MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2019年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2019.10.12-16 The 75th ASRM Scientific Congress & Expo (Pennsylvania convention center, Pennsylvania, USA)
    Poster session
  • Effect of regulation of oocyte cytoplasmic volume during fertilization on clinical outcomes of single-embryo transfer
    Hitomi Takenouchi, Satoshi Ueno, Akiko Yabuuchi, Tadashi Okimura, Kazuo Uchiyama, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • The effect of zona pellucida thickness variation on fertilization and subsequent embryonic development: A large single center cohort study
    Makiko Kawakami, Tadashi Okimura, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi and Keiichi Kato
2019.10.10-11 2019 ART World Congress (Lotte New York Palace, New York, USA)
    Session 2: Improving pregnancy rates – The endometrium, ovary and embryo
  • Assessment of embryo ploidy using time-lapse imaging system and conventional morphological grading
    Keiichi Kato

    Poster session
  • Effect of the use of Polyvinylpyrrolidone(PVP)-coated injection pipette during intracytoplasmic sperm injection on clinical outcomes
    Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato *ポスター賞受賞
2019.6.23-26 The 35th Annual meeting of ESHRE (Messe Wien Exhibition & Congress Center, Wien, Austria)
    Industry sponsored symposium
  • Re-consider the correlation between aneuploidy and embryo morphological and morphokinetic evaluation
    Keiichi Kato

    Oral presentation
  • Effect of the use of Polyvinylpyrrolidone (PVP)-coated injection pipette during intracytoplasmic sperm injection on clinical outcomes
    Tadashi Okimura, Kazuo Uchiyama, Tamotsu kobayashi and Keiichi Kato
  • Factors influencing live birth outcomes of day 7 blastocysts following autologous single vitrified-warmed blastocyst transfer: A single-centre large cohort study
    Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Halo characteristics during fertilisation are predictive of human pre-implantation embryo development and pregnancy outcome
    Kenji Ezoe, Hidetaka Tasaki, Tetsuya Miki, Cristina Hickman, Tadashi Okimura, Kazuo Uchiyama, Akiko Yabuuchi, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

    Poster discussion session
  • Live baby rate per oocyte with no stimulation
    Keiichi Kato, Takashi Abe, Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Helen Skaletsky, Junichiro Fukuda, Satoshi Ueno, Tamotsu Kobayashi and Sherman Silber
2019.5.2-5 The 9th congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (Hong Kong Convention and Exhibition Centre, Hong Kong, China)
    Luncheon seminar
  • Focusing on Luteal Support Therapy. Clinical Outcomes relating to Natural vaginal progesterone, LUTINUS@ use in Frozen-thawed ET under HRT and Natural Cycle
    Keiichi Kato

    Company Symposium
  • The Clinical Advantages of Embryoscope™ Time-Lapse Imaging System in ART
    Kenji Ezoe and Keiichi Kato

    Oral presentation
  • The effects of blastomere movement post first cytokinesis on blastocyst development and pregnancy outcome after single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Kazuki Ohata, Kenji Ezoe, Hirohumi Morita, Ryoma Tsuchiya, Shigeru Kaneko, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2019.2.15 Cryotop vitrification workshop (The Okura Prestige Bangkok, Bangkok, Thailand)
  • The feature of mild stimulation and natural cycle IVF in Kato Ladies Clinic
    Keiichi Kato
  • Clinical application for single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Satoshi Ueno
  • Cryotop vitrification protocol and technical tips
    Akiko Yabuuchi, Kasumi Honda, Yuki Katakura, Satoshi Ueno and Hidetaka Tasaki

