MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2012年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2012.10.20-24 American Society For Reproductive Medicine(ASRM) 68th Annual Meeting (California, United States)
  • hCG administration for oocyte maturation impair endometrial differentiation and post-implantation embryo development.
    Ezoe K, Yabuuchi A, Kato K, Aono F, Takehara Y, Kato O.
2012.8.31-9.2 4th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (ASPIRE 2012) (Osaka, Japan)
  • Natural cycle and minimal stimulation cycle IVF
    Takehara Y.
  • Fresh embryo transfer in the natural cycle IVF achieve high pregnancy rate due to environmental advantages for implantation.
    Kato K, Abe T, Fukuda J, Yamasaki H, Yatabe N, Katsumata Y, Okuno T, Kobayashi T, Takehara Y, Kato O.
  • Natural cycle IVF in over 40 years old patients retrieved from follicle developed in early follicular phase.
    Shinohara K, Kato K, Abe T, Fukuda J, Yatabe H, Katsumata Y, Okuno T, Kobayashi T, Takehara Y, Kato O.
  • hCG administration for oocyte maturation affects decidualization and embryo development in mice.
    Ezoe K, Yabuuchi A, Abe T, Fukuda J, Kato K, Aono F, Takehara Y, Kato O.
  • The evaluation of insulin-enriched embryo culture media for human blastocyst culture during IVF: a paired comparison with sibling-embryos from the same patient.
    Ueno S, Okimura T, Uchiyama K, Yamasaki H, Fukuda J, Abe T, Kato K, Takehara Y, Kato O.
  • Oocyte retrieval and cryopreservation for unmarried femaile blood cancer patients.
    Teramoto S, Kamiya H, Ochi M, Aono F, Kato O, Utsunomiya T.
2012.8.2-6 中国生殖医学フォーラム (青島, 中国)
  • Oocyte retrieval and cryopreservation for unmarried female blood cancer patients.
    Aono F, Teramoto S, Kamiya H, Ochi M, Kato O, Utsunomiya T.
2012.7.1-4 28th Annual Meeting European Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE) (Istanbul, Turkey)
  • Oocyte retrieval and cryopreservation for unmarried female cancer patients
    Aono F, Teramoto S, Kamiya H, Kyono K, Yoshida H, Ochi M, Asada M, Matsuura T, Mio Y, Hara T, Yano K, Tanaka A, Nagata Y, Kuramoto T, Michikura Y, Fujino Y, Takeuchi K, Nakayama T, Inoue Y, Takehara Y, Kato O, Utsunomiya T.
  • Embryological and clinical outcome of minimal ovarian stimulation cycles following IMSI or HBA for pre-ICSI sperm selection
    Ueno S, Uchiyama K, Kondo M, Ito M, Kato K, Takehara Y, Kato O.
2012.5.5-6 5th ISMAAR Sponsored WorkshopsMeetings (Copenhagan, Danmark)
  • Advances in natural and mild stimulation cycle IVF - progress over the last 15 years -
    Kato O.
  • Oocyte retrieval and cryopreservation for unmarried female blood cancer patients.
    Teramoto S, Kamiya H, Ochi M, Aono F, Kato O, Utsunomiya T.
2012.3.17 8th Congress The Interenational Ovarian Conference 2012 (Tokyo, Japan)
  • Effects of cyclophosphamide on ovarian angiogenesis in mice.
    Ezoe K, Yabuuchi A, Murata N, Abe T, Fukuda J, Kato K, Aono F, Takehara Y, Kato O.
  • Recovery of reproductive function and extension of life expectancy in old infertile mice by ovarian transplantation.
    Kagawa N, Kuwayama M, Nagashima H, Manabe N, Leibo S, Aono F,
    Takehara Y, Kato O.
2012.2.13-15 1st Congress of Indonesian Association for In Vitro Fertilization (IA-IVF) (Jakarta, Indonesia)
  • Morning symposium-2: Affordable IVF in developing countries.
    「The use of clomiphene citrate in IVF」

    Takehara Y.
  • Afternoon symposium-2. Controlled ovarian hyperstimulation.
    「Preventing OHSS: The use of GnRH agonist for triggering」

    Takehara Y.
  • Pre congress course 2. Ovarian Aging.
    「Management of poor responder」

    Takehara Y.

