MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2018年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2018.10.6-10 The 74nd ASRM Scientific Congress & Expo (Colorado Convention Center, Denver, USA)
    Poster session
  • An increase in serum FSH from the third day of menstruation to the day of oocyte maturation trigger negatively affects he developmental competence of oocytes in minimal stimulation IVF
    Masanori Ito, Junichiro Fukuda, Dan Sato, Hiroyuki Yamasaki, Kazunori Shinohara, Noriyuki Yatabe, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2018.9.22-23 Fertility Preservation Technique and Technology(The Lalit New Delhi, New Delhi, India)
    Pre-congress workshop
    Lecture
  • Cryotop method for oocyte cryopreservation Tips and Tricks
    Keiichi Kato

    Hands-on-workshop
  • Cryotop method for oocyte cryopreservation
    Satoshi Ueno, Hirofumi Morita, Takayuki Nomura and Akiko Yabuuchi

    Scientific session
    Invited lecture
  • Fertility Preservation techniques-Recent Advances
    Keiichi Kato

    Poster presentation
  • Successful pregnancy and delivery via in vitro fertilization with cryopreserved sperm from patients with leukemia and balanced chromosomal translocations detected at diagnosis of leukemia: Case reports
    Satoshi Ueno, Tomoko Kuroda, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Current status of fertility preservation in male cancer patients in Kato Ladies Clinic
    Hirofumi Morita, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Gradual cryoprotectant (CPA) exchange during equilibration process of oocyte vitrification improves embryonic outcomes
    Akiko Yabuuchi, Hidetaka Tasaki, Kazuki Ohata, Kenji Ezoe, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2018.9.13-15 The 20th Chongqing ART Conference(Chongqing Ambassador Hotel, Chongqing, 中国)
    Symposium
  • Blastomere Movement : an indicator for clinical pregnancy rates
    Kazuki Ohata, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2018.9.1-2 第十二届 安全高效的辅助生殖技术论坛 (第12回安全且つ効率的な生殖技術支援フォーラム)( シェラトン上海外高橋ホテル、上海、中国)
    Invited lecture
  • Limitation of morphological assessment of blastocyst and cytogenetic evaluation
    Keiichi Kato
2018.7.1-4 The 34th Annual meeting of ESHRE (Centre de Convencions Internacional de Barcelona, Barcelona, Spain)
    Industry sponsored symposium
  • The role of time-lapse technology in mild / low stimulation cycle
    Keiichi Kato

    Oral presentation
  • Duration of blastomere wobbling post first cytokinesis is an effective predictor for the clinical pregnancy after fresh cleaved embryo transfer: a retrospective time-lapse imaging study
    Kazuki Ohata, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

    Poster presentation
  • Prolonged blastomere wobbling induced by the delay of pronuclear fading and first cytokinesis adversely affects the pregnancy outcomes after fresh cleaved embryo transfer.
    Kenji Ezoe, Kazuki Ohata, Akiko Yabuuchi, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2018.6.16-17 10th ART World Congress – Asia Pacific (Zhejiang Provincial People’s Hospital, Hangzhou, China)
    Session 6: ART Strategy
  • Usefulness of a polscope in IVF procedure
    Tadashi Okimura
2018.4.12-15 The 8th congress of the Asia pacific initiative on reproduction (Taipei International Convention Center, TAIPEI, TAIWAN)
Oral presentation
  • Effect of oocyte maturation triggers on uterine receptivity during the implantation period: comparison between human chorionic gonadotropin and buserelin acetate
    Kenji Ezoe, Nana Murata, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Effect of essential and non-essential amino acids in in vitro maturation medium on the maturation and embryo development of bovine follicular oocytes
    *Young Investigator Award受賞

    Hidetaka Tasaki, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Clinical outcomes of day 4 and 5 blastocysts after a single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Hitomi Terasawa, Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2018.9.30 生殖補助医療技術者のためのリカレントセミナー 2018 (東京都港区 CIC東京)
    招請口演
  • 生殖補助医療(ART)におけるPolscopeの臨床的有用性について
    沖村匡史
2018.8.18 日本臨床エンブリオロジスト学会 Summer Workshop 2018 (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • Vitrification (胚、卵子)コース
    上野智
2018.7.26-27 第36回日本受精着床学会学術講演会(千葉県千葉市 幕張メッセ国際会議場)
    ワークショップ
  • がん患者に対する卵子および胚の凍結保存
    加藤恵一