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2019.11.7-8 第64回日本生殖医学会学術講演会(兵庫県神戸市 神戸国際会議場)
    一般口演
  • 前核消失不全症例から妊娠に至った1例
    上野智、内山一男、沖村匡史、金紅、洲河美貴、倪暁文、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • 胚盤胞収縮の回数と出産率および胚の質との関係性について
    藤宮 冴、上野智、三木哲也、薮内晶子、内山一男、沖村匡史、竹島和美、濱田雄行、安藤郷子、福田淳一郎、小林保、加藤恵一
  • hCGを用いた排卵誘発により低下した子宮内膜受容能の改善の試み
    江副賢二、村田奈々、杵渕明子、薮内晶子、唐木田真也、佐藤團、和田恵子、小林保、加藤恵一
  • 新鮮胚盤胞移植におけるアシステッドハッチングの有用性の検討
    垰田将汰、沖村匡史、内山一男、小野木さちえ、藤田裕、山崎裕行、小林保、加藤恵一
  • 凍結保存液への脂肪酸混合液の添加時期が凍結融解卵子の発生能に及ぼす影響
    大畠一輝、田崎秀尚、江副賢二、薮内晶子、張士青、伊藤正典、土山哲史、小林保、加藤恵一
  • 卵子の透明帯の厚さが受精及び胚発生能に及ぼす影響の検討
    川上真貴子、沖村匡史、内山一男、中瀬香織、中川優子、田中慧、篠原一朝、小林保、加藤恵一

    ポスター発表
  • 当院における凍結胚廃棄の現状と背景
    中川優子、小野木さちえ、張士青、西原聖子、伊藤正典、安藤郷子、田中慧、土山哲史、山崎裕行、篠原一朝、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • クロミフェン周期新鮮胚移植における採卵決定時および胚移植日の子宮内膜厚が妊娠成績に与える影響について
    西原聖子、福田淳一郎、江副賢二、中川優子、遠藤真沙子、山寺里枝、小野木さちえ、唐木田真也、濱田雄行、安藤郷子、田中慧、倪暁文、藤田裕、伊藤正典、土山哲史、和田恵子、谷田部典之、篠原一朝、山崎裕行、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • ART 経過よりゴナドトロピン受容体異常が疑われた1 症例
    福田淳一郎、和田恵子、伊藤正典、佐藤團、土山哲史、小林保、加藤恵一
2019.11.5 フェリングARTカンファレンス(大阪府大阪市 グランフロント大阪)
  • タイムラプス培養と胚選択~加藤レディスクリニックの成績より~
    江副賢二
2019.10.5-6 第22回日本IVF学会学術集会(福岡県福岡市 JR九州ホール)
    シンポジウム2:ARTを受ける現代女性が抱える問題点とその解決策
  • クロミフェン低刺激周期での診療の工夫~個々の症例に対してどう対応していくか~
    加藤恵一
2019.9.13 2019年度第11回生殖補助医療胚培養士セミナー
  • 当院における培養室の工夫(東京都千代田区 一橋講堂)
    上野智
2019.8.1-2 第37回日本受精着床学会学術講演会(東京都新宿区 京王プラザホテル)
    シンポジウム2:日本におけるPGT-Aの展開
  • PGT-Aの功罪と今後の課題
    加藤恵一

