MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2011年 学会発表

国際学会・研究会等

1) 招待講演・シンポジスト発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2011.04 The 2nd international Cryo congress
  • The forefront of clinical ovarian tissue vitrification
    Kagawa, N.
2011.09 16th World Congress on In Vitro Fertilization
  • Discussion about clinical applications of adipose MSCs
    Takehara, Y.
  • Human lipoaspiration
    Nakama, K.
  • Successful vitrification of human adipose tissue for Mesenchymal stem cells (MSCs) derivation
    Kagawa, N.
  • Preparation of Adipose-Derived Stem Cells
    Yamadera R., Takehara Y., Sano C., Kawashima K., Ito Y., Yabuuchi A., Kuroda T., Aoyama N., Aono F., Nakama K., Kato K., Kato O.
  • Whole ooplasmic replacement in Germinal Vesicle oocytes
    Yabuuchi A.
  • Neonatal outcome of minimal stimulation and natural cycle IVF
    Takehara Y.
  • Advantage of the use of Piezo driven system (PMM) in ARTs; Whole ooplasmic replacement in Germinal Vesicle oocytes
    Yabuuchi A.
2) 一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2011.03 The first international symposium on Vitrification in Assisted Reproduction(Mexico, 3月)
  • Vitrification of Human Ovarian Tissue
    Kagawa, N.
2011.06 Mitochondria Medicine 2011: Chicago(Illinois, United States 6月)
  • Whole ooplasmic transfer by direct injection method using Piezo driven system for prevention of mutated mitochondrial DNA transmission
    Yabuuchi A., Kagawa N., Ezoe K., Mori C., Takayama Y., Kuwayama M., Kato K., Aono F., Takehara Y., Kato O.
  • Safe and Successful Cryopreservation of GV oocyte before Whole Ooplasmic Transfer (WOT) in mitochondrial disease patients (Assisted Reproductive Technology for Mitochondrial disease patients)
    Kagawa N., Yabuuchi A., Ezoe K., Mori C., Takayama Y., Kuwayama M., Takehara Y., Kato O.
2011.07 European Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE) 27th Annual Meeting(Stockholm, Sweden 7月)
  • hCG is critical for the uterine decidual response in mice
    Kawano H., Ezoe K., Kagawa N., Yabuuchi A., Ochiai K., Nagashima H., Osada H., Aono F., Takehara Y., Kato, O.
  • Short-term, low-dose, post-trigger non-steroidal anti-inflammatory drug application improves the outcome of natural cycle IVF
    Kawachiya S., Matsumoto T., Bodri D., Kato K., Takehara Y., Kato O.
  • Cryopreservation and in vitro development ability of IVM oocytes from Gender Identity Disorder (GID) patients and Cancer patients
    Kagawa N., Mori C., Yabuuchi A., Takayama Y., Akakubo N., Silber S., Kuwayama M., Yamaguchi S., Nagumo Y., Takai Y., Ishihara S., Aono F., Takehara Y., Kato O.
  • Development of human blastocyst in dry culture system
    Okimura T., Kuwayama M., Mori C., Morita H., Uchiyama K., Takehara Y., Kato O.
2011.08 Translational Medical時代の不妊治療:研究と実践(Xian, China 8月)
  • Frozon embryo transfer (FET) protocol at Kato Ladies Clinic
    Kawachiya, S.
2011.09 16th World Congress on In Vitro Fertilization(Tokyo, Japan 9月)
  • Evaluation of sperm chromatin integrity following IMSI or HBA for pre-ICSI sperm selection
    Ueno S., Uchiyama K., Kato K., Takehara Y., Kato O.
  • hCG is critical for the uterine decidual response in mice
    Kawano H., Ezoe K., Kagawa N., Yabuuchi A., Ochiai K., Nagashima H., Osada H., Aono F., Takehara Y., Kato O.
2011.09 第22回 トランスジェンダー・ヘルス専門家協会隔年シンポジウム(WPATH) (Atlanta, United States 9月)
  • Fertility Preservation for GID patients :Cryopreservation and in vitro development ability of IVM oocytes from Gender Identity Disorder (GID) patients
    Kagawa N., Silber S., Yamaguch S., Nagumo Y., Takehara Y., Kato O.
2011.10 American Society For Reproductive Medicine (ASRM) 67th Annual Meeting (Orlando, United States 10月)
  • Development of Mouse and Human Embryos in a Low Humidity Incubator
    Mori C., Kuwayama M., Okimura T., Aono F., Takehara Y., Kato O.
  • Efficiency of dry culture system in human blastocyst culture
    Okimura T., Kuwayama M., Mori C., Uchiyama K., Takehara Y., Kato K., Kato O.
2011.11 1st World congress of the Oocyte (Spain 11月)
  • Successful vitrification and following in vitro development of bovine germinal vesicle-stage (GV) oocytes: A potential model for leukemia patients
    Kagawa N., Yabuuchi A., Ezoe K., Mori C., Kuwayama M., Takehara Y., Kato O.
2011.12 2nd world congress on Fertility Preservation (Florida, United States 12月)
  • OOCYTE RETRIEVAL AND CRYOPRESERVATION FOR UNMARRIED FEMALE BLOOD CANCER PATIENTS.
    Teramoto S., Kamiya H., Ochi M., Aono F., Kato O., Utsunomiya T.