    ランチョンセミナー
  • 胚の評価法と黄体補充の違いによって、妊娠予後の推定および成績改善が行えるか?
    加藤恵一

    モーニングセッション
  • 当院における研究部と培養部の連携(IVF ラボの視点から)
    上野智、薮内晶子、加藤恵一
  • 研究部門と臨床との連携(研究部門の視点から)
    薮内晶子、上野智、加藤恵一

    ART FORUM’18
  • ヒト卵子保存の実績と課題
    薮内晶子、加藤恵一

    一般口演
  • 前核消失および第一卵割の遅延に起因する Blastomere Movement の長期化は臨床成績に影響を及ぼす
    江副賢二、大畠一輝、薮内晶子、上野智、内山一男、沖村匡史、中川優子、佐藤團、藤田裕、山崎裕行、小林保、加藤恵一
  • 第一分割後の Blastomere Movement が初期胚移植後の臨床成績に及ぼす影響の検討
    大畠一輝、江副賢二、薮内晶子、上野智、内山一男、沖村匡史、伊藤正典、安藤郷子、土山哲史、福田淳一郎、小林保、加藤恵一
  • 当院のレスキュー ICSI 施行症例における臨床成績に関する検討
    森田博文、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、洲河美貴、倪暁文、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • Oligoasthenoteratozoospermia における ICSI 後の胚の発生動態に関する検討
    高橋翼、上野智、伊藤基樹、島崎精恵、内山一男、沖村匡史、中川優子、田中慧、篠原一朝、小林保、加藤恵一
  • 体外成熟培地への必須および非必須アミノ酸添加がウシ卵子の核成熟ならびに胚発生能に及ぼす影響
    田崎秀尚、江副賢二、薮内晶子、濱田雄行、洲河美貴、佐藤團、和田恵子、小林保、加藤恵一

    ポスター発表
  • -ホルモン補充周期凍結融解胚移植-黄体ホルモン開始後至適な胚盤胞移植タイミングの検討
    田中慧、伊藤正典、佐藤團、安藤郷子、藤田裕、倪暁文、土山哲史、山崎裕行、福田淳一郎、和田恵子、篠原一朝、谷田部典之、奥野隆、小林保、加藤恵一
2018.7.14 第152回関東生殖医学会 (東京都新宿区 持田製薬㈱ルークホール)
    一般口演
  • 最終クロミフェン内服日から移植日までの期間と融解胚盤胞移植成績について
    藤田裕、加藤恵一
  • Gonadotropin Releasing hormone agonistを用いた卵子成熟促進がマウスの卵巣ホルモン分泌および妊娠能に及ぼす影響
    江副賢二、村田奈々、薮内晶子、小林保、加藤恵一
2018.6.24 埼玉県生殖医療学術講演会 (埼玉県さいたま市 ラフレさいたま)
    招請口演
  • 低刺激周期での注意点と日常診療で気を付けていること
    加藤恵一
2018.6.1 日本不妊カウンセリング学会第17回学術集会 (東京都港区 ニッショーホール)
    ランチョンセミナー
  • 培養業務におけるEmbryoScope+の役割
    伊藤基樹
2018.5.26-27 第59回日本卵子学会学術講演会 (埼玉県さいたま市 ソニックシティ)
    一般口演
  • One-step medium を用いた胚培養が単一胚移植後の胎児発育に及ぼす影響について
    上野智、黒田知子、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、小林保、加藤恵一
2018.5.18 金沢大学医学部講義 (石川県金沢市 金沢大学)
  • 不妊治療各論と当院の不妊治療
    加藤恵一
2018.3.24-25 日本A-PART学術講演会 2018 (東京都新宿区 ハイアットリージェンシー東京)
    ワークショップ
  • 「精子選別方法とIMSI」-適切な精⼦の選別⽅法とは?TESE実践例の紹介と共に
    内山一男
  • 「Cryotop法を⽤いた卵⼦ガラス化凍結保存」-卵⼦凍結融解のトラブルシューティング-
    上野智、恩田知幸、伊藤秀⾏、伊藤基樹、⾦⼦繁、赤池ひかり、寺澤瞳、薮内晶子、高山優子、江副 賢二、田崎秀尚
  • 加藤レディスクリニック培養室業務
    沖村匡史