    シンポジウム4:胚評価法を再評価する
  • 様々な指標を用いた胚の評価方法とその臨床成績
    上野智、加藤恵一

    一般口演
  • 胚培養システムの違いが単一凍結融解胚盤胞移植における凍結時の胚盤胞径に及ぼす影響の検討
    川上真貴子、沖村匡史、伊藤基樹、内山一男、薮内晶子、福田淳一郎、倪暁文、佐藤團、伊藤正典、浜田雄行、金紅、加藤恵一
  • 受精過程における Halo 現象と第一分割様式ならびに胚盤胞発生との相関の検討
    三木哲也、江副賢二、田崎秀尚、沖村匡史、内山一男、薮内晶子、唐木田真也、小野木さちえ、伊藤正典、田中慧、山崎裕行、小林保、加藤恵一
  • 受精過程における Halo の継続時間と胚発生および妊娠成績との相関に関する検討
    田崎秀尚、江副賢二、三木哲也、沖村匡史、内山一男、薮内晶子、張士青、中川優子、藤田裕、土山哲史、篠原一朝、小林保、加藤恵一
  • Blastomere Movment(BMov) における割球の移動距離と臨床成績との相関に関する検討
    西萌香、江副賢二、上野智、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、洲河美貴、安藤郷子、和田恵子、山崎裕行、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • 第一分割後の Blastomere Movement が胚発生成績および単一凍結融解胚盤胞移植後の妊娠成績に及ぼす影響
    大畠一輝、江副賢二、森田博文、土屋龍馬、金子繁、薮内晶子、内山一男、沖村匡史、金紅、濱田雄行、佐藤團、倪暁文、福田淳一郎、小林保、加藤恵一
  • 過排卵処理がマウス胚の体内発生能に及ぼす影響の検討
    江副賢二、村田奈々、杵渕明子、薮内晶子、小野木さちえ、洲河美貴、田中慧、和田恵子、谷田部典之、小林保、加藤恵一
  • ヒト初期分割胚のガラス化保存における平衡過程の緩慢化が単一凍結融解胚移植の臨床成績に及ぼす影響
    吉田慎、上野智、内山一男、沖村匡史、薮内晶子、中川優子、藤田裕、安藤郷子、土山哲史、篠原一朝、小林保、加藤恵一
2019.7.27 第24回 神戸 MARE 研究会(兵庫県神戸市 三宮センタープラザ東館6F)
  • 卵子および胚の凍結保存~臨床成績向上のための取り組み~
    薮内晶子、加藤恵一
2019.7.19 就職意欲を高めるためのキャリア支援講座(東京都武蔵野市 日本獣医生命科学大学)
  • 不妊治療に関わる生命科学者の仕事
    沖村匡史
2019.7.17 Web live seminar
    Topic 2
  • タイムラプス培養と胚選択~当施設の経験より~
    加藤恵一
2019.6.21 根上中学校PTA講演会(石川県能美市 能美市立根上中学校)
  • 少子高齢化における不妊治療の役割~生命(いのち)の始まりを考える~
    加藤恵一
2019.5.25-26 第60回日本卵子学会学術集会(広島県広島市 広島国際会議場)
    シンポジウム
  • 胚のガラス化保存について
    薮内晶子、加藤恵一

    一般口演
  • タイムラプス観察による第2極体放出前から前核消失の間の胚収縮について
    竹之内瞳、上野智、薮内晶子、沖村匡史、内山一男、小林保、加藤恵一
2019.5.22-25 第60回日本神経学会学術大会(大阪府大阪市 大阪国際会議場)
    シンポジウム
  • 免疫性神経疾患患者の不妊治療と体外受精の最前線 生殖医療医の立場から
    加藤恵一
2019.3.31 Vitrolife Symposium 2019(東京都港区 TKPガーデンシティPremium 田町)
  • タイムラプスを用いた培養、胚選択、ワークフローの最適化
    加藤恵一
2019.3.24 第15回日本A-PART学術講演会(東京都新宿区 ハイアットリージェンシー東京)
    シンポジウム1
  • 胚の評価法の違いが妊娠率に及ぼす影響について
    上野智

    ポスター発表
  • 採卵直後の卵子放射冠細胞の量が臨床成績に及ぼす影響の検討
    赤池ひかり、竹之内瞳、上野智、薮内晶子、沖村匡史、内山一男、小林保、加藤恵一
2019.3.23 A-PART Workshop 2019(東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • 精子選別方法とIMSI
    内山一男
  • Cryotop法を用いた卵子ガラス化凍結保存
    伊藤基樹
  • Cryotop Hands on
    沖村匡史、伊藤基樹、伊藤秀行、熊谷美佐記、二ノ宮麻耶、銭昱 、片倉由貴、能村貴之、薮内晶子、高山優子、江副賢二、田崎秀尚
  • 加藤レディスクリニック培養室業務
    沖村匡史
2019.2.23 日本受精着床学会 第15回 ART生涯研修コース (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI/Piezo ICSI
    内山一男
  • 受精卵・卵子凍結保存
    加藤恵一、上野智、薮内晶子
2019.1.12-13 第24回日本臨床エンブリオロジスト学会(広島県広島市 広島市文化交流会館)
    ワークショップ
  • Vitrificationコース
    薮内晶子、嶋村純、宮井秀峰、中條友紀子、赤石一幸

