MENU

医師のご紹介

当院創設者 故 加藤 修

当院創設者 故 加藤 修

当院創設者で前院長の加藤 修は、去る2014年3月逝去いたしました。
故人は1972年に金沢大学医学部を卒業後、産婦人科医師としての勤務を経て、石川県小松市に産婦人科病院を開設。
そこで出会った不妊症の患者様の力になってあげたいという強い思いから、不妊治療である体外受精を手掛け始めました。

1993年には東京都新宿区に加藤レディスクリニックを開設し、約20年間にわたり院長職を務め、 患者様にとって一番の治療法は何か、家族だったらどう勧めるべきかを常に考え、できるだけからだにやさしく薬を極力使わない体外受精による治療法を考案し、工夫と改良を重ね、現在の当院の基礎となる自然周期採卵による体外受精治療法を確立しました。
この治療法は現在、日本のみならず世界の生殖補助医療の発展に寄与し、数多くの患者様のご希望を叶える一助となっています。

当院スタッフ一同は、故 加藤 修の遺志を忘れることなく、患者様に貢献できる医療を提供するために引き続き努力してまいります。

加藤レディスクリニック

PAGE TOP