PAGE TOP

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2012.11.8-9 第57回 日本生殖医学会 (長崎県長崎市・長崎ブリックホール)
  • 高齢不妊患者の治療終結と卵巣機能について
    勝股克成, 河内谷敏, 松本恒和, 和田恵子, 阿部崇, 福田淳一郎, 篠原一朝, 奥野 隆, 小林保, 山崎裕行, 土山哲史, 青山直樹, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • 当院における均衡型染色体構造異常保因者夫婦に対する着床前診断の検討
    黒田知子, 竹原祐志, 青山直樹, 川崎奈美, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 加藤修
  • βHCG陽性症例における妊娠転帰から見たIMSIの有効性
    内山一男, 上野智, 沖村匡史, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
2012.11.3 第1回 日本癌・生殖医療研究会 (神奈川県川崎市・聖マリアンナ医科大学病院生殖医療センター)
  • 配偶子凍結
    竹原祐志
  • 複数施設による悪性腫瘍未婚女性患者における卵子採取、ならびに凍結保存の臨床研究に対する取組みと現況
    青野文仁
2012.10.24-27 人類遺伝学会 第57回大会 (東京都新宿区・京王プラザホテル)
  • 複雑な染色体構造異常を認めた7組の夫婦に対する着床前診断の検討
    黒田知子, 竹原祐志, 青山直樹, 川崎奈美, 宇佐美明美, 梅田果林, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 加藤修
  • 当院における均衡型染色体構造異常保因者夫婦に対する着床前診断(PGD)の遺伝カウンセリングの実際
    宇佐美明美, 竹原祐志, 青山直樹, 黒田知子, 川崎奈美, 梅田果林, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 加藤修
2012.10.19 第27回 JMS不妊症診療研究会 (栃木県下野市・自治医科大学医学部)
  • 特別講演(1)生殖医学と幹細胞
    竹原祐志
2012.10.3 東京女子医科大学 遺伝子医療センターカンファレンス (東京都新宿区・東京女子医科大学)
  • 着床前診断の現状と低卵巣刺激を用いた新しいPGDの試み
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 宇佐美明美, 梅田果林, 加藤修
2012.9.29-30 第15回 日本IVF学会 (大阪府大阪市・大阪国際会議場)
  • 加藤レディスクリニックにおける黄体補助
    竹原祐志
2012.9.28-29 日本遺伝看護学会 第11回学術大会 (山梨県北杜市・清泉寮)
  • Prader-Willi 症候群(PWS)成人期に目を向けた家族支援-家族会質問紙調査結果より看護職としての支援のあり方を検討する-
    梅田果林, 竹原祐志, 黒田知子, 青山直樹, 川崎奈美, 宇佐美明美, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 加藤修
2012.8.30-31 第30回 日本受精着床学会 (大阪府大阪市・大阪国際会議場)
  • ワークショップ「基礎(1)発生工学から生殖医療への展開」間葉系幹細胞
    竹原祐志
  • ワークショップ「臨床(2)新たな時代の着床前診断」PGDにおける生検時期とその意義
    青山直樹, 竹原祐志, 加藤修
  • ランチョンセミナー 顕微授精における成績改善の取り組みと成果
    内山一男
  • Isolateを用いた不連続密度勾配処理におけるSPAS使用の有用性
    内山一男, 沖村匡史, 稲葉千恵, 井上太綬, 上野智, 伊藤基樹, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • Insulin添加培養液が胚盤胞発生に及ぼす影響
    上野智, 沖村匡史, 内山一男, 山崎裕行, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
2012.7.19-21 第52回 日本婦人科腫瘍学会 (東京都港区・グランドプリンスホテル新高輪)
  • がん患者の妊孕能温存を目的とした卵巣バンクの現状
    香川則子, 菊地盤, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤聖子, 竹田省, 加藤修
  • 医原性不妊回避を目的とした摘出卵巣由来未成熟卵子保存に関する研究
    香川則子, 森智絵美, 薮内晶子, 桑山正成, 菊地盤, 竹田省, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤修
2012.7.6-8 第52回 日本先天異常学会学術集会 (東京都新宿区・東京女子医科大学 弥生記念講堂)
  • 汎用薬の催奇形性を考える(5)排卵誘発剤
    竹原祐志
2012.6.26 千葉大学医学部講義 (千葉県千葉市・千葉大学医学部)
  • 自然周期・低刺激周期体外受精と生殖医療における再生医療
    竹原祐志
2012.6.9-10 第30回 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座 (東京都港区・ニッショーホール)
  • 生殖医療の基礎知識「卵子・胚、そして組織凍結-その基礎から未来まで」
    沖村匡史
2012.6.8-10 第36回 日本遺伝カウンセリング学会 (長野県松本市・信州大学医学部)
  • プラダーウィリー症候群児・者の家族が遺伝カウンセラーに期待すること
    梅田果林, 宇津野恵美, 鈴木洋一, 羽田明
2012.5.26-27 第53回 日本哺乳動物卵子学会 (大阪府豊中市・千里ライフサイエンスセンター)
  • 直接注入法を用いたウシ卵核胞(GV)期卵子細胞質置換法の確立
    薮内晶子, 河野康二郎, 加藤恵一, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤修
  • cyclophosphamide投与がマウスの卵巣組織内の毛細血管に及ぼす影響
    江副賢二, 薮内晶子, 村田奈々, 阿部崇, 福田淳一郎, 加藤恵一, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤修
  • HBAおよびIMSIを用いたICSIの成績
    上野智, 内山一男, 近藤雅恵, 伊藤基樹, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修

