MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2013年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2013.10.12-17 American Society For Reproductive Medicine (ASRM) 69th Annual Meeting (Boston, United States)
  • Neonatal outcome and birth defects in 2, 821 singletons born following minimal ovarian stimulation and fresh cleavage versus vitrified blastocyst single embryo transfer
    Kato K, Kuroda T, Kawasaki N, Okuno T, Kobayashi T, Kato O.
  • Cumulative pregnancy rates after minimal ovarian stimulation for in Vitro fertilization
    Abe T, Fukuda J, Okimura T, Kobayashi T, Kato O, Kato K.
  • Establishment of Day 7 blastocyst criteria for frozen-thawed single blastocyst transfer
    Ueno S, Okimura T, Uchiyama K, Kato O, Kato K.
  • The restorative effects of adipose derived mesenchymal stem cells (A-MSCs) on damaged ovaries
    Ezoe K, Yabuuchi A, Kuroda T, Aoyama N, Kato O, Kato K.
2013.10.14 ASRM/IFFS meeting 2013, Japanese regional meeting JSRM in Boston (Boston, United States)
  • Current advances in natural/mild ovarian stimulation IVF
    Kato K
2013.9.27-29 2013 IVF meeting in Shanghai(Shanghai, China
  • Oocyte retrieval in natural cycles in IVF: the key points and treatment for cases of refractory infertility
    Kato K
  • A newly developed desktop incubator is efficient, reduces the risk of contamination and improves cost-efficiency
    Okimura T
2013.9.4-7 17th International Society for In Vitro Fertilization(Tunis, Tunisia)
  • Current status of the natural and mild stimulation cycle IVF
    Kato K, Osada H, Kato O
  • Restoring damaged ovarian function via transplantation of adipose derived mesenchymal stem cells
    Yabuuchi A, Kato O, Kato K
2013.7.7-10 The 29th Annual meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology (ExCeL London, London, United Kingdom)
  • Promoting angiogenesis via transplantation of adipose derived mesenchymal stem cells in damaged ovaries
    Yabuuchi A, Ezoe K, Kuroda T, Aoyama N, Aono F, Takehara Y, Kato O, and Kato K.
  • Hydroxypropyl Cellulose as a novel cryoprotectant for oocyte/embryo vitrifications
    Mori C, Yabuuchi A, Ezoe K, Takayama Y, Aono F, Kato K.
2013.4.17-19 3rd Malaysian Reproductive Medicine Congress(Kuala Lumpur, Malaysia)
  • Clinical result on minimal stimulation combined with elective SET.
    Kato K, Kato O.
  • Key Clinical practices of a Successful ART Centre.
    Kato K.
2013.3.22-24 6th ISMAAR World Congress on Mild Approaches in Assisted Reproduction(Nanjing, China
  • Advances in natural and mild stimulation cycle IVF
    Kato K, Kato O.
  • The current approach to oocytes vitrification for cancer patients in Japan. Multicenter Clinical research group in A-PART Japan for fertility preservation of blood cancer women
    Aoyama N, Aono F, Teramoto S, Kamiya H, Ochi M, Kato K, Kato O, Utsunomiya T.

PAGE TOP

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2013.12.10 第31回日本脳腫瘍学会学術集会 (宮崎県宮崎市 フェニックスシーガイヤ
  • 教育講演 悪性腫瘍患者の妊孕性温存の現状
    加藤恵一
2013.11.23 東京ARTコホート研究 市民公開シンポジウム, 生殖医療と子どもの成長(東京都文京区 東京大学伊藤国際学術研究センター)
  • 生殖医療と身体の成長・発達
    黒田知子, 川崎奈美, 竹原祐志, 加藤恵一
2013.11.15-16 第58回日本生殖医学会学術講演会・総会(兵庫県神戸市 神戸国際会議場)
  • 累積生産率による自然周期・低刺激の治療評価
    阿部崇, 福田淳一郎, 湯暁暉, 和田恵子, 谷田部典之, 篠原一朝, 勝股克成, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 長田尚夫, 加藤修, 加藤恵一
  • 加藤レディスクリニックにおける乳がん患者卵子・胚凍結保存の現状
    高山優子, 森智絵美, 青野文仁, 薮内晶子, 沖村匡史, 内山一男, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • Day5およびDay6に凍結した拡張胚盤胞のサイズが臨床妊娠率に及ぼす影響
    金子繁, 上野智, 沖村匡史, 内山一男, 和田恵子, 加藤恵一, 加藤修
  • ヒドロキシプロピルセルロース添加凍結保存液の有用性の検討-マウス凍結胚移植で得られた産仔の経過観察-
    森智絵美, 村田奈々, 高山優子, 薮内晶子, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 腕間逆位保因者(46, XY, inv(2)(p16q31))の精子染色体分析-着床前診断希望の反復流産夫婦に対する情報提供資料としての有用性の検討-
    青山直樹, 黒田知子, 川崎奈美, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤修, 加藤恵一
  • マウス脂肪組織由来間葉系幹細胞の局所注入による卵巣機能改善
    薮内晶子, 江副賢二, 村田奈々, 黒田知子, 青山直樹, 阿部崇, 奥野隆, 小林保, 加藤修, 加藤恵一
  • シクロフォスファミド投与がマウス卵巣へ及ぼす長期的影響
    江副賢二, 薮内晶子, 村田奈々, 加藤修, 加藤恵一
  • TeratozoospermiaにおけるIMSIの有効性について
    内山一男, 上野智, 沖村匡史, 福田淳一郎, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • 顕微授精を行ったzona-free卵子の臨床成績
    上野智, 内山一男, 沖村匡史, 加藤修, 加藤恵一
2013.10.5 第155回染色体研究会(東京都新宿区 東京医科大学病院 第2講堂)
  • 腕間逆位保因者(46, XY, inv(2)(p16q31))の精子染色体分析
    青山直樹, 黒田知子, 川崎奈美, 梅田果林, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤修, 加藤恵一
2013.9.7-8 第16回 日本IVF学会(神奈川県横浜市・パシフィコ横浜)
  • シンポジウム1 高齢症例と卵子の過熟に対するラボの対応
    卵細胞質置換研究の現状