  • シンポジウム2「卵⼦・胚のQualityについて再考する」
  • 自然周期にて得られた卵⼦のポテンシャル
    加藤恵一

  • ポスター発表
  • Zona-free卵子における4細胞期胚時の割球形態の違いによる胚発生能の比較
    *ポスター発表奨励賞受賞

    二ノ宮麻耶、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一
2018.3.11 第13回日本レーザーリプロダクション学会 (香川県高松市 JRホテルクレメント高松)
    講演3
  • 胚盤胞生検における技術的な問題点:生検による影響を最小限にするために
    ⻘⼭直樹
2018.3.10 第14回ART生涯研修コース (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • 受精卵・卵子凍結保存
    上野智、薮内晶子、加藤恵一
2018.2.11 第8回日本がん・⽣殖医療学会 学術集会 (東京都千代田区 御茶ノ⽔ソラシティ・カンファレンスセンター)
    ポスター発表
  • 当院におけるがん患者に対する精子凍結保存の現状
    ⼩林萌恵、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、⼩林保、加藤恵一
  • 妊孕性温存治療を⾏う乳がん患者における原疾患治療開始までの採卵施⾏猶予期間に関する調査
    薮内晶子、渡辺優子、江副賢二、内山一男、山崎裕⾏、篠原一朝、⼩林保、加藤恵一
2018.1.6-7 第23回日本臨床エンブリオロジスト学会 (東京都墨田区 すみだリバーサイドホール)
  • Vitrificationコース
    上野智、薮内晶子
  • PGD/PGS Biopsyコース
    青山直樹

    セミナーコース
  • 当院におけるオーダーメイド培養管理システムの開発と運用について
    沖村匡史

    ランチョンセミナー
  • 当院における“体外受精の見える化”への取り組み
    加藤恵一

    一般口演
  • Zona-free卵子における4細胞期胚時の割球形態の違いによる胚発生能の比較
    *フェリングファーマ賞受賞

    二ノ宮麻耶、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一
  • 卵細胞膜脆弱症例に対するPiezo-ICSIの有用性
    銭昱、上野智、内山一男、沖村匡史、小林保、加藤恵一

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • 悪性腫瘍患者への低刺激法による採卵
    臨床婦人科産科 2018年5月号
    山崎 裕行、加藤 恵一
  • Lack of a meaningful association between dietary patterns and in vitro fertilization outcome among Japanese women
    Reproductive Medicine and Biology, DOI: 10.1002/rmb2.12223, 2018
    Sugawa M, Okubo H, Sasaki S, Nakagawa Y, Kobayashi T and Kato K.
  • Infertility treatment strategy involving combined freeze-all embryos and single vitrified-warmed embryo transfer during hormonal replacement cycle for in vitro fertilization of women with hypogonadotropic hypogonadism
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 44(5):922-8
    Kuroda K, Ezoe K, Kato K, Yabuuchi A, Segawa T, Kobayashi T, Ochiai A, Kato N and Takeda S.
  • Cryostorage duration does not affect pregnancy and neonatal outcomes: a retrospective single-centre cohort study of vitrified-warmed blastocysts.
    Reproductive BioMedicine Online, 36(6):614-9, 2018
    Ueno S, Uchiyama K, Kuroda T, Yabuuchi A, Ezoe K, Okimura T, Okuno T, Kobayashi T and Kato K.
  • Comparison of pregnancy outcomes following fresh and electively frozen single blastocyst transfer in natural cycle and clomiphene-stimulated IVF cycles.
    Human reproduction Open, 3(1):hoy006, 2018
    Kato K, Ezoe K, Yabuuchi A, Fukuda J, Kuroda T, Ueno S, Fujita H and Kobayashi T.
  • 卵子、胚および卵巣組織の凍結保存
    産科と婦人科 特集:生殖医療-知っておきたい最新トピックス 診断と治療社
    江副賢二、薮内晶子、加藤恵一
  • Q&A 38 精子や卵子を凍結保存して害はないのでしょうか?
    Q&A 39 初期胚移植と胚盤胞移植の違いを教えてください

    新不妊ケアABC 医歯薬出版
    加藤恵一

PAGE TOP