MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2016年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2016.12.1-2 The 22nd Annual international conference of the Egyptian Fertility and Sterility Society (Marriott Zamalek Hotel, Cairo, Egypt)
    Plenary talk
  • Surgical procedures to conserve the uterus for future pregnancy in patients suffering from massive adenomyosis
    Hisao Osada
  • Aspirating oocytes from small (nodominant follicles) doubles pregnancy rate in natural cycle IVF
    Hisao Osada
  • Complete zonapellucida removal from vitrified-warmed human blastocysts facilitates earlier in vitro attachment and outgrowth
    Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Satoshi Ueno and Keiichi Kato
  • Hydroxypropyl cellulose (HPC) as an option for supplementation of cryoprotectant solutions for oocyte and embryo vitrification
    Akiko Yabuuchi, Chiemi Mori and Keiichi Kato
2016.11.18-19 The 1st Asian Society for Fertility Preservation (Equatorial Hotel, Ho Chi Minh city, Vietnam)
    Invited lecture
  • Oocyte and embryo cryopreservation in cancer patients
    Keiichi Kato

    Poster session
  • Natural cycle or mild ovarian stimulation for patients with breast cancer: A single-center clinical study
    Akitoshi Yuge, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Current status of fertility preservation in male cancer patients in Kato Ladies Clinic
    Hirofumi Morita, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi and Keiichi Kato
2016.10.15-19 The 72nd ASRM Scientific Congress & Expo (Salt Palace Convention Center, Salt Lake city, USA)
    Poster session
  • The assessment of optimal timing of oocyte retrieval based on LH surge in natural cycle IVF: A large-scale retrospective study
    Masanori Ito, Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Dan Sato, Akitoshi Yuge, Kazunori Shinohara, Noriyuki Yatabe, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2016.10.13-14 2016 ART World Congress (The Mandarin Oriental Hotel, New York, USA)
    Invited lecture
  • Natural Cycle versus Hyperstimulation: Live Baby Rate Per Oocyte
    Keiichi Kato
2016.7.3-6 The 32st Annual meeting of ESHRE (Messukeskus Expo and Convention Centre, Helsinki, Finland)
    Poster session
  • The effects of endometrial preparation regimen on pregnancy and neonatal outcomes following single vitrified warmed blastocyst transfer
    Keiichi Kato, Masanori Ito, Takashi Okuno and Tamotsu Kobayashi
  • Effect of timing of oocyte denudation after oocyte retrieval on fertilization and pregnancy outcome following cleavage stage single embryo transfer
    Hitomi Terasawa, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Noriyuki Yatabe, Akiko Yabuuchi, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2016.6.25 Ojinmed IVF center 1 year anniversary (Shangri-la Hotel Ulaanbaatar, Mongolia)
    Plenary Lecture
  • How should we induce ovulation?
    Junichiro Fukuda
  • Current concepts and practices in IVF laboratory at Kato Ladies Clinic
    Kiyoe Shimazaki
2016.4.8-10 The 6th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (Balai Sidang Jakarta Convention Center Jakarta, Indonesia)
    Free Oral Communication
  • Efficacy of single vitrified and warmed blastocyst transfer (SVBT) and neonatal outcome
    Keiichi Kato
  • The current approach to maintain fertility with cryopreservation technique for cancer females
    Naoki Aoyama, Tamotsu Kobayashi, Takashi Okuno, Kazunori Shinohara, Noriyuki Yatabe, Akiko Yabuuchi and Keiichi Kato

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2016.11.3-4 第61回日本生殖医学会学術講演会 (神奈川県横浜市 パシフィコ横浜)
    一般口演
  • 胚盤胞生検から胚凍結保存施行までの時間と胚の生存性に関する検討
    三木哲也,黒田知子,薮内晶子,青山直樹,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • GnRHa 投与から採卵までの時間および採卵から ICSI 施行までの時間が臨床成績に及ぼす影響
    伊藤秀行,沖村匡史,内山一男,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • 当院における乳がん患者の卵子および胚凍結保存の現状
    薮内晶子,森智絵美,高山優子,内山一男,山崎裕行,篠原一朝,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • 精子凍結保存したがん患者の当院におけるART治療成績について
    内山一男,薮内晶子,黒田知子,小林保,加藤恵一
  • 重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性のある均衡型染色体構造常保因者夫婦における着床前診断に関する考察
    黒田知子,林博子,大畠一輝,青山直樹,薮内晶子,湯暁暉,加藤恵一
  • カルシウムイオノフォアおよび電気刺激による人工的卵子活性化が出生児予後に及ぼす影響
    三浦綾子,上野智,内山一男,黒田知子,沖村匡史,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • Cryotop法の平衡過程における凍結保護物質の濃度変化がマウス卵子の胚発生に及ぼす影響
    田崎秀尚,大畠一輝,森智絵美,江副賢二,薮内晶子,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • Cryotissue法にてガラス化保存された卵巣組織の組織学的解析
    森智絵美,江副賢二,薮内晶子,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • D7胚盤胞移植の有用性について
    藤田裕,土山哲史,和田恵子,福田淳一郎,山崎裕行,谷田部典之,篠原一朝,小林保,阿部崇,加藤恵一