PAGE TOP

国際学会・研究会等

1) 招待講演
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2011.09 第29回 日本受精着床学会総会・学術講演会 (京王プラザホテル, 東京 9月)
  • FISHを用いた習慣流産に対するPGDの現状と効果
    黒田知子
  • ARTによる不妊治療の変遷 難治性不妊への再生医療への期待
    加藤 修
2011.10 第14回 日本IVF学会 (品川プリンスホテル, 東京10月)
  • 職種別シンポジウム:胚培養士(日本臨床エンブリオロジスト学会共催)セッション2:エンブリオロジストに求められる
    手腕 IVFラボにおけるトラブルシューティングとQCについて

    内山一男, 竹原祐志, 加藤 修
  • 卵巣刺激法に対する私の考え~ Advances in natural and mlid stimulateion cycle IVF -progress over the last 15 years-
    加藤 修
2011.12 第56回 日本生殖医学会学術講演会・総会 (パシフィコ横浜, 神奈川12月)
  • 不妊治療における再生医療
    竹原祐志
2011.12 第26回 東京生殖医療懇談会 (ANAインターコンチネンタルホテル東京, 東京12月)
  • 無加湿培養システムを用いたヒト胚培養
    青野文仁
2)一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2011.01 第16回 日本臨床エンブリオロジスト学会 (小名浜オーシャンホテル, 福島1月)
  • がん患者の妊孕能温存に関する研究-Germinal Vesicle (GV) 期卵子のガラス化保存技術の開発-
    江副賢二, 香川則子, 薮内晶子, 桑山正成, 高山優子, 森智絵美, 青野文仁, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • ドライインキュベーターを用いたヒト胚培養
    森智絵美, 沖村匡史, 香川則子, 薮内晶子, 高山優子, 江副賢二, 内山一男, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤 修
2011.03 第10回 日本再生医療学会総会 (京王プラザホテル, 東京 3月)
  • 卵巣機能低下に基づく難治性不妊症患者に対する脂肪組織由来間葉系幹細胞を用いた卵巣再生の可能性の検討
    山寺里枝, 竹原祐志, 黒田知子, 鈴木智子, 青野文仁, 青山直樹, 薮内晶子, 佐野千晶, 池田有希, 河島一三, 立川目奈美, 坂元みどり, 中間 健, 加藤恵一, 加藤 修
2011.05 第52回 日本哺乳動物卵子学会総会・学術講演会 (国際医療福祉大学本校, 栃木 5月)
  • ウシGreminal Vesicle(GV)期卵子のガラス化保存技術の検討
    江副賢二, 香川則子, 薮内晶子, 桑山正成, 高山優子, 森智絵美, 青野文仁, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • ウシ卵子および胚ガラス化保存における凍結、融解液へのトレハロース添加の有用性 The effect of trehalose on oocyte and blastocyst vitirification in bovine
    森智絵美, 桑山正成, 江副賢二, 高山優子, 香川則子, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤 修
  • 無加湿培養システムを用いた良好なヒト胚盤胞発生成績
