MENU

各部門のご紹介

学会発表・論文

加藤レディスクリニックでは、医師を中心に研究開発部、培養部らにより、体外受精を中心とした一般的な不妊治療技術の向上はもちろん、 難治性不妊のための新治療法開発や日本産科婦人科学会に認定された遺伝子診断などの技術向上にも注力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会発表や依頼講演にも積極的に対応し、さらに当院の治療技術を日本、海外に普及する目的で学会(研究会)運営等も行っております。

2017年 学会発表

国際学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2017.10.28-11.1 The 73rd ASRM Scientific Congress & Expo (Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, USA)
    Poster session
  • Complete zona removal using laser assisted hatching for vitrified-warmed day 6 blastocysts increased clinical pregnancy and live birth rates following single vitrified-warmed blastocyst transfer
    Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2017.10.25-26 2017 ART World Congress (The Plaza Hotel, New York, USA)
    Session 3: Fertility Cryopreservation II
  • Oocyte Quality in Natural Cycle vs COH Cycle
    Keiichi Kato
2017.7.2-5 The 33rd Annual meeting of ESHRE (Palexpo, Geneva, Switzerland)
    Oral presentation
  • Complete zona pellucida removal facilitates embryo attachment and outgrowth by upregulating the integrin α5 and β1 expression in human blastocysts: in vitro outgrowth model
    Kenji Ezoe, Satoshi Ueno, Akiko Yabuuchi, Kazuo Uchiyama, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2017.3.30-4.2 The 7th congress of the Asia pacific initiative on reproduction (Kuala Lumpur convention center, Kuala Lumpur, Malaysia)
    Oral presentation
  • The evaluation of the prolonged effect of clomiphene citrate on uterine receptivity
    Keiichi Kato, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Takashi Okuno and Tamotsu Kobayashi
  • Clinical and neonatal outcome in patients of recurrent ICSI fertilization failure after using electrical oocyte activation as a method of artificial oocyte activation in minimal stimulation cycle.
    Satoshi Ueno, Kazuo Uchiyama, Motoki Ito, Tadashi Okimura, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
  • Developmental competence of vitrified-warmed germinal vesicle stage oocytes is improved by supplementation of cyclic adenosine monophosphate modulators during in vitro maturation
    Chiemi Mori, Kenji Ezoe, Akiko Yabuuchi, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato

    Poster session
  • The evaluation of the effect of hydroxypropyl cellulose supplemented vitrification media on human blastocysts
    Chiemi Mori, Akiko Yabuuchi, Kenji Ezoe, Takashi Okuno, Tamotsu Kobayashi and Keiichi Kato
2017.2.17 Vitrification Workshop for oocytes (Grand Hyatt Dubai, Dubai, UAE)
  • The features and advantages of minimal stimulation and natural cycle IVF in Kato Ladies Clinic
    Keiichi Kato
  • Oocyte vitrification by Cryotop method-Principals and Practices
    Satoshi Ueno
  • Cryotop vitrification protocol and technical tips
    Tadashi Okimura, Akiko Yabuuchi

PAGE TOP

国内学会・研究会等

日時 学会名 / 演題名 / 発表者
2017.11.16-17 第62回日本生殖医学会学術講演会 (山口県下関市 海峡メッセ下関)
    シンポジウム4「望ましい凍結融解・胚移植法〜理想的な着床条件とは何か, ⻩体ホルモン補充を中⼼として〜」
  • 自然周期での凍結融解胚移植の方法
    加藤恵一