2012.4.28 第149回 染色体研究会 (東京都文京区・東京大学)
  • 染色体端部に切断点をもつ転座保因者にPGDを施行し健児を得た一例 46,XY,t(2;6)(q11.2;q27)
    青山直樹, 竹原祐志, 黒田知子, 川崎奈美, 宇佐美明美, 福田淳一郎, 阿部崇, 加藤恵一, 加藤修
2012.4.26-27 第60回 日本化学療法学会 (長崎県長崎市・長崎ブリックホール)
  • 化学療法と妊よう能温存―化学療法前後のがん患者の摘出卵巣由来正常未成熟卵子回収率の比較―
    香川則子, 森智絵美, 薮内晶子, 桑山正成, 山口悟, 南雲吉則, 菊地盤, 竹田省, 青野文仁, 竹原祐志, 加藤修
2012.3.17-18 第14回 GID学会 (岡山県岡山市・岡山大学鹿田キャンパス)
  • 生殖医療技術の応用
    香川則子
2012.2.24-25 第34回 日本造血細胞移植学会 (大阪府大阪市・大阪国際会議場)
  • 妊孕性温存のための造血疾患患者からの卵子採取および凍結保存の現状と問題点
    ワークショップ1「造血細胞移植における不妊対策」

    青野文仁
2012.2.23 国立成育医療研究センターカンファレンス (東京都世田谷区・国立成育医療研究センター)
  • 生殖医学と幹細胞
    竹原祐志
2012.2.19 第9回 日本生殖医療カウンセリング学会・学術集会 (福岡県福岡市・福岡ソラリア西鉄ホテル)
  • 造血疾患患者の卵子採取・保存対応窓口としての経験から
    青野文仁
2012.2.16 東近江がん治療カンファレンス (滋賀県近江八幡市・ホテルニューオウミ)
  • A-PART 日本支部における悪性腫瘍未婚女性患者のための卵子保存の取り組みと現状
    青野文仁
2012.1.28 岡山大学公開シンポジウム「いのちを授かる~不妊治療の現状と課題~」 (岡山県岡山市・岡山国際交流センター国際会議場)
  • 最新生殖補助医療技術の開発について
    香川則子