    青野文仁, 薮内晶子, 加藤恵一
  • 夫の加齢および媒精方法が受精後卵子発生能に及ぼす影響
    河野博臣, 沖村匡史, 内山一男, 山崎裕行, 福田淳一郎, 小林保, 奥野隆, 加藤恵一, 加藤修
  • マイクロスコープを用いた非開閉式観察法による培養環境安定化の試み
    森田博文, 内山一男, 沖村匡史, 福田淳一郎, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
2013.8.8-9 第31回日本受精着床学会(大分県別府市 別府国際コンベンションセンター)
  • 公開市民講座 がん患者と生殖医療
    未婚女性造血器疾患患者の卵子凍結保存、A-PART日本支部の経験から

    青野文仁
  • PGDシンポジウム「これまでの臨床結果とこれからの着床前診断」
    着床前診断実施施設の課題と問題点

    青山直樹
  • ランチョンセミナー 胚培養士から見た難治症例と胚の選択
    難ICSI症例への対応と胚培養環境改善のための工夫

    内山一男
  • 胚盤胞凍結保存液におけるヒドロキシプロピルセルロースの有用性
    森智絵美, 高倉啓, 薮内晶子, 村田奈々, 阿部宏之, 勝股克成, 福田淳一郎, 青野文仁, 小林保, 加藤恵一
  • ラット脂肪組織由来間葉系幹細胞の局所注入が卵巣機能改善に及ぼす影響
    薮内晶子, 江副賢二, 村田奈々, 黒田知子, 山崎裕行, 福田淳一郎, 竹原祐志, 青野文仁, 奥野隆, 加藤修, 加藤恵一
  • 卵胞期中期の血中FSH値とART成績の検討~tailor-made treatmentを目指して~
    福田淳一郎, 土山哲史, 阿部崇, 和田恵子, 勝股克成, 山崎裕行, 谷田部典之, 篠原一朝, 倪暁文, 湯暁暉, 奥野隆, 小林保, 長田尚夫, 加藤修, 加藤恵 一
  • IX-ROBOpolarにおける紡錘体不可視卵子と可視卵子のICSI成績の比較
    内山一男, 森田博文, 島崎精恵, 上野智, 水野仁二, 沖村匡史, 福田淳一郎, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤 修
  • 夫の加齢および媒精方法が受精後卵子発生能に及ぼす影響
    河野博臣, 沖村匡史, 内山一男, 山崎裕行, 福田淳一郎, 小林保, 奥野隆, 加藤恵一, 加藤修
  • 排卵誘発を目的としたhCG投与は前受容期の子宮内膜におけるステロイドホルモン受容体の発現に影響を与える
    江副賢二, 薮内晶子, 村田奈々, 阿部崇, 福田淳一郎, 青野文仁, 加藤修, 加藤恵一
  • HTFのpH調整法と臨床使用成績
    水野仁二, 青野文仁, 沖村匡史, 内山一男, 福田淳一郎, 和田恵子, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • マイクロスコープを用いた非開閉式観察法
    森田博文, 内山一男, 沖村匡史, 福田淳一郎, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • 卵子回収から顕微授精完了までの経過時間が胚の発生に及ぼす影響
    伊藤基樹, 上野智, 沖村匡史, 水野仁二, 内山一男, 阿部崇, 福田淳一郎, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • Cryotop法凍結融解液(TS液)への凍結保護物質の有無が胚の生存性に及ぼす影響
    高山優子, 森智絵美, 内山一男, 沖村匡史, 薮内晶子, 和田恵子, 福田淳一郎, 青野文仁, 小林保, 加藤恵一
2013.6.20-23 第37回日本遺伝カウンセリング学会(神奈川県川崎市 川崎市産業振興会館)
  • 着床前診断を施行した均衡型染色体構造異常保因者夫婦における羊水検査の位置付け
    梅田果林, 黒田知子, 川崎奈美, 福田淳一郎, 阿部 崇, 青山直樹, 青野文仁, 加藤恵一
2013.5.25-26 第54回日本卵子学会(東京都千代田区・学術総合センター)
  • ラット脂肪組織由来間葉系幹細胞の局所注入による卵巣の血管新生促進
    薮内晶子, 江副賢二, 村田奈々, 黒田知子, 青山直樹, 青野文仁, 山崎裕行, 福田淳一郎, 竹原祐志, 加藤修, 加藤恵一
  • 胚凍結保存液におけるヒドロキシプロピルセルロースの有用性
    森智絵美, 薮内晶子, 江副賢二, 高山優子, 青野文仁, 加藤修, 加藤恵一