    ポスター発表
  • クロミフェン周期における早期黄体化の影響について
    谷田部典之,篠原一朝,山崎裕行,奥野隆,小林保,加藤恵一
  • 当院 ART 治療後に出産を経た産褥期の女性からの相談内容を分析し,看護の役割を再検討する
    林博子,黒田知子,福田淳一郎,薮内晶子,加藤恵一
2016.10.15 第167回染色体研究会プログラム (東京都新宿区 東京医科大学病院)
    症例検討
  • 習慣流産既往相互転座保因者 52 組夫婦に対する PGD の結果報告
    青山直樹
2016.9.15-16 第34回受精着床学会学術講演会 (長野県北佐久郡 軽井沢プリンスホテルウエスト)
    ランチョンセミナー
  • Mild stimulationの治療成績向上のためのポイント-排卵誘発から黄体補充まで-
    加藤恵一
  • パネルディスカッション 1「病態にマッチした排卵誘発法を探る」
    低刺激周期で行う場合のポイント

    加藤恵一
  • シンポジウム 2「PGD・PGS の現状と展望」
    臨床現場から見たPGD及びPGSの現状

    黒田知子、川崎奈美、青山直樹、湯暁暉、加藤恵一
  • ワークショップ 5「胚凍結技術の最前線」
    胚の凍結保存におけるヒドロキシプロピルセルロースの有用性

    薮内晶子、森智絵美、加藤恵一

    一般口演
    Single step mediumによる継続培養の胚培養環境への影響
  • *世界体外受精会議記念賞(臨床)受賞
    森田博文、上野智、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、井上太綬、小林保、
    加藤恵一
  • PCOSに対してのmild stimulation IVF ~どのような周期に臨んでいくべきか~
    福田淳一郎、和田恵子、山崎裕行、湯暁暉、倪暁文、田中慧、藤田裕、安藤郷子、佐藤團、佐々木かりん、伊藤正典、弓削彰利、篠原一朝、谷田部典之、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • 高齢反復不成功症例におけるSequential MediaおよびSingle Culture Mediumが胚発生成績に及ぼす影響
    金子繁、伊藤基樹、上野智、沖村匡史、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • Assisted hatchingの手法がヒト凍結融解胚盤胞のOutgrowth現象に及ぼす影響の検討
    江副賢二、上野智、薮内晶子、沖村匡史、内山一男、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • 当院における人為的卵子活性化(AOA)が胚発生成績に及ぼす影響の検討
    伊藤基樹、上野智、沖村匡史、小林保、加藤恵一
  • 開放型デバイスによりガラス化保存を行った胚盤胞の保存期間は移植後の臨床成績および出生児予後に影響しない
    上野智、内山一男、黒田知子、沖村匡史、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)およびSSS添加凍結保存液の界面吸着速度の比較
    森智絵美、薮内晶子、奥野隆、小林保、加藤恵一
2016.8.28 A-PART Summer Workshop (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI講義・デモンストレーション
    内山一男
  • Cryotop法を用いたガラス化凍結保存講義・実習
    上野智, 堀越翔子, 寺澤瞳, 田口智美, 鈴木弥生, 薮内晶子, 森智絵美, 江副賢二
  • 院内見学・培養室業務講義
    沖村匡史
2016.7.30 生殖補助医療技術者のためのリカレントセミナー2016 (東京都中央区 近畿大学東京センター)
    招待公演
  • 細胞遺伝学的手法による胚選択の世界の現状と日本の課題
    青山直樹
2016.7.16 日本臨床エンブリオロジスト学会 Summer Workshop 2016 (東京都新宿 オリンパステクノラボ)
  • ICSI実習
    内山一男
  • Vitrification実習
    沖村匡史, 上野智
2016.6.30 第3回四国地区不妊治療勉強会 (香川県丸亀市 厚仁病院)
    招請講演
  • 当院における単一凍結融解胚盤胞移植
    上野智
2016.5.28 第150回関東生殖医学会 (東京都新宿区 持田製薬ルークホール)
    一般口演
  • 当院におけるがん患者の精子凍結保存の現状
    内山一男, 伊藤基樹, 小林保, 加藤恵一
2016.5.13-14 第27回日本卵子学会 (新潟県新潟市 朱鷺メッセ)
    一般口演
  • ICSI時の裸化のタイミングが臨床成績に及ぼす影響
    寺澤瞳, 上野智, 内山一男, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
2016.5.13 金沢大学医学部講義 (石川県金沢市 金沢大学)
  • 不妊治療各論
    加藤恵一
2016.4.21-24 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 (東京都千代田区 東京国際フォーラム)
    ポスター発表
  • IVF outcomes before and after thyroid function screening
  • Xiaohui Tang, Noriyuki Yatabe, Hiroshi Fujita, Kei Tanaka, Ni Xiaowen, Keiko Wada, Junichiro Fukuda, Kazunori Shinohara, Hiroyuki Yamazaki, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2016.3.21 日本A-PARTワークショップ (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI講義・デモンストレーション
    内山一男
  • Cryotop法を用いたガラス化凍結保存講義・実習
    上野智、伊藤基樹、島崎精恵、脇坂杏奈、薮内晶子、森智絵美、江副賢二、松尾涼子、山寺里枝
  • 院内見学・培養室業務講義
    沖村匡史
2016.3.20 日本A-PART学術講演会 (東京都港区 品川インターシティホール)
  • シンポジウム1:ART最新Topics
    1stepと2step mediumの発生能比較