    沖村匡史, 桑山正成, 森智絵美, 森田 大, 内山一男, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
2011.06 GID学会 第13回研究大会 (ゲートシティ大崎, 東京 6月)
  • 生殖補助医療技術の最新知見について
    香川則子
2011.07 第7回 東京受精・胚培養研究会・学術講演会 (東京国際フォーラム, 東京 7月)
  • 卵子凍結における技術的進歩
    沖村匡史
2011.09 第29回 日本受精着床学会総会・学術講演会 (京王プラザホテル, 東京 9月)
  • ICSI時の精子選別法における精子DNA損傷化率の比較
    上野 智, 内山一男, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 卵子裸化処理時の物理的負荷が胚発生に及ぼす影響
    内山一男, 近藤雅恵, 上野 智, 島崎精恵, 沖村匡史, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 排卵障害を目的としたhCG投与がマウスの子宮に与える影響Ⅱ~hCG投与マウスの産仔生産能の評価~
    河野博臣, 江副賢二, 薮内晶子, 香川則子, 森智絵美, 高山優子, 落合恵子, 池澤有加, 中西 彬, 青野文仁, 竹原祐志, 長嶋比呂志, 加藤 修
  • 排卵誘発を目的としたhCG投与がマウス子宮に与える影響Ⅰ~hCG投与マウスにおける脱落膜形成能の評価~
    江副賢二, 河野博臣, 薮内晶子, 香川則子, 森智絵美, 高山優子, 落合恵子, 池澤有加, 中西 彬, 青野文仁, 竹原祐志, 長嶋比呂志, 加藤 修
2011.10 第38回 日本低温医学会総会 (都市センターホテル, 東京10月)
  • The forefront of clinical ovarian tissue vitrification
    香川則子, 森智絵美, 竹原祐志, 加藤 修
2011.11 第56回日本人類遺伝学会・第11回東アジア人類遺伝学会共同大会 (幕張メッセ, 千葉11月)
  • 着床前診断を経て妊娠出産した二重の均衡型相互転座保因者夫婦の一例
    黒田知子, 竹原祐志, 青山直樹, 川崎奈美, 三宅秀彦, 山寺里枝, 河内谷敏, 加藤恵一, 加藤 修
2011.12 日本生殖医学会学術講演会・総会 (パシフィコ横浜, 神奈川12月)
  • hCG treatment for ovulation impairs endometrial differentiation in mice
    江副賢二, 河野博臣, 薮内晶子, 香川則子, 森智絵美, 池澤有加, 中西 彬, 青野文仁, 竹原祐志, 長嶋比呂志, 加藤 修
  • 新しいドライインキュベーターを用いた安全、有効かつ低コストのヒト胚盤胞培養の実際
    沖村匡史
  • Comparison study of the number of normal immature oocytes corrected from removed ovaries before and after chemotherapy in cancer patients
    香川則子, 森智絵美, 薮内晶子, 高山優子, 桑山正成, 高井 泰, 石原 理, 山口 悟, 南雲吉則, Kikuchi, I., 竹田 省, 竹原祐志, 加藤 修
  • 自然周期採卵での変性卵症例の後方視野的検討
    福田淳一郎, 加藤恵一, 阿部 崇, 奥野 隆, 勝股克成, 小林 保, 篠原一朝, 和田恵子, 会田拓也, 河内谷敏, 谷田部典之, 山崎裕行, 長田尚夫, 竹原祐志, 加藤 修