  • ART培養液の安全なpH調整法の検討
    水野仁二, 青野文仁, 沖村匡史, 内山一男, 勝股克成, 和田恵子, 加藤恵一
2013.5.10-12 第65回日本産科婦人科学会(北海道札幌市・ロイトン札幌/ホテルさっぽろ芸文館/札幌プリンスホテル/札幌市教育文化会館)
  • 体外受精胚移植後の単胎妊娠周産期予後について~低刺激および完全自然周期による採卵後の単一胚移植での検討~
    加藤恵一, 土山哲史, 阿部崇, 福田淳一郎, 篠原一朝, 谷田部典之, 山崎裕行, 勝股克成, 奥野隆, 小林保, 竹原祐志, 加藤修
  • 不妊治療のための投薬が次周期に与える影響~医原性不妊の可能性を考える~
    福田淳一郎, 加藤恵一, 阿部崇, 奥野隆, 勝股克成, 小林保, 篠原一朝, 和田恵子, 竹原祐志, 加藤修
2013.4.20 第147回関東生殖医学会(東京都新宿区・持田製薬(株)ルークホール)
  • 当院の自然周期・低刺激周期における年齢別妊娠率の検討
    阿部崇, 湯暁暉, 土山哲史, 福田淳一郎, 和田恵子, 篠原一朝, 谷田部典之,
    勝股克成, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 長田尚夫, 加藤恵一, 加藤修
  • Conventional IVFにおける媒精精子数と受精率の関係
    土屋龍馬, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 山崎裕行, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
  • 男性不妊症例TESE, PESAおよびsevere oligozoospermia における治療成績の比較
    森田博文, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 阿部崇, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一, 加藤修
2013.3.3 日本生殖医療心理カウンセリング学会 第10回学術集会(宮城県仙台市・ホテルメトロポリタン仙台)
  • 着床前診断を希望した均衡型染色体構造異常保因者夫婦の心理的葛藤
    梅田果林, 黒田知子, 川崎奈美, 福田淳一郎, 阿部崇, 青山直樹, 青野文仁, 加藤修, 加藤恵一
2013.1.12-13 第18回 日本臨床エンブリオロジスト学会 (静岡県浜松市・アクトシティ浜松コングレスセンター)
  • ワークショップ「Cryotop Safety Kitによる超急速ガラス化保存」
    青野文仁
  • シンポジウム「ラボワークのトラブル回避と管理法」卵子・胚取り扱い時の
    アクシデントリカバリーについて

    内山一男
  • 凍結保存液へのヒドロキシプロピルセルロース添加の有用性
    森智絵美, 井上太綬, 青野文仁, 加藤修
    ★ポスター発表フェリングファーマ賞・受賞

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 「卵巣組織凍結・移植 新しい妊孕性温存療法の実践」第8章 卵巣組織のガラス化保存法:Cryotissue Safety Kit
    医歯薬出版株式会社. 10-17. 2013
    森智絵美, 加藤恵一
  • 「がん・生殖医療 妊孕性温存の診療」第3章妊孕性温存療法の実際、16. 卵子凍結.
    医歯薬出版株式会社. 136-145. 2013
    竹原祐志, 青野文仁, 加藤恵一
  • 「がん・生殖医療 妊孕性温存の診療」第5章妊孕性温存療法の試み-ガイドラインなど、31. A-PARTの取組.
    医歯薬出版株式会社. 265-274. 2013
    青野文仁, 宇津宮隆史, 加藤恵一
  • The restorative effects of adipose-derived mesenchymal stem cells on damaged ovarian function.
    Lab Invest. 93(2): 181-93. 2013
    Takehara Y, Yabuuchi A, Ezoe K, Kuroda T, Yamadera R, Sano C, Murata N, Aida T, Nakama K, Aono F, Aoyama N, Kato K, Kato O.

PAGE TOP