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Neonatal outcome and birth defects in 6623 singletons born following minimal ovarian stimulation and vitrified versus fresh single embryo transfer.
    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 161 (1): 46-50. 2012
    Kato O, Kawasaki N, Bodri D, Kuroda T, Kawachiya S, Kato K, Takehara Y.
  • Minimal ovarian stimulation combined with elective single embryo transfer policy: age-specific results of a large, single-centre, Japanese cohort.
    Reprod Biol Endocrinol. 10: 35. 2012
    Kato K, Takehara Y, Segawa T, Kawachiya S, Okuno T, Kobayashi T, Bodri D, Kato O.
  • Short-term, low-dose, non-steroidal anti-inflammatory drug application diminishes premature ovulation in natural-cycle IVF.
    Reprod Biomed Online. 24 (3): 308-13. 2012
    Kawachiya S, Matsumoto T, Bodri D, Kato K, Takehara Y, Kato O.
  • Prevention of mitochondrial disease inheritance by assisted reproductive technologies: Prospects and challenges.
    Biochim Biophys Acta. 1820 (5): 637-42. 2012
    Yabuuchi A, Beyhan Z, Kagawa N, Mori C, Ezoe K, Kato K, Aono F, Takehara Y, Kato O.
  • Histocompatible parthenogenetic embryonic stem cells as a potential tissue source for regenerative medicine.
    Journal of mammalian ova reserch. 29: 17-21. 2012
    Yabuuchi A, Rehman H, Kim K.
  • Uterine autotransplantation in cynomolgus macaques: the first case of pregnancy and delivery.
    Hum Reprod. 27 (8): 2332-40. 2012
    Mihara M, Kisu I, Hara H, Iida T, Araki J, Shim T, Narushima M, Yamamoto T, Moriguchi H, Kato Y, Tonsho M, Banno K, Aoki D, Suganuma N, Kagawa N, Takehara Y, Kato O, Koshima I.
  • Molecular signatures to define spermatogenic cells in common marmoset (Callithrix jacchus).
    Reproduction. 143 (5): 597-609. 2012
    Lin ZY, Imamura M, Sano C, Nakajima R, Suzuki T, Yamadera R, Takehara Y, Okano HJ, Sasaki E, Okano H.
  • Derivation of human embryonic stem cells with NEMO deficiency.
    Stem Cell Res. 8 (3): 410-5. 2012
    Guan X, Yabuuchi A, Huo H, Ginsberg E, Racowsky C, Daley GQ, Lerou PH.
  • 卵子凍結に関する現状
    血液フロンティア. 22(12): 1829-1838. 2012
    青野文仁
  • 11. 低刺激排卵誘発法.
    産科と婦人科. 79: 891-6. 2012
    竹原祐志, 加藤修
  • 悪性腫瘍合併者.
    産婦人科の実際. 61: 1191-8. 2012
    竹原祐志
  • 加齢対策基礎研究 卵子のマニピュレーション.
    臨床婦人科産科. 68: 558-564. 2012
    薮内晶子, 青野文仁, 加藤恵一, 竹原祐志, 加藤修
  • ICSI時の精子選択法として、IMSIおよびHBAを用いた際の精子DNA損傷化率の評価.
    日本受精着床学会誌. 29 (1): 9-12. 2012
    上野智, 内山一男, 加藤恵一, 勝股克成, 福田淳一郎, 竹原祐志, 加藤修
  • 高齢者のIVF治療成績.
    日本受精着床学会誌. 29 (1): 48-51. 2012
    勝股克成, 河内谷敏, 阿部崇, 和田恵子, 福田淳一郎, 篠原一朝, 奥野隆, 小林保, 末吉智博, 加藤恵一, 竹原祐志, 瀬川智也, 寺元章吉, 長田尚夫, 加藤 修

著書

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 4. ADSCsを用いる再生医療の理論と現状.
    図説よくわかる臨床不妊症学【不妊症治療up to date】. 316-325. 2012
    竹原祐志

PAGE TOP