    一般口演
  • 当院におけるインバウンドARTの現状について
    内山一男, 小林保, 加藤恵一
  • Day4およびDay5胚盤胞における良好胚盤胞発⽣率および単⼀凍結融解胚盤胞移植後の妊娠成績に関する検討
    寺澤瞳, 上野智, 内山一男, 谷田部典之, 和田恵子, 田中慧, 伊藤正典, 弓削彰利, 小林保, 加藤恵一
  • 当院における異所性妊娠の後方視的検討―単発のβhCG測定のリスクについて―
    安藤郷子, 洲河美貴, 中川優子, 弓削彰利, 伊藤正典, 田中慧, 倪暁文, 土山哲史, 和田恵子, 佐藤團, 山崎裕行, 福田淳一郎, 篠原一朝, 谷田部典之, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • レーザーアシステッドハッチングを用いた完全透明帯除去は6日目胚盤胞を用いた単一凍結融解胚盤胞移植の臨床妊娠率および生産率を向上させる
    本田香澄, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 薮内晶子, 洲河美貴, 藤田裕, 福田淳一郎, 篠原一朝, 小林保, 加藤恵一
  • BuserelinおよびhCGを用いた排卵誘発が着床期の子宮内膜に及ぼす影響の比較検討
    江副賢二, 村田奈々, 薮内晶子, 弓削彰利, 佐藤團, 安藤郷子, 倪暁文, 和田恵子, 山崎裕行, 小林保, 加藤恵一
  • 栄養膜細胞生検から胚凍結保存までの最適時間の検討:Outgrowthモデルを用いた解析
    三木哲也, 青山直樹, 江副賢二, 薮内晶子, 黒田知子, 洲河美貴, 安藤郷子, 藤田裕, 土山哲史, 篠原一朝, 小林保, 加藤恵一
  • 凍結融解後の卵細胞質内における中性脂肪含有量の検討
    大畠一輝, 江副賢二, 薮内晶子, 中川優子, 伊藤正典, 田中慧, 土山哲史, 福田淳一郎, 谷田部典之, 小林保, 加藤恵一
  • 排卵誘発後の採卵においてGV期卵子のみが得られた際のレスキューIVMに関する検討
    井上陽子, 上野智, 伊藤正典, 内山一男, 沖村匡史, 薮内晶子, 倪暁文, 佐藤團, 中川優子, 山崎裕行, 小林保, 加藤恵一

    ポスター発表
  • プラセンタ含有葉酸サプリメントと卵胞退縮不全の関連について
    福田淳一郎, 中川優子, 弓削彰利, 伊藤正典, 安藤郷子, 田中慧, 倪暁文, 土山哲史, 和田恵子, 佐藤團, 洲河美貴, 山崎裕行, 篠原一朝, 谷田部典之, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
2017.10.22 生殖補助医療技術者のためのリカレントセミナー (東京都港区 国際福祉大学東京青山キャンパス)
  • 大規模施設における培養業務のノウハウ~私の経験から~
    内山一男
2017.9.30-10.1 第20回日本IVF学会学術集会 (宮城県仙台市 ホテルメトロポリタン仙台)
    日本臨床エンブリオロジスト学会 Workshop
  • LabにおけるExcellent ARTとは
    内山一男

    一般口演
  • 非加湿型インキュベータによる長期継続培養が胚培養環境に及ぼす影響の検討
    森田博文, 田崎秀尚, 内山一男, 薮内晶子, 小林保, 奥野隆, 加藤恵一
  • Assisted hatching法の違いが胚盤胞の接着能に及ぼす影響の検討
    江副賢二, 上野智, 薮内晶子, 沖村匡史, 内山一男, 小林保, 加藤恵一

    ポスター発表
  • 新鮮および凍結融解精子を用いたICSI施行後の胚発生能の比較
    小川尚子, 沖村匡史, 金子繁, 黒田知子, 内山一男, 小林保, 加藤恵一
2017.9.2 日本臨床エンブリオロジスト学会 Summer Workshop 2017 (東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI実習
    内山一男
  • Vitrification実習
    上野智
2017.7.20-21 第35回日本受精着床学会学術講演会(鳥取県米子市 米子コンベンションセンター)
    口頭発表
  • 低卵巣刺激周期における卵細胞質内の滑面小胞体凝集の有無がICSI後の臨床成績に及ぼす影響
    上野智, 内山一男, 沖村匡史, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • Clomiphene Citrateを用いた低卵巣刺激が子宮内膜の脱落膜形成能に及ぼす影響
    江副賢二, 村田奈々, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一
  • 低卵巣刺激採卵において得られた未成熟卵子(MⅠ期)におけるIVM-ICSIの有用性の検討
    川上真貴子, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • Cryotop法におけるガラス化保存がマウス卵子のF-actin分布に及ぼす影響
    田崎秀尚, 江副賢二, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一
  • 胚移植時の子宮内への胚注入速度と、妊娠率の関係について
    藤田裕, 中田真理世, 阿部崇
  • 当院におけるがん患者に対する精子凍結保存の現状
    内山一男, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一
  • ICSI施行時におけるPVP使用が胚発生成績に及ぼす影響
    沖村匡史, 内山一男, 小林保, 加藤恵一
  • 2細胞期における胚の形態変動がその後の胚発生能に及ぼす影響:Embryo Scope+を用いた検討
    大畠一輝, 江副賢二, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一