    森田博文
2016.3.17 徳島大学産婦人科研修セミナー 生殖内分泌研修 (徳島県徳島市 ホテルクレメント徳島)
    招待講演
  • 合併症の発症と周産期予後に配慮した高度生殖補助医療(ART)への取組み
    加藤恵一
2016.3.12 ジネコ妊活セミナー in 東京 (東京都新宿区 エステック情報ビル)
    招待講演
  • 低刺激周期での不妊治療 ~からだの力を最大限に生かそう~
    加藤恵一
2016.2.21 第13回日本生殖医療心理学会 (東京都港区 虎ノ門ヒルズフォーラム)
    ポスター発表
  • ART治療後の妊娠経過報告の聞き取り調査から看護の役割を再検討する
    林博子、黒田知子、川崎奈美、福田淳一郎、薮内晶子、奥野隆、小林保、加藤恵一
2016.2.7 第15回東北ART研究会 (宮城県仙台市 江陽グランドホテル)
    招待講演
  • ルーチンワークとしての顕微授精
    内山一男
2016.1.9-10 第21回日本臨床エンブリオロジスト学会 (石川県金沢市 アパホテル金沢駅西)
    ワークショップ
  • 凍結技術はどこまで進化するのか。新世代のCryotopを解説
    上野智、薮内晶子
    招待講演
  • 日本における着床前診断の現状と論点
    青山直樹

    ポスター発表
  • 精子計測のコントロールサーベイ調査報告
    内山一男、武田信好、渡邊英明、猪鼻達仁、青野展也、佐藤和文、内田幸男

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 自然周期, 低刺激による採卵法
    産科と婦人科 Vol.83, No.7, 2016 診断と治療社
    加藤恵一
  • Administering human chorionic gonadotropin injections for triggering follicle maturation could impact fertility during the subsequent menstrual cycle
    International Journal of Gynecology & Obstetrics, 132(3): 309-313, 2016
    Junichiro Fukuda, Takashi Abe, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Reproductive outcomes following preimplantation genetic diagnosis using fluorescence in situ hybridization for 52 translocation carrier couples with a history of recurrent pregnancy loss
    Journal of Human Genetics, 61(8):687-92, 2016
    Keiichi Kato, Naoki Aoyama, Nami Kawasaki, Hiroko Hayashi, Tang Xiaohui, Takashi Abe and Tomoko Kuroda
  • Vitrification of embryos and oocytes for fertility preservation in cancer patients
    Reproductive Medicine and Biology, DOI 10.1007/s12522-016-0239-7
    Keiichi Kato
  • Complete zona pellucida removal from vitrified-warmed human blastocysts facilitates earlier in-vitro attachment and outgrowth
    Reproductive BioMedicine Online, 33(2):140-8, 2016
    Satoshi Ueno, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

PAGE TOP