PAGE TOP

国内研究会、地方部会、シンポジウム、勉強会等

一般発表
日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2011.02 第143回 日本生殖医学会関東地方部会 (持田製薬株式会社本社内「ルークホール」, 東京2月)
  • 非加湿培養器の機能と安全性の検討
    森智絵美, 沖村匡史, 香川則子, 薮内晶子, 高山優子, 江副賢二, 内山一男, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤 修
  • Germinal Vesicle(GV)期卵子のガラス化保存技術の確立
    江副賢二, 香川則子, 薮内晶子, 桑山正成, 高山優子, 森智絵美, 青野文仁, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤 修
  • 着床前診断正診率向上に関する検討-FISHプローブに用いるBACクローンのサイズと蛍光強度の比較-
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 山寺里枝, 鈴木智子, 佐野千晶, 河内谷敏, 加藤恵一, 加藤 修
  • 採卵前周期のピル投与と胚のクオリティーについて
    森田博文, 沖村匡史, 内山一男, 加藤恵一, 小林 保, 竹原祐志, 加藤 修
  • 高齢不妊患者に対するDay5~Day8採卵の臨床成績
    篠原一朝, 土山哲史, 加藤恵一, 福田淳一郎, 和田恵子, 谷田部典之, 河内谷敏, 勝股克成, 奥野 隆, 小林 保, 長田尚夫, 竹原祐志, 加藤 修
2011.10 第147回 染色体研究会 (10月)
  • 着床前診断の現状 -胚における染色体検査の有効性と限界-
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美

PAGE TOP

論文発表(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Blastocyst culture is associated with an elevated incidence of monozygotic twinning after single embryo transfer. Fertil Steril. 95 (6): 2140-2. 2011
    Kawachiya S., Bodri D., Shimada N., Kato K., Takehara Y., Kato O.
  • Murine embryonic stem cell derivation, in vitro pluripotency characterization, and in vivo teratoma formation. Curr Protoc Toxicol. Chapter 2 Unit2 22. 2011/
    Chou YF., Yabuuchi A.
  • Surgical procedure to conserve the uterus for future pregnancy in patients suffering from massive adenomyosis. Reprod Biomed Online. 22 (1): 94-9. 2011
    Osada H., Silber S., Kakinuma T., Nagaishi M., Kato K., Kato O.
  • Tet1 and Tet2 regulate 5-hydroxymethylcytosine production and cell lineage specification in mouse embryonic stem cells. Cell Stem Cell. 8 (2): 200-13. 2011
    Koh KP., Yabuuchi A., Rao S., Huang Y., Cunniff K., Nardone J., Laiho A., Tahiliani M., Sommer CA., Mostoslavsky G., Lahesmaa R., Orkin SH., Rodig SJ., Daley GQ., Rao A.
  • Current opinion on use of luteinizing hormone supplementation in assisted reproduction therapy: an Asian perspective. Reprod Biomed Online. 23 (1): 81-90. 2011
    Wong PC., Qiao J., Ho C., Ramaraju GA., Wiweko B., Takehara Y., Nadkarni PV., Cheng LC., Chen HF., Suwajanakorn S., Vuong TN.

論文発表(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 卵細胞質置換 - 基礎研究から臨床応用へ. 臨床婦人科産科. 2011
    薮内晶子, 香川則子, 青野文 仁, 竹原祐志, 加藤 修

学術書籍(英文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • The Kato Ladies Clinic Experience. Textbook of Minimal Stimulation IVF Milder, Mildest or Back to Nature. 2011
    Takehara Y., Kato O. JAYPEE BROTHERS Medical Publishers (P) Ltd.

学術書籍(和文)

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • PGD. 生殖卵巣学. 2011
    青山直樹, 竹原祐志 (医歯薬出版株式会社)

PAGE TOP