    学術講演会 ラボワークセッション
  • 動画で学ぶ ICSI&PIEZO ~ICSI について~
    内山一男

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • Prolonged blastomere movement induced by the delay of pronuclear fading and first cell division adversely affects pregnancy outcomes after fresh embryo transfer on Day 2: a time-lapse study
    Reproductive BioMedicine Online, 38(5):659-68, 2019
    Ezoe K, Ohata K, Morita H, Ueno S, Miki T, Okimura T, Uchiyama K, Yabuuchi A, Kobayashi T, Montag M and Kato K.
  • Blastomere movement post first cell division correlates with embryonic compaction and subsequent blastocyst formation
    Reproductive Biology and Endocrinology, 17:44, 2019
    Ohata K, Ezoe K, Miki T, Morita H, Tsuchiya R, Kaneko S, Okimura T, Uchiyama K, Yabuuchi A, Kobayashi T, Montag M and Kato K.
  • Closed embryo culture system improved embryological and clinical outcome for single vitrified-warmed blastocyst transfer: A single-center large cohort study
    Reproductive Biology, 19(2):139-144, 2019
    Ueno S, Ito M, Uchiyama K, Okimura T, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K.
  • 黄体機能不全症例への天然型プロゲステロン腟錠を用いた黄体ホルモン補充の検討 -自然周期融解胚盤胞移植での検討-
    日本受精着床学会誌, Accepted (2019)
    遠藤真沙子、西原聖子、濱田雄行、中川優子、洲河美貴、伊藤正典、佐藤團、安藤郷子、藤田裕、田中慧、倪暁文、土山哲史、和田恵子、山崎裕行、福田淳一郎、篠原一朝、谷田部典之、奥野隆、小林保、加藤恵一
  • Evaluation of uterine receptivity after gonadotropin releasing hormone agonist administration as an oocyte maturation trigger: a rodent model
    Scientific report, Aug 29;9(1):12519, 2019
    Ezoe K, Murata N, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K
  • Preimplantation genetic testing for aneuploidy: a comparison of live birth rates in patients with recurrent pregnancy loss due to embryonic aneuploidy or recurrent implantation failure
    Human reproduction, Dec 7. pii: dez229., 2019
    Sato T, Sugiura-Ogasawara M, Ozawa F, Yamamoto T, Kato T, Kurahashi H, Kuroda T, Aoyama N, Kato K, Kobayashi R, Fukuda A, Utsunomiya T, Kuwahara A, Saito H, Takeshita T and Irahara M
  • Effects of gonadotropin administration on clinical outcomes in clomiphene citrate based minimal stimulation cycle IVF
    Reproductive Medicine and Biology, accepted
    Karakida S, Ezoe K, Fukuda J, Yabuuchi A, Kobayashi T and Kato K
  • Does the endometrial thickness on the day of the trigger affect the pregnancy outcomes after fresh cleaved embryo transfer in the clomiphene citrate-based minimal stimulation cycle?
    Reproductive Medicine and Biology, accepted
    Nishihara S, Fukuda J, Ezoe K, Endo M, Nakagawa Y, Yamadera R, Kobayashi T and Kato K
  • Success rates in minimal stimulation cycle IVF with clomiphene citrate only
    Journal of Assisted Reproduction and Genetics, accepted
    Abe T, Yabuuchi A, Ezoe K, Skaletsky H, Fukuda J, Ueno S, Fan Y, Goldsmith S, Kobayashi T, Silber S and Kato K

PAGE TOP