oocytes from age-related infertile women by GV-transfer
    加藤 修
  • Improved implantation rate by drainage of hydrosalpinx in blastocyst transfer
    貝嶋 弘恒
2002.00 日本不妊学会
  • 凍結融解胚盤胞移植におけるAssisted hatching(Zona free)
    森田 大
  • ガラス化保存過程におけるマウスMⅡ卵子の障害とその形態学的所見
    畑 景子
  • 子宮外妊娠における無水エタノール局注の有効性
    貝嶋 弘恒
  • 高齢者不妊治療におけるクロミフェン・HMG-GnRHa周期採卵の有効性
    寺元 章吉
  • 排卵周期凍結融解胚移植はいつが最適か?
    小林 保
  • 結合型エストロゲン製剤(プレマリン)による月経周期調節後の卵子の質に関する検討
    寺元 章吉
  • ICSIニードルによる卵子紡錘体損傷と異常受精との相関
    内山 一男
  • 除核ドナー卵子へのGV移植によるヒト老化卵子の発生能改善効果
    桑山 正成
  • マウス卵核胞期卵子への凍結および核移植処理がその後の体外成熟に及ぼす影響
    青野 文仁
2002.00 大阪IVF研究会
  • 日本発―採卵法を変えよう 自然(クロミフェン)周期採卵のこつと利点
    加藤 修

PAGE TOP

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2001.00 哺乳動物卵子学会
  • Maturation arrestに対する新治療法
    青野 文仁
2001.00 不妊症新治療ワークショップ
  • 未受精卵のVitrification法/桑山 正成
2001.00 日本受精着床学会
  • Spindle Viewによるヒト卵子の評価
    大久保 毅
2001.00 日本不妊学会
  • Cryotopを用いた前核期胚および胚盤胞のガラス化保存
    畑 景子
  • Spindle Viewを用いたMⅡSpindleによるヒト卵子の評価法
    大久保 毅
  • STRフラグメント解析を用いたSingle Haploid DNAからの個人鑑定法の確立
    青木 麻紀子
  • 胚移植後早期におけるβHCGおよびP4値の推移に関する検討
    小林 保
  • ウシ円形精子細胞を用いた体外精子完成培養法の検討
    青野 文仁
  • クロミフェン―HMG周期におけるGnRHaによるLHサージ誘発後採卵の有用性
    寺元 章吉
  • 体外受精由来ヒト胚の1胚培養における至適培養液量の検討
    菊池 理仁
  • 除核ドナー卵子へのGV移植による老化卵子の発生能改善効果(ウシモデル試験結果
    桑山 正成
  • 核移植産子の安全性に関する検討
    水野 仁二
  • 卵管水腫合併不妊例における水腫吸引術後胚盤胞移植の有効性
    奥野 隆
  • 胚の発生速度による品質評価法の検討
    内山 一男
  • 着床前遺伝子診断のためのSpindle ViewTMを用いた効率的な生検割球選択方法の検討(マウスモデル試験)
    青山 直樹
2001.00 大阪IVF研究会
  • 加藤レディスクリニックのICSI法について
    内山 一男
  • Cryotopを用いたガラス化保存法の実際
    畑 景子
  • NEW ARTにおける夢舞台―細胞質置換による高齢不妊患者由来卵子の発生能の改善―
    加藤 修

PAGE TOP

PAGE TOP