    ポスター発表
  • 培養Dish内個別加湿による胚培養環境の恒常性改善
    森田博文, 田崎秀尚, 上野智, 内山一男, 薮内晶子, 小林保, 奥野隆, 加藤恵一
2017.7.5 日本エンブリオロジスト学会 webセミナー(広島県広島市 広島グリーンアリーナ)
    webセミナー
    薮内晶子
2017.7.1 東京都臨床検査技師会 第1回学生対象講演会(東京都新宿区 JCHO東京山手メディカルセンター)
    教育講演
  • これからの臨床検査技師像~無限の可能性を活かせ~ エンブリオロジストとは
    内山一男
2017.4.13-16 第69回日本産科婦人科学会学術講演会(広島県広島市 広島グリーンアリーナ)
    ランチョンセミナー
  • 低刺激周期での体外受精・胚移植と黄体補充の実際
    加藤恵一
2017.3.19 日本A-PART 学術講演会 2017(東京都新宿区 ハイアットリージェンシー東京)
    シンポジウム1「男性がん患者の妊孕性温存」
  • がん患者に対する精子凍結保存の現状
    内山一男

    ポスター発表
  • Cryotop法におけるガラス化保存がマウス卵子のアクチンキャップに及ぼす影響
    田崎秀尚, 江副賢二, 薮内晶子, 小林保, 加藤恵一
2017.3.18 日本A-PART workshop 2017(東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • ICSI Method by KLC –受精率を高めるために
    内山一男
  • ガラス化凍結保存の疑問点を徹底解説 –こんなときどうする?–
    上野智
  • 加藤レディスクリニック培養室業務
    沖村匡史
  • 卵子凍結実技実習:Cryotop 法を用いた卵子ガラス化凍結保存
    上野智, 土屋郁恵, 山田裕美, 川上真貴子, 本田香澄, 森智絵美, 江副賢二, 薮内晶子, 大里志保, 篠田麻侑子
2017.3.4 日本受精着床学会 第13回ART生涯研修コース(東京都新宿区 オリンパステクノラボ)
  • 受精卵・卵子凍結保存コース
    加藤恵一, 薮内晶子
  • ICSIコース
    内山一男
2017.1.8-9 第22回日本臨床エンブリオロジスト学会(東京都墨田区 すみだリバーサイドホール)
    ワークショップ
  • 卵子凍結ワークショップ
  • 上野智, 薮内晶子

    ポスター発表
  • ICSI 胚抜去時の卵細胞質の状態が臨床成績に与える影響
    銭昱, 上野智, 寺澤瞳, 内山一男, 沖村匡史, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一
  • 栄養外胚葉の形態および胚発生速度を用いた胚盤胞評価に関する検討 *学術大会長賞受賞
    阿部由紀子, 上野智, 内山一男, 沖村匡史, 奥野隆, 小林保, 加藤恵一

PAGE TOP

原著論文

タイトル / 雑誌名 / 著者
  • ARTにおける低卵巣刺激法と調節過排卵刺激法の違い
    産婦人科の実際, 2017, 66巻, 13号, 1801-1806
    加藤恵一
  • Intrinsic fertility of human oocytes
    Fertil Steril. 2017 May;107(5):1232-1237.
    Silber SJ, Kato K, Aoyama N, Yabuuchi A, Skaletsky H, Fan Y, Shinohara K, Yatabe N and Kobayashi T.
  • Cytogenetic analysis of the retained products of conception after missed abortion following blastocyst transfer: a retrospective, large-scale, single-centre study
    Reproductive BioMedicine Online, 34(2):203-10, 2017
    Tomoya Segawa, Tomoko Kuroda, Keiichi Kato, Masako Kuroda, Kenji Omi, Osamu Miyauchi, Yoshiaki Watanabe, Tsuyoshi Okubo, Hisao Osada and Shokichi Teramoto
  • ARTによる不妊症治療
    女性医療のすべて メディカルレビュー社
    加藤恵一
  • 体外受精のための採卵法と卵子保存方法は?
    がん・生殖医療ハンドブック 妊孕性・生殖機能温存療法の実践ガイド メディカ出版
    加藤恵一
  • 網羅的染色体スクリーニング(CCS)を用いた着床前診断の臨床的有効性に対する細胞遺伝学的考察
    日本卵子学会誌 Vol.2 (2), 23-38, 2017
    青山直樹, 加藤恵一

PAGE TOP